Fandom


35#.png35#.png35#.png35#.png35#.png
コヴナント(Covenant)もしくはコヴナント帝国(Covenant Empire)は、宗教的に同盟を結んだ複数の 異星人の種族で構成されている。銀河系のオリオン腕の大部分を支配下に置く、強大な勢力である。

テクノロジーレベルは2552年当時レベル2であった。


背景 編集

コヴナントは元々エリート族とプロフェッツ族が結んだエイリアン間の連合体である。

このエリート族の強大な軍事力とフォアランナーのテクノロジー、プロフェッツ族を盟主とする同盟の力はきわめて強く、周辺のエイリアン軍では太刀打ちが出来なかった。 彼らのみの同盟が続く中、預言者一族はエリート族の力を奪い、それと共に"大いなる旅立ち"の大きな証拠をつかみ、彼らを守るべき存在になっていたエリート族とこの情報を共有した。 それは創設文書であるWrit of Unionに記載されていた。 その後グラント族、ハンター族、ジャッカル族、ドローン族、ブルート族に加え、 フォアランナーの遺産であるエンジニアをも加えた大宗教帝国に変貌。 オリオン腕の半数を支配下に置くまでに規模を巨大化させた。

数千~数万隻の大艦隊と数十億~数百億もの軍を有する。それに対抗できる勢力が UNSC(大苦戦を強いられ敗北寸前ではあったが)以外存在しなかったほど、非常に強力な連合帝国であった。

コヴナント社会は複雑なカースト制をとっており、同盟始まって以来の中心勢力エリートは軍事担当として行動をとっている。 彼らは神政という形をとり、大いなる旅立ちの予言に基づいた宗教を確立。

その教えはHALOを起動することにより「神を超えた存在」になることであった。大いなる旅立ちのを信じない者達は、 HALOアレイの起動によって死ぬとされた。彼らは神となるためにフォアランナーに加わった可能性がある。

社会構造 編集

政府組織 編集

彼らの政府はプロフェッツ族から選出される大祭司がトップであり、上位のエリート族の議員とプロフェット族によって運営されている高等評議会を中心に動いている。

この政治体制はコヴナント連合発足~コヴナント戦争末期まで維持され続けた。 戦争末期、エリート族の数々の大失態を原因としてこれまでエリート族が受け持ってきた数々の重要な役職、役割をブルート族の者達に入れ替え、預言者の護衛を切り替える大きな理由として悔恨の預言者の暗殺を口実として利用した。預言者側はエリート族を皆殺しにするようブルート族に密命、ハイチャリティデルタヘイロー、各戦線での裏切りを端を発したこの虐殺が原因となりコヴナント内戦が勃発した。

構成種族 編集

絶滅した(削除された)種族 編集

構成種族が居住する惑星 編集

コヴナントの勢力圏 編集

51ペガシ-B 星系

K7-49

サリア星系

ウルス星系(フィエドジョーリが第二惑星)

タラ星系

オテ ソニン星系

プロフェッツの故郷- 不明

シヴィル星系 - 分離主義者首都

サヴル星系

ナプレット星系 - ロイヤリスト首都

Y'Deio星系(HD 69830)

デシデッド ハート- エリートの根拠地

ウェーピング シャドウ オフ スロウ- コヴナントの刑務所惑星

宗教と文化 編集

HALOの起動により、全てのコヴナント信仰者が救済されるという「大いなる旅立ち」なる教義に基づく。

コヴナントの歴史 編集

Main Article: コヴナントの歴史

テンプレート:Ages コヴナントは彼らの歴史をいくつかに分割した。それは7つの時代である。しかし、彼らの正確なことは分かっていない。時代は、何が起こったかで区別された。他より長くいくつかで、これも時代の長さが異なることを意味する。 Halo Wars, Halo: Combat Evolved and Halo 2 take place during the 9th Age of Reclamation, which began during the events in Halo: Contact Harvest.

"最初の時代: 無知と恐れ
The Second Age: 競争と流血
The Third Age: 謙遜と兄弟の関係
The Fourth Age: 驚きと理解
The Fifth Age: 服従と自由
The Sixth Age: 信頼と忍耐
The Seventh Age: 旅立ちと救済''"
—Maccabeus and the Jiralhanae of the Rapid Conversion. [1]

7つのリングと7つの時代。恐らくバンジーの何かの考えかと思われる・・。

テクノロジー 編集

コヴナントのテクノロジーは彼らの敵の人類と異なって革新的であるというよりむしろより模倣的であると何度も言われている。ある者は彼らのテクノロジーが人類より遥かに進歩していると言うだろう。[2]彼らの技術は主に彼らが発見したフォアランナーの遺物のリバースエンジニアリングに基づいている。彼らの武器はほとんどプラズマに基づくものであり、そして彼らの乗り物の大部分は宙を舞うことができる。コヴナントの携帯用の兵器(ロッドガンニードラ―カービンブルートショットやそれ以降のモーラー、およびスパイカーを除く)の大部分は、通常不安定なプラズマを指向するのに磁気コイルを使用している。

コヴナントのテクノロジーが人類のそれよりはるかに高度である一方、コヴナントは、それらの技術がどれくらい正確で、どれくらい強力なのかに対して理解していないように思える。例えば、コヴナントのスリップスペースエンジンは、人間のエンジンより正確で早く目的地へ導くが、コヴナント側は何故か本来の速度よりも遅く、余り正確では無い機関を使用する。これはコヴナントがそれらの技術の背景にある原則・法則をわざわざ学ぼうとしないからである。コルタナはこの背景を学ぶ事を彼女の利点とした。UNSCが制圧したコヴナント軍の旗艦アセンダントジャスティスにおいて電磁形成が非常に効果的で、驚異的なレートでプラズマを消費する薄く、持続するビームにプラズマを形成するために巻きつくものを再構成することによるプラズマ魚雷を使用した。 このプラズマ魚雷はコヴナント軍が通常使用する魚雷より遥かに強力な兵器であると言われており、1つの魚雷で、より大きなコヴナント戦闘艦艇のシールドを破壊する力を持つ。これらは書籍のHALO:First Strikeで見られている。コヴナント宇宙船は推進機関におそらく、UNSCによって使用された伝統的な反応ドライブよりむしろ宇宙で対消滅エンジンを使用している。[3]また、コヴナントには生薬の合理的な理解があるように思える。[4]

コヴナントは今までに2つだけ A.I.を見つけたことがある。 1つはアセンダントジャスティスに配備されていたが、コルタナによって無力化されたAI ランパント、もう一つはUNSCシステムに浸透し地球の位置情報を掴み、コヴナントに報告するために送られた、シーカーである。 A.I.の不足、人工知能使用に関するプロフェット族の伝統的な禁止令があることを考えて、これらA.I.がUNSCほど一般的ではないと思われる。しかし、スパルタンがUnyielding Hierophant基地に潜入した時に、コルタナのコピーを参照した数個のA.I.が基地のシステムに存在している事が知られている。

コヴナントの建築様式は曲線が使われ、有機的で洗練されたスタイルで知られており、より高い格付けのカーストの美的な好みであると思われる。コヴナントの設計は、特に紫色やホワイトの色に焦点を当てており、彼らの宇宙船、乗り物、および兵器にそういった金属が使われている。彼らが使用する金属は、UNSCにとっては未知の物質だが、非常に強力であり、しかも弾力がある特殊な物だ。

武器・火器類編集

コヴナントの殆どの火器類は、プラズマを使用した指向性エネルギー兵器が中心となっている。しかし、コヴナント軍はそれだけに留まらずパルスレーザー粒子ビーム兵器反物質兵器やクリスタル製兵器までも使用する。

プラズマ兵器はレーザー兵器より頑丈で遥かに効果的なものだ。彼らの武器にはサイクリング、点火、放出動作を行うための電力供給用パワーセルを搭載している。プラズマ兵器はフッ化水素を燃料源として使用する。[5] この燃料は冷却された液体から過熱電離気体になるまで磁場内部で煮沸される。

コヴナント軍のプラズマ兵器は有効的ではあるが、放熱処理が追いつかなくなった場合暫く射撃不能に追い込まれる。また、武器に搭載されたプラズマエネルギーを消費しつくすと再度充電するか、武器を捨てるしかない。

一応、コヴナントにも弾薬を使用する武器は存在する。コヴナント軍は、実弾系武器として結晶系の物を使用している。使用される結晶は硬く、鋭い物が多い。[6] ジラネルハイ軍は、スパイカー等のコヴナント武器とは違った火器を使うが、之は恐らく別の弾薬を使っているのであろう。鋭利な刃物を銃器に装備するなど、コヴナント歩兵が使う武器とは全く違う見た目をしている。グレネードランチャー系の爆発性武器も使用している。

コヴナント軍の一部では、近接戦闘用武器を使用する。その代表例がエナジーソードである。これはサンヘイリ達が使用する武器で、過熱プラズマの固体ブレードである。サンヘイリたちの間ではエナジーソードは儀礼用としても、軍事用としても使用されている。所持する者は厳しく監視されている。他にはジラネルハイが使うグラヴィティハンマーがある。プラズマ製ではない別の何かを使ったこのハンマーは対象物に大打撃を与える。

車両編集

コヴナントの車両は、推力に高度な反重力技術を使用しており、車体には殆どの場合装甲と武装を搭載している。ただ、推力が問題でUNSC兵器に比べて不整地区域での安定性はきわめて低い。殆どの車両兵器は青又は紫色に塗装される。一部兵器はUNSCでは超自然的兵器と称されている。代表例はスカラベローカストである。これらは4つの脚を使って戦場を侵攻する、通常兵器には見られない存在であった。

最近加入したブルートの技術もまた、コヴナントの技術に取り込まれている。極めて原始的だが、ブルート達の要望にはこたえているようである。

コヴナントの地上・航空兵器
軽戦闘車両 ゴースト偵察機レヴェナントスペクターブルート・チョッパー
装甲車両 プラウラーシャドウレイス戦車対空用レイス
歩行兵器 ローカストスカラベ
輸送機 スピリット降下艇ファントム輸送機
戦闘機 バンシー近接航空支援機ヴァンパイア戦闘機セラフ戦闘機


軍事編集

Main Article: コヴナントの軍事

コヴナント軍は各所属部族を統合しているようだ。コヴナント内戦で崩壊する前は主にコヴナント海軍,陸軍特殊作戦軍特殊作戦師団 (SpecOps)の勢力からなっていた。

これらの軍事力は、人類を遥かに凌いでおり宇宙戦や地上戦で殆ど勝利している。

コヴナント宇宙船編集


知られている組織 編集

下部2組織はコヴナント戦争末期の2552年10月にコヴナントから分裂した組織。コヴナント同盟そのものは、2552年末に崩壊。

また、組織ではないが幾つかの派閥が存在するのであろう。

言及 編集

  1. Halo: Contact Harvest
  2. Halo: The Fall of Reach, page 241
  3. Halo: Ghosts of Onyx, page 331
  4. Halo: Contact Harvest
  5. Halo: Contact Harvest page 163
  6. Halo: Reach Type-31 "Needle" Rifle
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。