Fandom



ロバート・ワッツ大佐は元UNSC要員だった人物で[1]、現在はエリダヌス反乱軍の司令官を務めている。

元々UNSC海兵隊に所属していたワッツ大佐は2513年、軍隊から逃亡しエリダヌス星系の反乱軍の指導者として数年間活動していた。だが、それを察知したUNSC軍は投石機作戦を発動し反乱軍を打ち破ることになった。

作戦によってスパルタンIIを含めたUNSCの勝利となり、ワッツ大佐は捕えられてOffice of Naval Intelligence(O.N.I)に身柄を引き渡され、拷問を受けた。

ワッツ大佐は高級品を好んだ。スウィートウィリアムの葉巻、高級ステーキ、ヴィンテージ物のシャンパン、スイス製のチョコレートが大好物だったと言われている。[2]

編集

  1. Halo: Contact Harvest, page 112
  2. Halo: The Fall of Reach, page 83
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。