Fandom


Cquote1 Mayday! Mayday! Dropship Bravo 022 taking enemy fire! Repeat! We are taking heavy fire and are losing altitude! Cquote2
Bravo 022 new
ブラボー-022
Production information
Class

ペリカン降下艇

Manufacturer

ミシェラン兵器廠

Technical specifications
Length

30.5 metres (100 ft)

Width

23.3 metres (76 ft)

Height/depth

10 metres (33 ft)

Engine unit(s)
  • 2基の主エンジン
  • 4つのペクトルに収容された10基のスラスター
Armament
  • 40又は70mm8連装オートキャノン(1基)
  • ANVIL-II ASMポッド (8発装填) (2基、追加武装)
  • AIE-486H HMG 又は M247 GPMG (1基、追加武装)
Usage
Earliest sighting

2552年9月

Destroyed

2552年9月

Present for battles/events

アルファヘイロー事件

Affiliation

United Nations Space Command

  [Source]

ブラボー-022UNSCが使用したペリカン降下艇の1機で2552年当時、UNSC Pillar of Autumnに配属されていた。

背景編集

ゲームHalo: Combat Evolvedサイレント・カートグラファーステージ内又は小説のHalo: The Floodにて撃墜イベントが描写されている(ゲーム内では緊急通信で墜落を知らされる)が、何故かエコー-419のモデルが流用されており、墜落した機体のモデルはヴィクター-933の物を流用している様だ。

作戦上の歴史編集

アルファヘイロー事件編集

Main Article: Battle of Installation 04

Pillar of Autumnアルファヘイロー周辺で大破したとき、ブラボー-022はパイロットの手で無事オータムから脱出し、墜落による崩壊から機体を救った。脱出後アルファ基地に向かい、生存者と合流した。

後にブラボー-022はエコー-419と共に孤島にあるサイレント・カートグラファーを強襲する為、海兵隊を送り込んだ。島内の要塞にレクゴロが居る事を知ったコルタナがブラボー-022に対し重火器の空輸を要請した。ブラボー-022はこの要請に応え、ワートホグと複数のロケットランチャーを積載して再び島に向かったが、貨物の投下前に敵の対空砲火を受け、撃墜された。[1] 機体は海岸沿いの崖に突っ込んで停止した。乗っていた兵士達は墜落の衝撃で負傷していたが、彼らはジョン-117が到着する前にアンゴイキグヤーの部隊によって全滅してしまう。任務が終わった後もブラボー-022の残骸は残されたままであった。

情報源編集

  1. Halo: The Flood, pages 160-161
知られている国連宇宙軍所有のペリカン輸送機
D77-TC ペリカン降下艇 ブラボー1 · ブラボー22 · ブラボー29 · チャーリー217 · デルタ15· エコー136 · エコー206 · エコー419 · ガンマ054 · ベクター933 · ベクター397 · ウィスキー035 · ウィスキー036 · ウィスキー037 · ウィスキー039 · ペリカン019
D77H-TCI ペリカン降下艇 エコー51 · キロ-23 · オスカー5 · オスカー6 · オスカー8 · オスカー9 · ベクター398
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。