Halopedia
Advertisement
Halopedia
2,424
ページ

出典: Halopedia英語版 Jovian_Moons

木星の月(Jovian Moons)は63個の衛星のことである。この内のいくつかにUNSCの植民地がある。

2160年、(UNSCが形成される前)木星の月で反-コスロフ主義から生じたファシズムの復活は"地球企業の圧制者"の打倒と平和を掲げ、フリーデン運動として結実した。フリーデンは衛星イオでUN植民地顧問団を襲撃し、これに端を発した紛争は木星の月作戦レインフォレスト戦争及び火星の一連の衝突を経て、惑星間戦争に至った。最終的にフリーデン勢力とコスロフ主義勢力は敗北し、木星の月はUNSCの支配下となった。[1][2]

主な木星の月(ガリレオ衛星)と出来事[]

  • イオ(ウィキペディア)
    • 木星の第1衛星。ここでフリーデンがUNに最初に攻撃を仕掛けた。
    • 地球での最初の戦いの数分前、ステーション カイロにて、悔恨の預言者の艦隊が発見され頃、預言者の艦隊はイオの近辺を通過中だった。

情報源[]

Advertisement