Fandom


Previous:

リーチ

ニューエルサレムの戦い
Conflict:

コヴナント戦争

Date:

2552年9月

Place:

シグナス星系 ニュー・エルサレム

Outcome:

コヴナントの勝利

  • ニューエルサレムはガラス化
  • UNSC防衛軍戦力の大半を喪失
Belligerents

UNSC

コヴナント

Commanders

不明

Strength

第26海兵遠征軍

不明

Casualties

第26MEFは実質上壊滅

不明

  [Source]
"シグナス? まさか生存者がいるとは予想もしていなかったよ。"
ダッチルーキーから戦いの話を聞いて[1]

ニューエルサレムの戦いコヴナント戦争末期に発生した戦闘だ。

UNSC殖民地であるシグナス星系ニューエルサレムを巡ってUNSCDFコヴナントが激戦を繰り広げた。[2][3]

戦闘編集

2552年9月にニューエルサレムがコヴナントに攻撃された。ゲージと言う人物とフェリシア・サンダーソン大佐指揮下で幾つかのODST部隊が浸透工作を図っていた。ゲージは主にフォアランナーのアーティファクト捜索を行っていたが、コロニー軍事政権は惑星にある銀行からすべての金を持ち出そうとしていたようだった。軍事政権からの命令もあったODST部隊は、金庫に突入するがそこには学校の生徒と教員が隠れていた。

ODSTたちは金の持ち出しよりも隠れていた人々の安全確保を最優先に行動した。だが、ある人間の裏切りよって教員が射殺された。ODSTが介抱するが間に合わずに死んでしまった。

また、ゲージはフォアランナーのアーティファクト収集を終えるや市内に核兵器を設置して脱出を図った。だが、ゲージはコヴナントと取引をしていたという事実を一部のODSTに察知されていた。彼はペリカンに乗り込み脱出するが、後部からバンシーの攻撃を受けたのと取引をしたという"裏切り行為"を知っていたODSTらによってペリカンを撃墜されてしまった。

撃墜されたペリカンに乗り込んでいたルーキーは、ゲージと会話していた。やがて彼とルーキーは救出に来たペリカンに向かうが、コヴナントに追撃されていた。ゲージがコヴナント兵を全て射殺した後、核兵器を起爆させに行くと言い残してどこかに姿を消す。

ペリカンのもとに到着した彼は、唯一の生き残りであるという朗報をUNSC側にもたらした。彼は拾われて脱出する。

ソース編集

  1. ONI Candidate Assessment Program V5.02A/Dutch
  2. Halo 3: ODST Field Guide: ("This Marine was recently transferred from the 26th MEF, part of a Rapid Offensive Picket that suffered near-annihilation at New Jerusalem, Cygnus.")
  3. Halo: Evolutions - Essential Tales of the Halo Universe, "Dirt"

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。