Fandom



"何物かが接近中 船体は識別不可能です!"
本稿は完全では在りません。もし新たな情報を入手したら更新をお願いします。

"Emile. Noble Four. Is he bold enough? Without question. But we need courage and patience on an equal measure. We may require a more... delicate approach."
Dr. Catherine Halsey[1]

エミール-A239UNSC陸軍第3特殊作戦群に属するスパルタン-IIIだ。彼はリーチの戦いの際、ノーブル・チームに所属しており、彼のコールサインはノーブル4であった。[1][2]

要約編集

エミールは2523年にエリダヌスIIルクソールにて誕生した。わずか7年後の2530年にエリダヌスIIはコヴナントの侵略を受け破壊された。彼は脱出するも両親を失った。 その後、軍によってスパルタン-IIIアルファ中隊の一員とするべく徴兵され、カート・アンブローズ中尉とフランクリン・メンデス曹長の下で訓練を受けた。

2537年、プロメティウス作戦の開始前にアルファ中隊から転属となる。[3] その後、彼はノーブル・チームに配属され最後の戦場であるリーチで戦った。[2]

最期編集

"俺は準備万端だ!どうする?!(日本語版「次はどいつだ!」)"
—エミールの最後の言葉[4]

エミールとノーブル6はUNSC ピラー オブ オータムが停泊中のドライドックにたどり着く。そこでキースが乗るペリカンの着陸地点であるパッドの確保のためエミールはドッグに取り付けられたマスドライバーの操作を引き受け飛来するバンシーやファントムの破壊に従事、シックスにパッケージの輸送と惑星外への脱出を任せる。 激戦の末キース艦長と面会した彼らは歓迎を受け、エミールはマスドライバー砲台を使い、接近中の敵艦を排除するよう依頼される。だが、直後にファントムがマスドライバー上空に飛来、何名かのエリートを降ろしていった。そしてそれがエミールの最期となる。彼がいるマスドライバーに襲いかかった2名のエリートの内最初の1名はショットガンで射殺するが、もう1名が背後から現れType-1 Energy Weapon/Swordで突き刺した。これが致命傷となったが、彼は構わず突き刺したエリートもろとも床に落下しナイフでとどめを刺して絶命した。

ソース編集

  1. 1.0 1.1 Halo: Reach ViDoc: A Spartan Will Rise
  2. 2.0 2.1 Bungie.net - Emile's performance report
  3. Bungie.net: Communique from Kurt to Mendez
  4. Halo: Reach cutscene.
SPARTAN-III ノーブル隊
カーター-A259 | キャット-B320 | ジョージ-052 | エミール-A239 | ジュン-A266 | ノーブル6 | トム-293
知られているスパルタン-III兵士
アルファ中隊 ジェーンロバートシェーン
ベータ中隊 アダムルーシーミントム
ガンマ中隊 ホリー • アッシュ • ダンテ • マーク • オリビア
ヘッドハンター ヨナ • ローランド
ノーブル隊 エミールカータージュンキャットローンウルフトム
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。