Fandom


Help This article does not have enough inline citations or proper citation format. You can help Halo Alpha by adding citations.
Shortsword
B-56 ショートソード-級長距離大気圏爆撃機
Production information
Manufacturer

ミシェラン兵器廠[1]

Model

B-56 長距離大気圏爆撃機

Class

ショートソード-級

Technical specifications
Length

27.3 metres (90 ft)[1]

Width

35.3 metres (116 ft)[1]

Shielding

無し

Armament
Crew
  • (1) 操縦士
  • (1) 副操縦士
  • (1) 通信技師[1]
Usage
Role(s)

低高度爆撃機

Era(s)

コヴナント戦争

Affiliation

UNSC

  [Source]

B65 長距離爆撃機[1]通称ショートソードとは、UNSCが保有する長距離爆撃機の一つ。コヴナント軍を空から制圧するために戦争に投入された。2531年から使用されているようだ。

デザイン詳細編集

見た目的にはロングソード級迎撃機と良く似ているが、尾翼は存在しない。これによって、機体に格納できる兵装の量が上昇し、更に大気圏内での操作性も増すという攻撃機にとっては良い点が幾つもあった。

通常兵器の投弾の他、特殊兵器の投下などに使用された。それは、ペイロードの交換しやすさによって実現するものだ。 大抵は、大気圏に展開するUNSC艦から射出され、戦場に向かう。


ゲームでは編集

Halo Warsでは、この兵器が大活躍する。UNSC陣営のアンダース教授でプレイしているときは冷凍爆弾を指定した地点に投下し、フォージ軍曹の場合だと絨毯爆撃をやってくれる。これは指定した座標から360度どこに向けて爆撃するかを任意で指定することで施設や敵軍に大打撃を与えられるのだ。また、全UNSC陣営は妨害爆弾を要請することが出来るのだ。

ギャラリー編集

登場した作品編集

編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 Halo: The Essential Visual Guide, page 176

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。