Fandom



2291年4月、トビアス・ショウウォレス・フジカワ[1]らが極秘裏に共同開発したショウ-フジカワ スリップ・スペースドライブ(SFTE)を完成させる。これによって"スリップストリーム" ("スリップスペース"とも呼ばれている)への進入を可能とし、超光速旅行が可能となった。これは一瞬では終わらない。短いジャンプであれば2ヶ月は必要であったし、長ければ6ヶ月以上もかかる事があった。

この機関の登場によって大きな反響もあった。スリップストリームスペースの異常な物理学で恒星間移動にかかる時間を劇的に短縮できたからである。ただ、科学者たちはスリップスペース内の時間の流れについての「柔軟」さに気づいた。何故恒星間移動の時間が一定ではないのか。人類の科学者たちにはそれを確かめる事が出来なかった。しかし、多くの科学者達はスリップスペース内の渦、流れによって恒星間移動にかかる時間が5~10%変動すると理論付ける。この時間的不一致は軍事作戦にとっては障害でしかなく、軍事戦術家や戦略化が立てた多くの連動攻撃の障害となってしまった。[2]

情報源 編集

  1. Halo: Contact Harvest
  2. http://www.xbox.com/en-US/games/h/halo/storyline.htm
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。