Fandom


まったくの初心者の場合は?編集

クリックすれば、ほとんどのページを編集できます

  1. 編集するべきページを探してみましょう (まずは、 サンドボックスで練習することもできます。これは、練習用のページで、ほとんどの動作を経験できます。ウィキというものがどのように動くかを理解するのには、うってつけの場所です)
  2. '編集というところをクリックしてください
  3. 編集欄が開きます。 (MS、Lotus、Wordperfectといったワードプロセッサのように)新しい文章や、訂正する文章を入力してください
  4. 保存ボタンをクリックしてください。ミスを無くすためには、プレビューのボタンをまずは押してください。
  5. これでウェブに書き込めました。どうか、がんばってください

更には編集

全てのウィキと同じく、このウィキア内の全ての保護されてないページを編集することができます。変更した箇所は、即座に反映されます。各ページにある編集というところをクリックしてください。

編集内容を、編集欄と、保存、プレビューのボタンの間にある要約欄で説明するようにしてください。例えば、誤記xyzについて情報を追加といった感じです。

プレビューボタンを使って、編集内容や保存後の正しい整形を確認しましょう。その後は、保存を押すのを忘れないでください。

ログインすれば、「これは細部の編集です」と書かれたボタンをチェックすることで、編集内容が小さなものであることを知らせることができます。

編集を試すには、新しいウィンドウを開いて、練習用スペースである サンドボックスに行き、編集ボタンを押してください。何かを書いてみて、保存を押してください。

整形 編集

大体の整形方法は、ウィキ文法を通じて行われます。HTMLを学ぶ必要はありません。

太字と斜体編集

太字斜体は、複数のアポストロフィ(')で文字や文章を囲みます。

ほとんどの整形は、ウィキ文法によって行われます。HTMLを学ぶ必要はありません。

太字や、斜体は、語や文章の前後を複数のアポスロトロフィ(')で囲むだけです。

  • ''斜体''は、斜体で表示されます(アポストロフィふたつを両方におきます)。
  • '''太字'''は、太字で表示されます(アポストロフィみっつを両方におきます)。
  • '''''太字の斜体'''''は、太字の斜体で表示されます(2 + 3 = 5のアポストロフィを両方におきます)。

ヘッダとサブヘッダ 編集

ヘッダとサブヘッダは、記事の構造を作る簡単な方法です。議論上ふたつ以上に話題がわかれるときは、ヘッダを各節に挿入することで、記事を分割できます。

ヘッダは以下のように作ります。

  • ==最上位のヘッダ==(ふたつの等記号)
  • ===サブヘッダ=== (みっつの等記号)
  • ====更に下のヘッダ==== (よっつの等記号)
  • =====もう一段階下のヘッダ=====(いつつの等記号)

記事に三つ以上のヘッダがある場合は、目次が自動的に生成されます。サンドボックスでヘッダを生成してみて、目次の効果を確認してみましょう。

インデント 編集

テキストをインデントするには、コロン (:)を行頭に置きます。更にコロンを置くと、インデントが更に深くなります。新しい行(EnterReturnを押してください)、があると、インデントする文章は、終わりになります。

例:

これは、左側を基準にして並びます。
:少しインデントさせます。
::もう少しインデントさせます。

これは、以下のように出力されます。

これは、左側を基準にして並びます。

少しインデントさせます。
もう少しインデントさせます。

中黒 編集

中黒を入れるには、アスタリスク(*)を使います。インデントする際と同じように、行頭にアスタリスクを入れることで、インデントが深くなります。

簡単な例:

*最初の項目
*二番目の項目
**二番目の項目の下の項目
*これは面白くない?

以下のように出力されます。

  • 最初の項目
  • 二番目の項目
    • 二番目の項目の下の項目
  • これは面白くない?

数字付リスト 編集

同じように、数字付リストを作ることもできます。数字の記号か、ハッシュ記号(#)を使えばできます。複数の#を塚卯ことで、インデントの深さを変えることができます。

例:

#最初の項目
#二番目の項目
##二番目の項目の下の項目
#三番目の項目

以下のように出力されます。

  1. 最初の項目
  2. 二番目の項目
    1. 二番目の項目の下の項目
  3. 三番目の項目

目次 編集

目次は、以下の例を使うと、設置することができます。

 {|align=right
  |__TOC__
  |}

リンク 編集

リンクは、サイトで読者を誘導するのにやくだつ重要な要素です。

内部リンクを使うことで、ウィキページの相互参照性を高めることができます。既にある項目名へのリンクを作ったり、今後できると想定している項目名へのリンクも作ることができます。

同じウィキ内の他のページへのリンクを作るには、二重の大括弧で項目名を囲んでください。

例えば、メインページへのリンクを貼るには、こうします。

[[メインページ]]

テキストのリンクについて、項目名とは違う言葉を使いたいなら、パイプ | (日本語キーボードのレイアウトなら、SHIFT + 円記号)の分離記号の後に別の名前を書けばできます。

例えば、メインページへのリンクを作りたいけど、それをホームページと呼ぶなら、以下のように書いてください。

[[メインページ|ホームページ]]を見てください...

以下のように出力されます。

ホームページを見てください...。

リンクに、記事名の複数形を使いたかったら(または、接尾辞を使いたかったら)、二重の大括弧の外に直接その文字を付加すれば良いです(日本語では機能しません)。

例えば、以下のように書いたとします。

Add questions to the Wikia for [[quiz]]zes.

以下のように出力されます。

Add questions to the Wikia for quizzes.

ウィキ間リンク編集

他のウィキアへのリンクを貼るには、リンク全文を貼るのではなく、コロンと記事名に前に、そのウィキのタイトルを使ってください。

例えば、w:creaturesウィキのホームページは、Creatures:Main Pageになります。このリンクを作るには、

http://creatures.wikia.com/wiki/Main_Pageではなくて、
[[Creatures:Main Page]]です。

この種のリンクは、ウィキアだけでなく、interwiki mapにあるウィキ全部で使えます。[[Wikia:Help:Interwiki linkを御覧ください。

外部リンク 編集

ウィキアの外へのリンクを貼りたい場合は、リンクを貼りたい先のURL全文を書けば良いです。

http://www.google.com/

URLよりも他のものを表示させる方がいい場合は、空白で区切って(パイプではありません)、アドレスの後に記事名を挿入して、その前後を大括弧ひとつだけで囲ってください。つまり、Google検索エンジンを表示させたい場合は、以下のようにします。

[http://www.google.com/ Google検索エンジン]

リダイレクト 編集

他のページへと自動的にリダイレクトさせるには、#REDIRECTと打って、リダイレクトさせたいページの名前を大括弧で挟んで置いてください。

例えば、CatsCatにリダイレクトさせることができます。そうすれば、検索ボックスで誰かが他の書き方で打とうと、自動的にCatへ移動します。

カテゴリへリダイレクトさせたい場合は、categoryの前に、コロンを書く必要があります。 #REDIRECT[[:Category:Wikia]]という感じです。コロンを忘れた場合は、紐付けられたそのカテゴリの一部として表示されます。

ウィキの変数とテンプレート 編集

{{SITENAME}}を使うと、現在のウィキを見ることができます。例えば、このサイトで、{{SITENAME}}とすると、Halopediaとして表示されます。

それと、いくつかのテンプレートは、メディアウィキを使っているサイトでは、共通で使われています。

ウィキアで使われているテンプレートの全リストをチェックしてください。

テンプレートを作ることもできます。Template:XXXというページを作成してから、{{XXX}} を使うことで、現在のページのその内容を含めることができます。多くの他のページで含める必要のあるものがあれば、テンプレートが欲しくなるでしょう。

セントラルウィキアで使えるほとんどのテンプレートは、名前の前に"wikia:"の接頭辞を付ける抱けで、他のウィキアでも使えま. Help:Shared templatesを御覧ください。

ヘルプ
ビジュアルエディタ

ビジュアルエディタ

クラシックエディタ

クラシックエディタ

編集 (へんしゅう、Editing) は、ページ上の「編集」(Edit) ボタンをクリックすると編集ページが開き、ページの編集・更新を始めることができます。

Fandomにログインしているかどうかによって編集できる内容が変わってきます。

ヘルプ:ビジュアルエディタ
ほとんどの未登録ユーザーと新規ユーザーは、変更の正確なビジュアル表現を基礎にした完全に新しい編集エクスペリエンスのビジュアルエディタ (VisualEditor) に触れているでしょう。
ヘルプ:クラシックエディタ
その他のユーザーはクラシックエディタに触れます。 - クラシックエディタには古いビジュアル編集のエクスペリエンスと基礎的なソース・Wikiテキスト編集があります。

クイックTIPS

エディタに入るとすぐに、情報を即座に追加/削除、フォーマットの変更、新しいメディアの追加、ページのレイアウトの更新などができるツールが利用できます。 変更が終ってから「公開」(Publish) ボタンを押してページを更新して下さい。

何かを「壊している」のではないかというような恐れを抱かないでください。ページの編集はすべてページ履歴に保存され、もしなにかが間違っていた場合は、簡単に古いバージョンへリバートすることができます。

エディタの選択

ログインユーザーは個人設定にあるドロップダウンリストからデフォルトのエディタを選択できます (こちらでみつかります)。

設定 内容
各コミュニティの設定に従う
(No preference)
自分が使用しているコミュニティがデフォルトで設定したエディタを表示 - ビジュアルエディタ、クラシック・リッチテキストエディタ、ソースのいずれか。 (注意: この選択はいずれ廃止予定です)
Fandomのビジュアルエディタ すべてのコミュニティでビジュアルエディタを表示
Fandomのクラシック・リッチテキストエディタ すでに有効になっているクラシック・リッチテキストエディタを表示。もし有効出ない場合は、ソースエディタが表示されます。
ソースエディタ
(Source editor)
すべてのコミュニティで基本的なソースエディタを表示

Wikiフィーチャーズのスイッチはローカルの管理者によって切り替えることができ、ログインユーザーのデフォルトのエディタを変更できます。未登録ユーザーは通常は常にデフォルトでビジュアルエディタが表示されます。

さらに、他のエディタは「編集」ボタンのドロップダウンから見つけることができます - 例えば、もしビジュアルエディタがデフォルトであっても、ドロップダウンからクラシックエディタにアクセスすることができます。

その他の編集Tips

  • 「プレビュー」を利用すると、保存した場合にどのように表示されるかを確認できるため、誤字脱字や操作ミスなどにより何度も編集する手間を省けます。これを活用してなるべく一度の保存で終わらせられるようにしましょう。
  • 編集画面の下のほう、保存ボタンのそばにある"要約"ボックスで、行った編集について簡単に説明しましょう。ここに入れる文章は短くてかまいません。たとえば、「導入部を追加しました」などです。
  • ログインしている場合、"これは細部の編集です"チェックボックスで編集を「細部の編集」にすることができます。これは他のユーザーや編集者にあなたの編集が微細なもの(誤字脱字の修正・スタイルの微調整など)であると知らせることができます。
  • 「ユーザー:」(または「User:」や「利用者:」) で始まるページは個人用のページで、アカウントを持っていれば、「ユーザー:[あなたのアカウント名]」というタイトルのページで自己紹介やFandomでの活動など個人的な内容を記録できます。他のアカウントのユーザーページに手を加えるのはトラブルの原因となりやすいため、事前に断りを入れるか、編集してもよいと明言されている場合のみに限るのが望ましいでしょう。詳しくは、ヘルプ:プロフィールをご覧ください。

次の手順

その他のヘルプとフィードバック

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。