Fandom


HaloWars - Vulture Profile
ヴァルチャー
Production information
Manufacturer

UNSC

Model

AC-220

Class

重攻撃機

Technical specifications
Shielding

無し

Armament
Crew
  • 操縦士 (1名)
  • 副操縦士 (1名)
  • ガンナー(複数名)
Usage
Year introduced

2498年

Role(s)

対地攻撃機

Era(s)

コヴナント戦争

Affiliation

United Nations Space Command

  [Source]

AC-220 ガンシップ、通称ヴァルチャーは、UNSCが保有する重攻撃機の一つで、コヴナント戦争 初期 に使われていた。

今で言うならば、AC-130ガンシップと同じような系列の兵器といえるのではないだろうか。[1]

デザイン編集

非常に大きな機体であるが、ペリカン降下艇みたいな動力で運用しているのかもしれない。

大きさの割に推力が低すぎるのかは不明だが、AV-14 ホーネットスパロー・ホークと比べて非常に遅い。

更に必要な物資の量や消費人口も大きく条件もきつい。この兵器は、エアパッドで製造できるが、必要なのはUNSCの人口枠6と900 の物資、そしてテックレベル4という全ての条件を満たさねばならない。アップグレードは1つだけある。メガミサイルと言うものでこちらもテックレベル4、物資800が必要となる。

ヴァルチャーは、非常に高価な存在である。良く訓練された操縦士と砲手が乗っていなければ真価を発揮できないのだ。それ故に製造には極めて時間がかかるため、長期戦の時に製造されることがあるのだ。[2]

ゲームでの運用編集

非常に遅い上、コストも馬鹿にならないこの機体だが、対地攻撃力には凄まじいものがある。エージェントV・ミサイル ポッド、GUA-23 オートキャノンA-74 ミサイルランチャーを使って対空、対地両方の敵に対応できた。

だが、その遅さと大きさから敵の格好な的になるのでウルバリン等による護衛が絶対必要となる。

ギャラリー編集

登場した作品編集

情報源編集

  1. Halo Waypoint article on the AC-220 Gunship
  2. Halo百科事典, 250ページ

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。