Halopedia
Advertisement
Halopedia
2,424
ページ

35#.png35#.png35#.png


コルタナCortana)は、UNSCの人工知能(SN:CTN 0452-9)であり、スマートな人工知能である。人類コヴナント戦役において最も重要な人物の一人であり、ジョン-117のパートナーとして様々な戦闘任務をこなしたほか、ハルシオン級軽巡洋艦「UNSC Pillar of Autumn」、軌道防衛プラットフォーム「カイロ・ステーション」 シャロン級軽巡洋艦「UNSC Forward Unto Dawn」、スタルワート級軽巡洋艦「UNSC アンバークラッド」のAIとしても活躍した。

また、インストレーション04のインデックスなど、Haloに関する重要なデータを保有していた。

バイオグラフィー[]

創造と初期の人生[]

コルタナは、キャサリン・ハルゼイ博士の脳をフラッシュクローンでコピーして作られた。20個のフラッシュクローン脳が作られたが、生き残ったのは2個だけだった。生き残った2個のうちの1個がコルタナの作成に使われた。2549年11月7日、コルタナはリーチで初めて起動された[2]。コルタナの最初の言葉は "Quando il gioco è finito, il re e il pedone vanno nella stessa scatola."であった。このフレーズを直訳すると、"ゲームが終わったら、王様とポーンは同じ箱に入る "ということになる。彼女は、ハルゼイ博士の脳から作られた少なくとも2つのAIのうちの1つであり、もう1つは彼女の前任者であるカルミヤで、同様に賢いAIであった。

2550年2月11日、一連のテストを行っていたハルゼイ博士は、コルタナが自分が実装したウイルスの終了コードを削除したことを発見した。ハルゼイは、彼女がどのようにしてこれを行ったのかを解明できなかった。

ジョン-117との出会い[]

コルタナがジョン-117と初めて会ったのは、リーチ崩壊の前、ジョンの新しいMJOLNIRマークVアーマーに組み込まれたときだった。コルタナとジョンは一緒に、ジェームズ・アッカーソン大佐が考案したテスト(ハルゼイ博士は「妨害工作」と呼んだだろう)に合格した。テストには、武装したODST、対戦車地雷、自動砲台、さらには空爆用のAV-19スカイホークが登場した。テストの後、コルタナはPillar of Autumnに取り付けられ、船の試運転を実施し、船の改装を監督した。その後、コルタナは「Pillar of Autumn」の真のAIと交代する予定だったが、彼女自身がその任務を無期限に担うことになった。船内では、アッカーソン大佐のシステムをハッキングして彼を脅迫し、彼を前線に送り返すことで復讐を果たした。

コルタナの主な任務は、SPARTANがコヴナントの船に侵入し、コヴナントの預言者を捕らえるのを補助することであった。その後、UNSCはコヴナントと平和条約締結の交渉を行うことになる。

情報源[]


テンプレート:UNSC AI

Advertisement