Fandom


Previous:

ニューモンバサ掃討戦ロース島の戦い

Concurrent:

第二次地球の戦い

Next:

クリーブランド攻防戦

ハバナの戦い
Conflict:

コヴナント戦争

Date:

2552年11月3日

Place:

太陽系 惑星地球 キューバ共和国 ハバナ

Outcome:

UNSCの勝利, 100年軌道エレベーター崩壊

Belligerents

国連宇宙司令部

コヴナント

Commanders

不明

Strength
Casualties

不明

C.O.E周囲の全コヴナント軍

  [Source]

ハバナの戦い第二次地球の戦い中に発生した戦闘でUNSC防衛軍コヴナント侵略軍がキューバ首都ハバナで交戦したものである。

この戦闘には3名のSPARTAN-IIブルー・チーム海兵隊部隊がハバナを奪い返すために大規模な反撃を実行し、結果百年軌道エレベーターを破壊されるなどの損害を出した。

ハバナでのUNSC勢力が勝利し、同地を奪還できたかについては不明である。[1]

背景編集

ジョン-117らが姿を消したニューモンバサ防衛戦後の2552年11月に預言者艦隊が大挙して来襲し地球軌道防衛線を強襲、何隻かのコヴナント艦が防衛線を突破し地球大気圏に突入した。これらのコヴナント艦は北米のクリーブランド、ケニアのニューモンバサ、中央アジアにコヴナント地上軍を送り込んだ。更に軌道エレベーターがあったキューバの首都ハバナも侵略された。

軌道上には地球防衛艦隊が展開していたが、とても地上戦の支援をできる状況ではなかった。第1次地球の戦い時点で80隻以上の防衛艦隊は15隻のコヴナント艦相手に60隻以上失っていたからであった。

この戦闘でフェンリス核弾頭が投入されようとしていた。が当初は平和目的に使われようとしていたという。

戦闘編集

地上戦編集

コヴナントの地球への第二次侵攻が始まり、緊急報告が相次いでなされた。その中には、ハバナに関する報告もあった。それによれば、コヴナントがハバナを強襲、都市を占領し100年エレベーターを含む一帯を制圧下に置いたというのである。海兵部隊が反撃のためにハバナに送られるが、戦力不足によって都市の奪還は不可能だった。

セグンド・テラー基地からスパルタン・ブルー・チームがペリカン降下艇(パイロットローラ・タナージム・ヒギンス)3隻のコヴナント軍旗艦がハバナ上空に停泊し多数のバンシーを哨戒のためにCOE周囲に配備していた。

密林の奥地にブルー・チームは、スカラベが存在する倉庫の側を通過した。スナイパーライフル スコープを通じて海兵隊の壊滅した部隊を発見した。ブルートらがエレベーターを制圧し、周囲を警戒していた。10発以上の核兵器を有していたが、12発がUNSCの手元に戻った。スカラベは、COEの周囲に存在した倉庫街に停車していたタンカーの大爆発に巻き込まれ破壊された。

宇宙戦編集

UNSCの将軍テレンス・フッド郷カイロ・ステーションから命令を伝えた。電子戦闘艦オニキスにいるハルシー博士からの無線を遠隔スキャン前哨地 デモクリトスが傍受したことでを伝えた。最近Installation 05においてフラッド拡散の危機にあること、マスターチーフドレッドノートに乗って地球に帰還していることなどであった。

スパルタン3名は軌道上にあったコヴナント駆逐艦を強襲し制圧、これに乗り込みOnyxにむかった。

余波編集

軌道エレベーターは完全に崩壊し、ハバナは甚大な被害を受けた。スパルタン・ブルー・チームはオニキスの戦いに参加するために姿を消した。[1]

編集

  1. 1.0 1.1 Halo: Ghosts of Onyx

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。