Fandom


コヴナント帝国はある一つの宗教に基づいていて、フォアランナーと呼ばれる古代の種族を崇拝している。その宗教によるとフォアランナーはただの生物を超え実体のない神秘的な存在になり、それはヘイローと呼ばれる7つ(確認されていないものも含むと12つと考えられる)のリングの起動によって成功したと考えられていた。そしてヘイローは「神聖なリング」としてコヴナントの中で語り継がれてきた。またコヴナントによると、ヘイローの起動と同時にフォアランナーを昇華させた「大いなる旅立ち」が起こると言われていた。古代に起動されたとき、他の種族は「大いなる旅立ち」に値しないので置いて行かれたと考えたのだ。

コヴナントの社会的支配階級であるプロフェッツは、自分たちがフォアランナーに正当に選ばれた神学者だと勘違いをしていた。そして長い年月に埋もれたフォアランナーの技術を使ってコヴナントを盛り上げようと考えた。しかし最も重要な目的は、銀河中に散ったヘイローリングを全て起動することだったのだ。彼らは古代のフォアランナーの後を追いたいと考えていた。

背景 編集

アルファ・ヘイローでの戦いの真っ只中、フォアランナーの遺物を探していたパーティキュラー・ジャスティス艦隊の部隊は「オラクル」と呼ばれるフォアランナーのAI(343 ギルティ スパーク)に遭遇した。このAIはパーティキュラー・ジャスティス艦隊に衝撃の事実を伝える。それは、ヘイローとは救済の道ではなく、「宇宙から全ての知的生命体を抹消する」ことを目的としているという内容だった。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。