Fandom


Halo: Cryptum
Cryptum - Cover
Author(s)
Publisher
Date Released
Length
352 pages
Availability
Hardcover/Paperback
ISBN
ISBN
Product Dimensions
8.3 x 5.6 x 1.3 inches
21.1 x 14.2 x 3.3 cm
Shipping Weight
14.4 ounces
Price Listing
$24.99 USA
$24.88 Canada
£15.43 UK-flag

[{{{Amazon.com}}} この本をAmazon.comで探す]

[{{{Amazon.co.jp}}} この本をAmazon..co.jpで探す]

[{{{tanomi.com}}} tanomi.comで出版を依頼する]

[{{{website}}} Website]

Cquote1 10万年前、銀河には多数の生物が生息していた。
しかし一つの種族が、他を遥かに凌ぐテクノロジーと知識を持って覇権を握る。
彼らは平和に統治していたが、俊敏かつ獰猛な手強い抵抗に遭う。
彼らはフォアランナー—マントルの信奉者、宇宙の Living Timeにおける生命の次の段階—であった。
そして彼らは消滅した。
これは彼らの物語である。
Cquote2

Halo: Cryptum(ヘイロー:クリプタム)はGreg BearによるThe Forerunner Saga の最初の小説。 フォアランナー の社会や歴史における人類との関わりが探求される。ストーリーはボーンステラー・メイクス・エターナル・ラスティングというフォアランナーの若者の視点で語られ[1][2]、太古のプロメシアン指揮官であるダイダクトや、チャカスライザーという二人の人間との冒険を描写する。

Halo: Cryptum2011年1月4日発売。[3] 続編のHalo: Primordium2012年1月3日に発売された。[4]

あらすじ編集

 フォアランナーの若者(Manipular)、 ボーンステラー・メイクス・エターナル・ラスティング父親にならってビルダー(建築階級)となることに反抗していた。そのため父親は修養となることを期待して、彼をビルダーより一つ低い階級であるマイナー(資源採掘階級)の義理家族のもとに送る。太陽系Edom(火星)でマイナー達としばらく暮らした後、ボーンステラー・メイクス・エターナル・ラスティングは彼に割り当てられたアンシラ(AI)の話に触発され、プリカーサー(フォアランナー文明以前に大きな力をもった存在)が残した遺物を探したいと思い始める。

 3年後、ボーンステラーは人類の太古の故郷であり最後の保護区であるErde-Tyrene(地球)へ逃げ出す。人類の古代宇宙航行文明人類・フォアランナー戦争に敗れた後、罰として退化させられ故郷の地球へ追いやられた。その後Erde-Tyrene(地球)はライフシェイパーであるライブラリアンの管理下に置かれ、彼女の手引きでいくつかのコミュニティは復興した。Erde-Tyreneにてボーンステラーは2人の人間、チャカスライザーと出会い、彼らの案内でプリカーサーのアーティファクトを探す。ジャモンキン・クレーターにて、彼らは古代のウォー・スフィンクスに守られたクリプタム を発見する。クリプタムとはプロメシアンによって造られた球体状の物体で、フォアランナーの上級戦士が中で悠久の眠りと瞑想を自らに課すためのものだ。

ボーンステラーは、 クリプタムのアンロック方法である暗号が二人の人間の本能にプログラムされていたことに驚く。クリプタムが開くと、中には大昔の軍指導者であるダイダクトがおり、千年余りの冬眠から目覚めさせられる。ダイダクトの復活から数日後、フォアランナーの艦隊が付近に到着した。カモフラージュによってクレーターの中心部は隠れていたにも関わらず、彼らは明らかにダイダクトの存在を認識していた。ダイダクトは彼らが助けを求めにやってきたことに気付くが、何に関しての助けであるかボーンステラーにはわからなかった。ダイダクトはボーンステラーと人間たちによる訪問と自身の覚醒は、彼の妻であるライブラリアンによって仕組まれたより大きな計画の一部であると推測する。彼はクレーターの中央に植えられていたデザインシード(現地資源を利用して図面通りのハードウェアを組み立てるフォアランナー・テクノロジー)から造られたで逃亡することに決め、ボーンステラーと人間、そして彼のウォー・スフィンクスを船に乗せた。

彼らはスリップスペースジャンプし、遠くの星系にある昔プリカーサーが支配していたチャラム・ハッコーという惑星へ向かう。そこで彼らはプリカーサーの建造物が全て破壊されており、かつて惑星で囚われていた謎の存在がどこにもいないことに気づく。ダイダクトはこれを大いに心配する。更なるスキャンで、惑星ファウン・ハッコーも含めて星系中の神経学的に複雑な生き物が数十年前に絶滅したことが判明した。

しばらくすると、彼らは人類のかつての同盟であるサン・シュームがフォアランナーとの戦争後隔離されていた星系を旅する。サン・シュームの長老たちと会い、ライブラリアンが人間に埋め込んだ祖先の記憶を作動させるためである。隔離システムにアクセスするため彼らはコンファーマーと会う。彼はかつてダイダクトと共に仕えたプロメシアンで、今はサン・シュームの監督を任されていた。到着前、ボーンステラーは生涯初のミュテーション(変態)を経験し、Manipularから第一形態となり、ダイダクトの遺伝的特徴を得た。フォートレス級艦ディープ・リバレンスでコンファーマーと会った後、彼らはサン・シュームの故郷であるジャンジャー・クオムへ向かう。

ジャンジャー・クオムに近づくにつれて、彼らはダイダクトの政敵マスター・ビルダーが仕掛けた罠に踏み入ったことが明らかになる。惑星は廃墟となっておりフォアランナーの船やマシーン兵器が群がっていた。サン・シュームが反乱を試み、いま武力で制圧されているのであった。ダイダクトの船は即座により優れたフォアランナー戦艦に捕まり解体させられ、乗員はマスタービルダーの船へ連れていかれた。この出来事の直前、ボーンステラーはヘイロー・リングがサン・シュームの惑星上空に移動するのを目撃した。そしてボーンステラーはマスター・ビルダーに尋問されるが、ほとんど答えられなかった。苛立ったマスター・ビルダーはボーンステラーを家族の元に帰し、ダイダクトと二人の人間は捕らえ続けることにした。

ボーンステラーは家族がいるオリオン座分子雲に送られた。彼の故郷でフォアランナーの歴史を学び、ウォーリアー・サーヴァント(戦士階級)の役割を縮小しより勢力を得ようというマスタービルダーの計画を発見する。このプランは人類-フォアランナー戦争の終結から動き出しており、ウォーリアー階級エキュメン評議会から取り除くことと、他の全ての兵器を時代遅れにするビルダーの兵器:ヘイローが関わっていた。また時間の経過とともに、ボーンステラーはミュテーションの結果手に入れたダイダクトの記憶と意識が、彼の中でより存在を強めていることに気づく。ダイダクトは彼の精神の中で時々コメントや観察を述べたりした。

ある日家族の広大な邸宅を散策していたボーンステラーは、父親と別のビルダーのこそこそ話を聞く。それによるとマスター・ビルダーはサン・シュームの反乱に対する罰として、ジャンジャー・クオムでヘイローを起動した。評議会はヘイローを最後の手段と考え、この使用に賛成しなかった。父親たちはチャラム・ハッコー付近で試射された現在行方不明のヘイローについて話す。事態を更に複雑にしているのは、強力なメターク級アンシラがヘイローとともに行方不明になっていることだ。翌日ボーンステラーは内なるダイダクトからのメッセージを持って家族と対峙する。彼は自分が行方不明のヘイローを知っており、それがチャラム・ハッコーに囚われていた生物を解放したのだと明らかにした。ヘイローのデザイナーである父親は最初話すのに消極的であったが、マントルへの違反で裁判にかけられるマスター・ビルダーに対して証言するため、ボーンステラーがフォアランナーの首都へ来るよう要請されていると明かした。

評議会の船シードリング・スター上で、ボーンステラーは若い第一形態の評議員スプレンディド・ダスト・オブ・エンシエント・サンズに会い、歴史データへアクセスさせてもらった。首都への旅路でボーンステラーはフラッドに関する背景を学ぶ。フラッドは1万年前に人類の努力により撃退されたが、今またフォアランナーの領域に現れ、過去300年にわたっていくつもの隣接する惑星を攻撃していた。人類との戦争後ビルダーとプロメシアンの間には千年にも及ぶ政争があり、ダイダクトはシールドワールドと呼ばれる要塞を建設しフラッドの拡散を監視・コントロールする戦略的解決策を提案した。一方、マスター・ビルダー率いるビルダーの過激派は銀河規模で生命を殺しうる超兵器のデザインを始めた。結局ビルダー派が勝利し、プロメシアンは評議会から追放され、多くは流浪の身となった。

マスター・ビルダーの裁判がフォアランナーの首都で始まる。首都は巨大な建造物で、軌道上には現在11個のヘイローがあった。裁判の途中コンテンダー級AIメンディカント・バイアスが、行方不明だった12番目のヘイローとともに現れ首都に侵攻する。メンディカント・バイアスは他の5つのリングもコントロールし、首都星系の生物を根絶やしにしようとした。内なるダイダクトの知識とグローリー・オブ・ア・ファー・ドーンというウォーリアー・サーヴァントの助けで、ボーンステラーとスプレンディド・ダスト・オブ・エンシエント・サンズは首都の混沌とした戦闘を避け、脱出ポッドスリップスペース・ポータルへと脱出した。

ポータルはアークというヘイローの建設とライブラリアンの任務の拠点へと通じていた。この時点でボーンステラーは自分が元の自身からより一層乖離していき、ダイダクトの人格が強くなっていることに気づいた。スプレンディド・ダスト・オブ・エンシエント・サンズはボーンステラーの中のダイダクトに行方不明だったヘイローとメンディカント・バイアスについて質問する。AIとリングが一時消失したのには、かつて惑星に囚われた生物が関わっているようだ。しばらく宇宙空間を漂流した後、かれらはライフワーカーに救助され必要な医療的ケアを受けた。

ボーンステラーが回復すると、ライブラリアンとの面会が組まれた。驚いたことにライフワーカーとライブラリアンが彼をダイダクトの分身として扱った。ジャンジャー・クオムで、ダイダクトはコンテンダー級AIの制御方法やシールドワールドの位置に関する情報をマスタービルダーに開示することを拒んだ。その結果ダイダクトは知りうる限り処刑され、ボーンステラーの中に埋め込まれた意識が今なお残るダイダクトの全てだった。

ダイダクトとライブラリアンはアークで共に時間を過ごし、ライブラリアンが銀河中から集めた生物種を点検した。フラッドの再発により、ダイダクトは再びフォアランナー軍隊の指揮官を務めることになり、シールドワールドと彼が数千年前に計画した防衛策を再準備した。フォアランナー政府や残りのヘイロー・リングの状況は全くわからない。ダイダクトはまたチャカスとライザーの安否を気にかける。もしマスター・ビルダーが彼らの価値(フラッド撃退についての答えが含まれる遺伝的記憶)に気づいたのなら生かされているかもしれないと推測する。いまダイダクトはメンディカント・バイアスにコントロールされた失われたヘイロー・リングとチャラム・ハッコーに囚われた生物を見つけようとしている。最後にダイダクトは囚われた生物が数千年前に、彼が意思疎通を試みたさい言ったことを思い出す:その生物は自分が最後のプリカーサーであり、フォアランナーは彼らが数百万年前に創ったのだと明かした。その後フォアランナーは創造主たちを容赦なく破壊したという。最後にその生物は、自分達の答えは手元にあると不気味に述べたのだった。

登場人物編集

Forerunners編集

Humans編集

San 'Shyuum編集

Artificial intelligences編集

Precursors編集

Glossary編集

Halo Waypoint features a glossary of nouns used in Halo: Cryptum to make sure readers understand the meaning of the terms and phrases used in the novel.[5] A note at the beginning of the novel states that, like in Halo 3's terminals, many elements are modified to be intelligible to the reader, though not necessarily in English, (viz. geas, Faber, Manush). Thus, these terms and phrases should be interpreted as representative rather than literal.

Trivia編集

  • Greg Bear had stated at the Emerald City Comic Con that the novel's working title was "Antediluvian", Latin for "before the deluge." This term refers to the time between the creation of Earth and the biblical flood.
  • The cover of the novel, as well as that of Halo: Primordium, was created as concept art for Halo 4. Both images were illustrated by Nicolas "Sparth" Bouvier.[6]
  • A preview of the novel containing the first two chapters was released online on December 22, 2010.[2]

Gallery編集

Sources編集

  1. YouTube: SDCC: Halo Universe Panel Part 4
  2. 2.0 2.1 Tor.comHalo: Cryptum chapter one excerpt
  3. Halo Waypoint: Science fiction legend Greg Bear set to explore the time of the Forerunners
  4. Halo Waypoint - Tor Books Reveals Title, Cover Art, and Release Date of Second Halo Novel by Greg Bear
  5. Halo Waypoint: Halo: Cryptum glossary
  6. Halo Fest 2011 - Halo 4 Discussion Part 1
Haloに関する書籍
小説 ファール・オブ・リーチザ・フラッドファースト・ストライク
オニキスの亡霊コンタクト・ハーベストコール議定書
コレクション Halo:エボリューションフォアランナー・トリオロジー
言及 アート・オブ・ヘイローアート・オブ・ヘイロー3ヘイロー百科事典
公式攻略ガイドブック Halo:コンバット・エボルヴヘイロー2ヘイロー3ヘイロー・ウォーズヘイロー3 ODST
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。