Fandom


エリダヌスII
天体の概要
名称

エリダヌスII

位置

エリダヌス星系第2惑星

衛星

Ehilend

重力

1.01 G

大気

1気圧 (N2, O2)

地表温度

-18°C~38°C

個体数

恐らく500万

種族

人類

社会構造

UNSCコロニー

政府

UNSC/UEG

テクノロジーレベル

第3階層

  [Source]


エリダヌス IIエリダヌス星系の惑星の一つで、UEGコロニーの一つであった。

背景編集

エリダヌスIIは、UNSCのコロニーの一つで、アウター・コロニーに属する。ルクソール宇宙港が整備されていた。2517年にエリュシオン シティにてジョン-117が極秘裏に拉致され、SPARTAN-II program候補者としてリーチへ送られた。この惑星は比較的大気汚染も少なく、過ごしやすい気候であったといわれている。惑星の天候は制御されていたという。[1]

2494年にエリダヌス反乱軍が内乱を引き起こす。これに対してUNSC軍は2511年に20隻以上の駆逐艦空母を星系に派遣した。ロバート・ワッツ大佐は鎮圧作戦中の2513年、エリダヌス星系の文民政権を崩壊させる。彼はUNSC軍の鎮圧作戦で死亡したはずであったが、彼は生き延び、エリダヌス・セクンドゥスに脱出し、指導を続けた。

2525年までにUNSC軍は反乱軍の拠点を完全に壊滅させるべく駆逐艦UNSC パイオニアと貨物船ラデンを派遣した。艦にはスパルタンIIとなったジョンー117らが同乗していた。スパルタンらには初の公式任務"ワッツ大佐の身柄確保"が出されており、その任務遂行がスパルタン部隊がこの星系に来た最大の目的であった。

この惑星は2530年にコヴナントに攻撃される。UNSCは惑星防衛に失敗し、ガラス化されてしまう。[2]

知られた住民編集

情報源編集

  1. Halo: The Fall of Reach, page 22
  2. Halo: First Strike, page 240

リンク編集

内部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。