Fandom


Déjà とはかつてReachにあるthe CASTLE BaseやReach Naval Academy facilitiesでスパルタン達の初期トレーニングを行っていた"おマヌケな" AIである。彼女はスパルタン訓練プログラムの中で戦略的思考に関するトレーニングを行っていた。また歴史や数学、一般教養などの教育も担当した。 彼女のレッスンの具体的な内容としては、狼の群れがどのようにしてヘラジカを捕らえるかといった事[1]や、テルモピュライの戦い の戦いを例に挙げ、250万人のペルシア人に対して300人のスパルタンで如何に対抗するか[2]、等がある。

スパルタン訓練プログラムの教官としては彼女の他にフランクリン・メンデス曹長がおり、彼は主に兵士としての身体をつくるための体力訓練を担当していた。そこにキャサリン・ハルゼイ博士によるスパルタン達への身体増強手術が加わる。

Déjà はスパルタン訓練プログラムの教官としての他にキャサリン・ハルゼイ博士がプログラムの進行を考える上での相談相手としての役割もあった。 スパルタン訓練プログラムの開始時にハルゼイ博士に対してスパルタン達になんと呼びかけるべきかをアドバイスしたのは彼女である。スパルタン達への身体増強手術の際、ハルゼイ博士は良心の呵責からゾーレン-066に手術参加の意思を問う場面があるが、この際にもDéjàに相談を持ちかけている。


彼女がなぜ現在"おマヌケな" AIとなってしまったのかは謎である。Déjàは 2552年にReachのCASTLE Baseにいたため、その時のコヴナントの攻撃によるダメージが原因ではないかと考えられる。

Déjàはギリシャ風のローブを身にまとい、古代の女神を思わせるような風貌をとっていた。

情報源 編集

  1. Halo: The Fall of Reach, page 39
  2. Halo: The Fall of Reach, page 47
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。