Fandom



BLACK WIDOW通信衛星UNSC プラウラーによって輸送され、使用される衛星であった。UNSC 戦闘集団への調整及び通信を容易にする目的で使用される。ステルスの為、バスケットボールサイズの非常に小型の物ではあったが、ブラックウィドウはテキストファイル・オーディオファイル・潜在的な電子データを転送する際に使用され、AIよって容易に展開する事ができた。ステルスモードの際に使用する場合、全ての排出を除去する為熱冷却サイクルを行う。この行動は、主に敵地において実施される。[1]

情報源編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。