Fandom


UnnamedFrigate Halo Reach
パリ級-重フリゲート
Production information
Manufacturer

サイノヴィエット重機

Model

パリ級

Class

重フリゲート

Technical specifications
Length

535 metres (テンプレート:Convert/LoffAonSoffAnd)[1]

Width

199 metres (テンプレート:Convert/LoffAonSoffAnd)[1]

Height/depth

112.3 metres (テンプレート:Convert/LoffAonSoffAnd)

Engine unit(s)

重水素核融合炉

Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速エンジン

Slipspace velocity

2.1光年/日

Shielding

なし

Hull

60センチメートルのチタニウム-A装甲

Navigation system

AIまたはNAVCOM

Armament
Complement
Usage
Role(s)
  • 大気圏内の火力支援
  • 艦隊護衛
Era(s)

コヴナント戦争

Affiliation

UNSC海軍

  [Source]

パリ級重フリゲートUNSC海軍 フリゲート艦の1種だ。製造はサイノヴィエット重機が担当している。[2]パリ級は直接の戦闘行動ではなく艦隊の補助の為、他のフリゲート級より重装甲かつ重武装となっている。複数のポイントディフェンスガン、大型のアーチャーミサイルポッド、MACガンを搭載している。車両ベイを欠いている様に見えるが、その重武装により戦闘機迎撃や敵大型艦との交戦が可能となっている。多数の同級フリゲートがあればより大型の敵巡洋艦や空母に火力を集中する駆逐艦や巡洋艦と共に打撃を与えられるのである。

使用された同級の歴史編集

コヴナント戦争編集

Main Article: Human-Covenant war

チ・セティ攻防編集

Main Article: Battle of Chi Ceti

UNSC Commonwealthが敵コヴナント艦と交戦した。辛うじて勝利を収めるが甚大なダメージを受けてしまう。[3]

キャンバー攻防戦編集

Main Article: Battle of Camber

18隻の同級フリゲートがパーティキュラー・ジャスティス艦隊と交戦したが惑星防衛に失敗。恐らく全艦、惑星と共に失われた。[4]

リーチ攻防戦編集

Main Article: Fall of Reach

UNSC SaratogaUNSC Graftonヴィエリー戦線に配備され、対地攻撃支援を実施した。[5] UNSC SavannahOperation: UPPERCUTに参加し、スリップスペースドライブを提供する。[6] 2隻の無名のフリゲートがアンカー9の防衛に当たった。[7] 又、無名の別のフリゲートがSDV-class heavy corvetteガンマステーション近辺で交戦した。[8]

コヴナント戦争後編集

2556年、Cleyellコロニーがコヴナント残党に攻撃される。この時UNSC Cascadiaが惑星からの救難信号を傍受した。[9]

2557年、複数のパリ級重フリゲートがAutumn-class heavy cruiserと共にUNSC Infinityを護衛していた。[10]

デザイン編集

パリ級UNSC フリゲートではかなり重武装を施された重フリゲート艦であった。パリ級はその重武装とフリゲートに必要な機動性の両立の必要性から、重量を落とす必要があった。その結果、車両積載能力を犠牲としたのであった。対地攻撃支援と共に、宇宙空間における対艦戦闘支援も可能とされた。

535mとフリゲート級では最大の長さを誇る。この艦種は具体的には直接の戦闘行動や艦隊護衛に特化した設計で戦争中に配備された。SOEIVを使用するODST部隊のみを搭載し、最小限の地上部隊とその装備、降下艇といった地上戦に必要な各種機能をこの艦種は有していない。その為カロン級軽フリゲートや、スタルワート級軽フリゲートより大部分を艦隊戦に適した設計に振り分けられた。MACガンのリロード速度の短縮などに欠かせない膨大な電力を供給する為の大型の原子炉を設置する部屋を配置することも可能となった。艦艇の格納ベイの後方にはより小型化された貨物室が用意された。この部屋は貨物の迅速な昇降に使用された。

パリ級重フリゲートは、その長さから追加の磁気コイルを装備する事が可能であった。他のフリゲート種と比較してもアーチャーミサイルポッドの追加配備や、ポイントディフェンスガンの増強、チタン装甲の強化により戦闘の役割に特化した優れたフリゲートとなった。

ハンガーベイには最小限のGA-TL1 ロングソード戦闘機が配備され、敵小型艦との交戦に使用される。このほか、人員輸送のためSKT-13 シャトルも使用する。

同級の艦艇一覧編集


ギャラリー編集

概要とサイズの比較編集

外見編集

登場又は言及された作品編集

情報源編集

  1. 1.0 1.1 Halo: The Essential Visual Guide, page 76
  2. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「new_alex」という名前の引用句に対するテキストがありません
  3. Halo: The Fall of Reach, pages 103-105
  4. Halo 2: Anniversary, Terminal 2 - ONI File: Honor Bound
  5. Halo: Reach level Tip of the Spear
  6. Halo: Reach level Long Night of Solace
  7. Halo: Reach multiplayer level Anchor 9
  8. Halo: Reach multiplayer level Condemned
  9. Halo: Escalation Issue 17
  10. Halo 4: Forward Unto Dawn
UNSC宇宙艦船の分類一覧
民間宇宙船 UNSC 貨物船(バクトリア級貨物船 - ラデン級貨物船 - パラボラ級貨物船) - 貨物機 - ヨット - ベヒーモス級タグ - SKT-13シャトル - スプリングヒル級採掘船 - バンブルビー級脱出艇 
宇宙戦闘機 C709 ロングソード級迎撃機 - YSS-1000 セイバー-級戦闘機 - ブロードソード級戦闘機 - ブースターフレーム
降下艇 D77-TC ペリカン降下艇 - D77H-TCIペリカン降下艇 - アルバトロス - ポッド - 脱出ポッド
支援用艦艇 カリプソー級航空機 - ブラック・キャット級補助電子戦闘艦 - チロプテラ級ステルス艦 - UNSC電子戦闘艦(レザー級-ウィンター級-エクリプス級-サハラ級) - シールドジェネレーター艦
軽艦艇 アオザメ級コルベット - ステルス巡洋艦 - UNSC軽巡洋艦 - UNSCフリゲート( パリ級 - カロン級 - スタルワート級 - ストライデント級 ) - UNSC駆逐艦(ゴルゴン級重駆逐艦 - ハルバード級 - ヒルズボロ級 - ディリジェンス級)
巡洋艦 ハルシオン級軽巡洋艦 - マラソン級重巡洋艦 - オータム級重巡洋艦 - ヴァリアント級超重巡洋艦
空母 フェニックス級コロニー船 - UNSC 空母(エポック級重空母 - オリオン級空母 - ポセイドン級軽空母) - ポエニ級超大型空母 - 不明なコロニー船
主力艦 ヴィニディケーション級‎ - インフィニティ級
無人兵器 サービスドローン - クラリオン ドローン - ブラックウィンドウ - 遠距離測定プローブ - RQ-XIIドローン
See Also: List of Starships
[ソース] - [編集]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。