Fandom



2月編集

2月21日編集

6月編集

6月19日編集

  • UNSC Rubiconアークに到着し、複数のリモート・コンタクト・チーム(RCTs)をアーク地上に配備する。目的は、アークから発せられた謎の信号の調査にあった。[2]

6月27日編集

  • 8日後、全てのRCTからの連絡が途絶。唯一RCT-06のみが多数の死傷者を出して帰還する。彼らは343 Guilty Sparkを伴った。[2]
  • ルビコンに連れて来られたあと、UNSCの尋問官は、ギルティスパークに対しフォアランナーと人類の関係とウル-ダイダクトについての詳細情報を聞き出そうとする。[3] ギルティスパークは"真のリクレイマー"[4]達、古代人類文明について話す。

6月30日編集

  • スパークの話が終わったとき、スパークのシェルがパワーダウンを起こす。ONIチームリーダーの指示で全てのデータを船内コンピューターに移し、スパークの船外投棄が決定された。しかし、想定外の事態が発生する。スパークによってAIを無効化された挙句、上書きを阻止する。ライブラリアンの位置に向けて船を進めようとし、船内の要員をコールドスリープさせる。[5]

7月編集

7月 2–21日編集

7月2日編集

  • ルビコンを救出する部隊をONIは送ったが船は沈黙を守り、48時間後船は消えた。[6]

7月21日編集

7月24日編集

7月25日編集

7月26日編集

  • ブルーチームが到着し、現場でブラックチームと科学班が全滅しているのを目撃。プロメシアンの攻撃を退けた後、コンポーザーが元々リングに埋まっていた事、掘り出された後のクレーターがある筈だとして調査を行う。その結果、コンポーザー・アビスとこの構造体にスリップスペースで接続されるコンポーザー・フォージを発見した。[9]
  • ブルーチーム、コンポーザーを発見すべくポータルへ侵入する。ウル-ダイダクトとプロメシアンがこれに応戦する。[8]
  • ダイダクトは859 Static Carillonに地球上にインストレーション03を移動させる方法を尋ねる。これが実行できるならば、人類を殲滅できるはずであった。新たなプロメシアンを伴い、ポータルを封鎖する事には成功したが、この時点でスタティック・カリロンはダイダクトに裏切られたと思うようになった。[8]
  • ブルーチームがリングに戻ったとき、再びダイダクトと対峙する。ダイダクトはここでカリロンによって殺害され、ジョンはテレポートし起動インデックスを伴い、コントロールセンターに向かう。ジョンによってリングの制御が奪取され、フォージが埋められていた区域のパネルが排出される。彼はその後、カリロンによってワープされる。[10]
  • カリロンは修理の為、未知の場所にインストレーション03を移動させた。[10]

12月編集

12月5日編集

情報源編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。