Fandom


CP armor The MJOLNIR Mk. IV variant used by members of Gray Team
グレイチーム
Active

2551

Allegiance

UNSC

Branch

UNSC海軍

Role

To perform commando operations behind enemy lines, including sabotaging enemy organizations and retrieving navigation data.

Size

3名のSPARTAN-IIs

{{{equipment_label}}}
Battles

Battle of the Rubble
Battle of Metisette

Commanders

Jai-006

"And what ever happened to Gray Team on a mission far outside the confines of UNSC space, now missing for over a year?"
—フレデリック-104が、Halo:Ghosts of Onyxにて。[1]

グレイチームは、UNSC海軍特殊作戦軍に所属するSPARTAN-IIで構成された部隊の一つである。隊長はJai-006、隊員はAdriana-111およびMikeの2名だ。この部隊は最小限の命令と支援を以って、長時間の独立した作戦行動が可能なように訓練されていた。彼らはその部隊名が示すように、灰色のMJOLNIRアーマーMark IVを着用していた。

背景編集

スパルタングレイチームは、訓練中に最も「扱いが難しい」と判断された3名のスパルタン-IIで構成された部隊だ。これはこの3名のスパルタンが教化に対する抵抗を示し、訓練からの脱走を度々繰り返した事などが原因だ。彼らは高価な訓練機材を破壊するなどの問題行為も引き起こしており、これにより少なくとも一機のペリカン降下艇が失われている。 その結果、彼らは他のスパルタンとは独立した部隊として編成され、独自の活動を行えるように訓練されることとなった。

そのような成立経緯の影響か、グレイチームでは他のSPARTAN-IIと比較しても個々の思考力や行動力といった能力を重視した訓練が行われていた。これは彼らを敵地深くでの後方撹乱や破壊工作など、隠密性を求められる少数での特殊任務に従事させ、そして生き残らせる為に行われた。

History編集

コヴナント戦争の開戦後、UNSCはコヴナントの侵攻を遅らせる為にコール議定書を制定した。その一方、しかしUNSCと敵対していた反乱軍の拠点の幾つかはコヴナントによる侵攻を受けず、また彼らにはコール議定書を尊重するべき義務も無かった。2535年、グレイチームは不審な動きのある反乱軍(彼らはコヴナント製のプラズマ火器を大量に所持しており、人類拠点の位置情報をコヴナントと取引していた可能性があった)の艦船に進入、彼らの保有するナビゲーションデータを破壊する任務に派遣される。これはルーブル攻防戦へと繋がっていく。グレイチームはジェイコブ・キース中尉の指揮の下ルーブルに展開、Battle of Metisetteを通じて近隣のコヴナントの大半は撃破された。 戦闘後、グレイチームはUNSC ミッドサマー ナイトの支援を受けてUNSCの支配圏へと帰還する。帰還後、彼らにはそれまで使用していた貨物船ペチャの代わりに新しくONI プラウラーと、敵前線の後方へと浸透して各種の工作を行うという任務が与えられた。グレイチームの面々はこれを喜んで受け入れた。

西暦2551に惑星リーチがコヴナントに侵略された際、グレイチームはこの戦いに参加していなかった。彼らはこの時、一年以上の長きに渡り敵地への潜入任務を行っており、リーチへの早急な帰還が困難であるとして、呼び戻される事は無かったのである。[2] 故にグレイチームはリーチ陥落時に戦闘に参加していなかった数少ないスパルタン部隊であり、その為彼らはMark V MJORNIRアーマーを受領・装備していない。[3][4]

グレイチームの隊員編集

Trivia編集

  • One of the Spartans in Gray Team uses a left shoulder armor variant similar to the OPERATOR permutation availible in Halo: Reach.

Sources編集

  1. Halo: Ghosts of Onyx, page 221
  2. Halo: Ghosts of Onyx, page ??
  3. Halo: The Fall of Reach, page 240
  4. Halo: The Cole Protocol, page ??

テンプレート:Spartanteams

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。