Fandom


Catherine Elizabeth Halseyキャサリン・エリザベス・ハルゼイ)は、スパルタンII計画の発案者である。スパルタンIIの母として知られ、Cortanaに代表されるスマートAIや、 MJOLNIR Powered Assault Armorの開発者でもある。彼女は2515年から2522年までONIの科学顧問を務め、その間に主任科学者に任命された。

彼女は民間人であるにもかかわらず ONI 内でかなりの権限を持ち、軍の重要人物から尊敬を集めていたが、彼女はスパルタンを強制的に兵士の生活に追い込んだことに対して激しい罪悪感を持っていた。コヴナント戦争の後、博士はその地位を剥奪され、投獄され、UNSCから戦犯として扱われた。 その結果、彼女はジュール・ムダマのコヴナント派閥への亡命を余儀なくされた。ほぼ1年を敵地で過ごした後、彼女はUNSCに捕らえられ、緊急の科学的問題、特にガーディアンの台頭に関する研究を任された。

伝記 編集

初期の生活と教育編集

キャサリン・エリザベス・ハルゼイは、2492年3月19日、エンディミオンの沿岸都市ポートバーノンの植民地で生まれた。この年齢で彼女はすでに人工知能とその寿命に関係する考えを考えていた。 彼女が読んだ作品の中には、ダンテの『インフェルノ』の英訳があった。 キャサリンが母親と最初に行ったチェスのゲームは、彼女が母親に負けた唯一のゲームであり、母は娘に勝った時、彼女はイタリア語で「ゲームが終わったら、キングとポーンは同じ箱に入る」と言った。若くして、ハルゼイはエリートアカデミーのエンディミオン・ギフテッドに送られ、そこで彼女は教育基準に逆らい続けた。最終的に彼女は 2501 年にコレットレ・ブラウニング大学の生物学部長からサー クムスタンスへの旅行を許可されましたが、彼は 2507 年の 15 歳の誕生日を過ぎてから 2 番目の博士論文が完成するまでの間、彼女の教育資金を提供してくれた。その 2 番目の論文に取り組んでいる間、ハルゼイはその古風な性質のために長い間捨てられ、忘れ去られていた様々なラインコマンドを学び、それを使ってコンピュータプログラムと対話することができた。

ハルゼイはまだ博士候補生であった 2507 年、 イライアス・カーバー博士と学術交流会で出会い、 彼が人類拡大の社会経済・政治経済ベクトルの行列力学を説明しているのを聞いて、 彼の時代遅れのアルゴリズムの実装を修正せずにはいられなかった 。カーバー博士は、若くて新進気鋭の人物に挑戦されることを好まなかったが、彼女の言葉は、UNSCの海軍諜報部のマイケル・スタンフォース大尉に彼女に注目させたようである。3週間後、彼女が提案した人工知能を使ってN次元行列を制御するための助成金は、UNSCによってグリーンライトされ、その助成金は、その選択したモデルのテストが成功したことを条件とした。当然、彼女がテストするように指示されたのはカーバーのモデルでした。Halsey は彼の欠陥のあるモデルが間違った結果を出すことを知っていたので、彼女は彼の7次元バージョンに加えて、コントロールとして彼女の16次元バリアントを実行した。カーバーのモデルは、厳格な政府の統制が確立されない限り、20年以内にアウターコロニーの社会秩序の崩壊を予測し、即時かつ恒久的な軍隊の存在によって強化された。キャサリンはこの間に1400以上のシミュレーションを行い、あらゆるパラメータを変化させた。最良のシナリオでさえ、アウターコロニー全体が地球統一政府にすぐに反乱を起こすことは明らかだった。彼女は、最低でも、その結果生じる紛争は30年間の戦争と50億人の死につながると判断した。最大の影響は無限であり、果てしない戦争と人類にとっての新たな暗黒時代をもたらす可能性があった。ハルゼイは自分の発見をスタンフォースに持って行きましたが、 ONIがすでに同じ結論に達していたことを知りました。機関は何年にもわたって彼女を監視しており、彼女を採用するためには、機関と協力することが人類を救うために必要であると自分自身を納得させる必要があると決定されていた。 当時ハルゼイを弟子と考えていたイシオンリス・ジェロミは、ONIと働くことを勧めなかったが、HalseyはONIの戦術が自分に効いていたことを認めた。彼女は2508年に採用されることを許可し、2510 年初頭にはリーチに連れてこられ、民間コンサルタントとして数々の機密プロジェクトで働く契約を結んだ。

スパルタンの起源編集

リーチに到着した後、ハルゼイ博士は数ヶ月間、彼女に与えられた新しい研究室の準備に費やした。この間のある時点で、彼女は駐留していた主要基地から来る途中で地元の店に立ち寄り、コーヒーと、ONI の誰にも読まれることを恐れずに自分の考えや研究ノートを記録できる日誌を購入した。8月8日、彼女がこの日記に最初のエントリを記録した日までに、彼女は同時に彼女が恐れ、切望し、触発されていたプロジェクトに着手し始めていた。この時点までに、キャサリンはすでに人工知能で強化されたデータの記録と保存システムを迂回するために使用できる侵入アルゴリズ ムをいくつか設計していた。 この日、ハルゼイは研究室に座っている間、日記の 2 番目の項目を作成するように努力し、自分をリーチに導き ONI で働くようになった一連の出来事を思い出しました。彼女は、全人類を救うためにはどれだけの命を費やす必要があるのか、そしてその安全を確保するためにはどんな代償も高すぎるのではないかと問うことで、そのエントリーを終え、その後仕事を再開した。 2511年2月15日、ハルゼイ博士は彼女の日記の中でORIONプロジェクトの詳細について、後継者が達成したものを改善することができると信じていた方法を記録した。

ORIONプロジェクトは、アウターコロニーに芽生えた反体制派の指導者を大規模な殺戮なしに排除するために、兵士の非伝統的な力を作り出すように設計されていましたが、この目的のために、UNSCの特殊部隊から志願者が募集された。オリオンの候補者に提供された遺伝子増強と免疫抑制剤の投与をめぐる文書化された失敗に基づいて、ハルゼイは、将来の世代の増強戦士に最も適した候補者は思春期前であり、より可鍛性と堅牢性のあるDNA構造と修復酵素を持っている必要があると判断しました。必要とされるありえない遺伝的基準を持つ個人を見つけるために、彼女は39億のDNAレコードをスクリーニングする必要があると計算した。ハルゼイは、植民地管理局のアウターコロニー予防接種プログラムが当時最大の DNA データベースを保有していることに気づき、選別プロセスを迅速化するマーカーを見つけるために、選別基準を再調整することを決意した。さらに、彼女は、心的外傷後ストレス障害を緩和するためには、オリオンの多くの人々が示す反乱軍への同情心が必要であることを認識していた。彼女は、情報機関の中の何人かが提案していた洗脳に反対していたが、その代わりに「Generation-II ORION」の任務には少なくとも 10 年間の訓練、説得、順応が必要であると指摘した。何よりも、選ばれた者を絶対的に管理しなければならないと彼女は記している。これらのパラメータに基づいて、子供たちがこのプロジェクトに理想的であることは彼女にとって明らかだった。しかし、このような考えの倫理的、道徳的な意味合いから、彼女はこのことを考えるために余分な時間を取ることを余儀なくされた。この日に彼女の日記に描かれたイラストは、オリオン計画の次世代に適した様々な人間の増強についての彼女の考察を概説していた。 ちょうど一週間後の2月23日、マモールのヘブンアークロジーで核テロ攻撃が行われ、200万人が死亡し、さらに数百万人が放射性降下物によって死ぬと予想されているというニュースをハルゼイは読みました。自由解放党が犯行声明を出していると報告され、このことを知ったとき、ハルジーは、アウターコロニーの暴力がさらにエスカレートするのを止めなければならないと、すでに持っていた以上に確信するようになりました。

スパルタンIIの養成編集

スパルタンII候補者の調査を行っていたとき、ジェイコヴ・キースと行動を共にした。その後2525年にミランダキースを出産するが、僅か6年後に子供を引き上げた。

2517年にスパルタンII生みの親となる。彼女は150人の候補者を選定したがONIはその半分、75名のスパルタンを養成することが可能な予算を提供した。75人を選定するためにキースと共に行動した。彼女らが接触した子供の一人がジョンであった。

スパルタン候補とされた子供たちは密かにクローンと入れ替えられる形でリーチへ連れて行かれた。クローンたちは病気などによって早期に死亡した。

フランクリン・メンデス曹長やデジャの支援を受けてスパルタンを養成した。

コヴナント戦争時代編集

2525年のコヴナントとの初遭遇の後、ハーベストの戦闘に関する情報を得る為にアクセスした。

2544年、コヴナント第3艦隊に襲撃され、誘拐された。UNSC側はスパルタンII5名の部隊を派遣し、2名を犠牲にしてハルゼイを救出した。

2552年8月にリーチ襲撃され、ガラス化された後もONIの地下施設にてスパルタン部隊と共に立てこもり抵抗し続けていた。 Halo事件の生き残りがリーチに襲撃をかけたとき、生き残っていたほかの生存者と共に救助される。

2552年10月に惑星オニキスコヴナント軍の襲撃を受けた際、カートら救援部隊と共にオニキスに向かい、生存者らと合流する。しかし救援艦隊が無残にも惨敗し、1隻を除き全滅した上にコヴナント艦隊の大群が現れ、オニキスに大軍を派遣させたことを受けてシールド界に逃げ込んだ。

戦後時代とレクイエムの戦闘編集

2558年、インフィニティに囚人として移送されたハルゼイは艦に運ばれたフォアランナーアーティファクトの調査を行っていた。その時に不明な場所から送信された通信を秘密裏に行っていたが、通信相手は敵のサンヘイリのリーダーであったが為に艦長命令でスパルタンに拘束された。

拘束後、彼女の力でAIローランドのシステムを一時的に解除させ支配下に置き、牢獄から出てUNSCが隠すフォアランナーのデータにアクセスしムダマと接触を図るがローランドの報復を受けて海兵隊に再び拘束された。艦長からコールドスリープに入れるよう指示が出されたが直後にインフィニティがコヴナント、プロメシアンの襲撃を受けそれ所ではなくなった。 侵入者がほぼ海兵隊とスパルタンによって鎮圧された頃、艦橋にてプロメシアンナイトに襲われてレクイエムに連れ去られた。

レクイエムでムダマの前に連行され、グラスマンの作業引継ぎを命じられるが直に終わらせ、ライブラリアンと会うためにポータルに突入する。 その頃インフィニティでは元S-019 セリン・オズマン提督によってラスキー大佐に対してキャサリン・エリザベス・ハルゼイ博士の排除を正式に命じられた。

ポータル内部でライブラリアンとであった彼女はヤヌスの鍵を渡される。人類の為に10万年の間眠っていた役に立つ物資などの位置情報が分かる事になっていた。ライブラリアンはコヴナントには渡せないと言っていたが、待ち構えていたムダマに鍵の片方を奪い取られてしまう。 その直後、博士救出の命を受けたマジェスティックと博士排除を目的に侵攻してきたパーマー達に襲撃され、パーマーの放った銃弾が直撃し、負傷する。襲撃された隙を突いて博士はマジェスティック中隊のソーンに片方の鍵を投げ渡す。

ハルゼイはムダマに抱えられ、そのままプロメシアンの手によってコヴナントが押さえている区域に再び連れ去られる。 意識を失ったままのハルゼイはムダマ配下の兵士によってレクイエムから連れ出され、そのままコヴナント軍に誘拐されてしまうのであった。 彼女は生き延びたが片腕を失った上、あの時対峙したスパルタン部隊が自身の命を亡き者にしようとしていたと思い込んだハルゼイは、UNSCに対する復讐を求めてジュールムダマの支援に当たる事となってしまう。


戦争後の人生編集

彼女は2589年に惑星リーチ再入植が始まったとき同地に訪れ、スパルタン-B312への賛辞を述べた。


人格 編集

彼女はスパルタン計画の自身の罪を冠しているが、スパルタンたちからの忠誠や尊敬は厚い。スパルタンたちに対する気遣いは行っている。彼女はクラシック音楽を好んでおり、しばしAIに命じて音楽を再生させたりしていた。

罪悪感編集

彼女はスパルタンII計画対象者として選ばれた子供たちの生活を、人生を滅茶苦茶にしたことに対して強い罪悪感を抱いていた。コルタナを作り、スパルタンたちをサポートさせた。彼女たちの支援によって名声を得たが、失われたスパルタン一人一人に対して責任を感じている。必要な犠牲と割り切ることができなかった。彼女はスパルタンに対し大いなる敬意を持っていた。

戦後UNSCに逮捕された際、自分自身が負い目に感じている罪のために何の抵抗もしなかった。 Halo 4最初のムービーで彼女はスパルタンII計画に対する罪悪感を述べたが、それと共に人類の次のステップとして見ていることが明らかとなった。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。