Fandom


リチャード・ラッシュ
Biographical information
Physical description
Rank

中佐

Species

人類

Gender

男性

Weapons

M6拳銃

Vehicles

UNSC ダスク

Eye color

茶色

Chronological and political information
Era(s)

コヴナント戦争

Affiliation

UNSC 海軍

  [Source]

リチャード・ラッシュ中佐UNSC海軍将校の一人で、2540年代の戦時中に活躍した。また、コヴナント内戦を目撃した一人である。

伝記編集

初期の経歴編集

彼はUNSC プラウラー戦隊2545年頃に属していた。彼は、2552年に電子戦闘艦 ダスクに乗艦する。[1]

ラッシュの父親は軍人の一人であり、クラデルに乗艦していたが、2552年7月17日に戦闘に参加して死亡した。ラッシュは、父親が英雄として死にたかったということを前々から聞いており、これを聞いて喜んだという。彼の親が死ぬチャンスが与えられたのだ、と知っての喜びであった。[2]

地球の戦いコヴナント内戦編集

地球の戦い直前にイグレシアス 大佐が負傷し、地球で治療を受けている間にUNSC ダスクの指揮を執った。

ラッシュ率いるダスクUNSC In Amber Clad(悔恨の預言者が乗るアサルト・キャリアーを追撃していた。後にインストレーション05に向かう)を追って、スリップスペースに入り、インストレーション05に到着する。そこで彼らは内戦が起きていることを知り、ハイチャリティ防衛艦隊が同士討ちを繰り広げている光景を目の当たりとする。[3] ラッシュはこの一件の生存者として地球 に戻り、コヴナント内部で内乱が起こったことを知らせた。[4]

オニキスの戦い編集

ラッシュは、報告の後にダスクオニキスへ向かわせる。UNSC スターリングラード戦闘群に同行するように命令があったためだ。[5]だが、スターリングラード'戦闘群はオニキス軌道上にてコヴナントと交戦状態となり、ダスクを除く全艦が破壊された。[6] ラッシュは、オニキスの戦いの後に脱出し、ダスクの要員と共に生き残った。[7]

ソース 編集

  1. Halo:オニキスの亡霊185ページ
  2. Halo:オニキスの亡霊186ページ
  3. Halo:オニキスの亡霊189ページ
  4. Halo:オニキスの亡霊289ページ
  5. Halo:オニキスの亡霊 287ページ
  6. Halo:オニキスの亡霊 333ページ
  7. Halo:オニキスの亡霊378ページ
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。