Fandom


"I submit that we've done all we could reasonably be expected to do, that the longer we delay the harsher the Covenant will be. It makes sense to surrender now."
"I didn't know, sir, honest I didn't. They told me---"
—Ensign Ellen Dowski

Ensign Ellen Dowski (エレン・ドワスキー3等海尉)はUNSC Navy所属の下級士官。彼女は脱出ポッドのパイロットとして、UNSC Pillar of Autumn に配属されていた[1]

経歴[1]編集

Installation 04への着陸の後、彼女は四六時中降伏と投降を提案し、キースと他のブリッジクルーを困らせた。そのためシン航兵が彼女を殺すと脅す一方で、キースは彼女の考えがウィルキンス伍長 や彼の部下に伝染しないかと案じていた。口論の末、キースはついにあきらめ、ドワスキーの主張を「真剣」に受け止た。彼は彼女を縛り上げ、コブナントが見つけしだい捕虜にとれるようしにしたのである[2]

その後彼女はエリートとグラントの部隊に捕えられ、情報を漏らすとともに、コブナントがキース達を追い詰めると指揮官(キース)が誰であるかを教えてしまう。そうすることで彼女は自分の正しさを証明し、他のクルーとともに捕虜になろうとした。しかし、エリートはキースを除くグループ全員を首尾よく処刑し始める。ドワスキーはこれにショックを受け、エリートに抗議しようとしたが、彼女のM6Dで額を打ち抜かれた[3]

Related Articles[2]編集

Sources[3]編集

  1. Halo: The Flood
  2. Halo: The Flood, page 73-75
  3. Halo: The Flood, page 87-88
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。