Fandom


エメラルド・コーヴ
天体の概要
名称

エメラルド・コーヴ

種族

人類

政府

UNSC/UEG

テクノロジーレベル

第3層

  [Source]

エメラルド・コーヴUNSCコロニーの一つ。

Spartan-II計画の対象者達がCPO フランクリン・メンデスの指揮下で水中訓練に臨んだ。メンデスはスパルタン達の空気タンクの量を半減したが、その仕返しと言わんばかりにアントンがメンデスからタンクを奪った。"彼とは何の関係も無く篝火で1週間島に張り込んだ。蛤を焼いて食べ、サーフィンを楽しんだ。"スパルタン達にとって全て共有された楽しい一時を過ごしたようである。[1] コジョー・アグはこのコロニーで入隊した。[2]ミッチェル・シュリー・サリヴァン候補生はこの星で生まれ育った。

2542年にUNSCはエメラルド・コーヴを放棄した。コヴナントの侵攻に晒される危険性が高かった。この惑星で民間人の退避やそれを阻止するコヴナントとの戦闘があったかについては全く知られていないが、恐らくガラス化されただろう。 しかし、そうだとしてもこの星には人類の存在が無かった以上、完全に破壊したかどうかについては疑問が残る。[1]

惑星状で知られている都市、土地 編集

情報源編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。