Halopedia
Advertisement

35#.png35#.png35#.png

コンバットナイフ

Close Quarters Combat Weapon System, 又はコンバットナイフとして知られる武器は国連宇宙司令部の兵士達が用いる、近接戦闘用武器の一つである。

概要[]

multi-purpose combat knifeは長さは20センチメーター(7.9 インチ) でブレードは高炭素鋼製の耐腐食性コーティングが為されている。ナイフ部分も含めると43.3センチメーター(1.42フィート)である。UNSC軍兵士による、近接戦闘用に使用される。[1]

歴史[]

ナイフは人類史で初めて戦争が始まった時以来以降第一次世界大戦から第二次世界大戦、更に2553年まで使い続けられている。UNSCでは簡単に使用できる武器の開発がおこなわれ、全軍に配給されている。

外観[]

O.D.S.TやCQBアーマーには常備されている。だが、作中で利用はできない。Haloの各ゲームでは難易度ごとの表記に盾とナイフが存在したりする。

ギャラリー[]

[]

  1. Halo: The Fall of Reach, Spartan Mission to capture Watts

外部リンク[]

Advertisement