Fandom


Halo: Mortal Dictata
Halo-Mortal-Dictata
Author(s)
Publisher
Date Released
January 21, 2014
Length
496 pages[1]
Availability
{{{Availability}}}
ISBN
ISBN
Product Dimensions
{{{Product Dimensions}}}
Shipping Weight
{{{Shipping Weight}}}
Price Listing
{{{US Price}}} USA
{{{Can Price}}} Canada
{{{UK Price}}} UK-flag

[{{{Amazon.com}}} この本をAmazon.comで探す]

[{{{Amazon.co.jp}}} この本をAmazon..co.jpで探す]

[{{{tanomi.com}}} tanomi.comで出版を依頼する]

[{{{website}}} Website]

Halo: Mortal Dictataカレン・トラヴィスによるキロ・ファイブトリロジーの最終巻で、Halo: The Thursday Warの続き。2014年1月21日に発売された。[2][3]

Official summary編集

Cquote1 戦争は終わる。しかし憎しみ、罪悪、献身は墓を超えて残る。

コヴナント戦争が終わり、海軍情報局は昔ながらの不満が地球を脅かすのに直面する。 30年間棚上げになっていた反乱からの恨みを晴らさんとする、怒りに満ちた植民惑星は今正義を求めている — スパルタン-II計画のためにを拉致され、ONIに人生を引き裂かれたもである。工作部隊キロ・ファイブは、仲間の父親がまだ彼女の失踪の真実を捜しており、答えを得るために地球の都市をガラス化しようとしているなか、忠誠を限界まで試される。キロ・ファイブは彼を止めるためにどこまでやるのか?そして彼は真実を知ったときそれとともに生きれるのか?痛ましい答えは遥か昔に死んだ男、そして思いもよらぬ道の場所に未だに残る良心にあった。[4]

Cquote2

Plot synopsis編集

2517年、当時普通の父親だったスタファン・センツクの娘のナオミが時間通りに学校から帰宅しなかった。スパルタン-Ⅱ計画のためにONIの回収チームに拉致されたナオミは、予想に反して目を覚まし一時的に逃げ出す。しかし最終的に捕まり彼女の代わりにフラッシュクローンが残された。十数時間の捜索の後、ナオミは隣町で見つかったという。しかしスタファンはこのナオミが本当に自分の娘なのか疑問を抱き始める。そしてこの子供の病死とそれに続くの自殺の後、彼はナオミの失踪の真実を明らかにすることに身を奉げるようになる。

現代の2553年4月、キロ・ファイブのマル・ゲフィンヴァズ・ベロイヴェネツィアに派遣された。彼らはUNSC脱走兵に扮して地元の民兵に潜入し、スタファン・センツクが入手しようとしているコヴナント巡洋戦艦パイオス・インクィジターを見つけようとした。センツクは数十年前の娘の失踪についての答えを権力機関から聞き出すために、地球をその船でガラス化すると脅そうとしていた。パイオス・インクイジターはサーヴァンツ・オブ・アバイディング・トゥルース(留まる真実の僕)というサンヘイリの反乱派閥から、サヴ・フェルというキグヤーによって盗まれていた。アバイディング・トゥルースのリーダーであるアヴ・メッド・テルカムチョル・ヴォンというキグヤーのシップミストレス(女艦長)を雇い、船を奪い返すために位置特定を依頼する。しかしヴォンには別の計画があった;彼女はキグヤーにしては変わった思想を持っており、コヴナントが崩壊した今統一されたキグヤー海軍をつくるために船を手に入れようとしていた。

パイオス・インクイジターをセンツクに売ろうとするサヴ・フェルは巡洋戦艦の腹面ビームの破壊力を実演し、シャップスⅢフォアランナー遺跡を破壊する。船に乗っていたフラゴクサムタイムズ・シンクスはフォアランナーの遺物は保護するようプログラムされているのと性格が不安定なため、これに恐怖するとともに激怒した。センツクがキグヤーに遺跡から離れたところでの試射を説得したことで、サムタイムズ・シンクスは彼に対してある種の忠誠心を持つようになった。センツクはパイオス・インクイジターとフラゴクを購入し、船に娘からとってナオミと名付けた。マルとヴァズはセンツクの組織に潜入した後、コヴナントの機器をいじった経験があると公言したため船を見に連れていかれる。キロ・ファイブは戻ったのち、ヴァズが設置した追跡装置を使ってヴェネツィアから遠隔でパイオス・インクイジターのコントロールを奪おうとするが、サムタイムズ・シンクスが侵入をブロックした。

チョルはフェルに雇われていたエス・モアのいとこであるハズ・モア・カから情報を聞き出し、コンスタント・サステナンス・ステーションに行く。そこでエス・モアを尋問しフェルとパイオス・インクイジターを最後にどこで見かけたかを聞く。チョルと彼女の部下たちはヴェネツィアでサヴ・フェルを誘拐し、パイオス・インクイジターの在処を吐かせようとする。フェルの失踪と先のハッキング未遂にマルとヴァズが関与していると推測したセンツクは、彼らを捕らえて拷問する。すぐにヴァズはスタファンの娘に関する情報を知っていると明かす。センツクがヴァズを安全と考えられる場所に移動して質問を続ける中、AIのブラック・ボックスはマルとヴァズのニューラル・トランスポンダーを使って彼らの位置を突き止める。ナオミがチームの新しい降下艇、Bogofでマルを反乱軍の武器庫から救出しに行く中、リエン・デベロータート・カートでヴァズの救出にいき、センツクを捕虜にした。彼らはUNSC ポート・スタンレイに戻り、スタファン・センツクはすぐに娘との再会を許可された。何十年もの真実の追求に幕を下ろされるが、スタファンはまたナオミは除隊の機会がありながら、普通の家庭生活のためにスパルタンを捨てるつもりはないと知る。

その頃チョル・ヴォン達はパイオス・インクイジターを見つけ船内に侵入した。キグヤーを信頼せずセンツクにのみ従うサムタイムズ・シンクスは船を完全なロック状態にし、センツクがあらかじめ拿捕想定時に移動するよう指定した場所に向かう。キロ・ファイブが船の位置を特定した後、センツクはサムタイムズに彼らを乗船させるよう説得する。しかしセンツクはONIは一生彼を解放しないだろうと推測し脱走を計画していた。センツクはヴァズにナオミの面倒をみるように約束させ、代わりに地球への攻撃的活動はやめると宣言した。マルとナオミはセンツク達と別の場所から船に侵入した;ブリッジへ向かう途中で、キグヤー数名と銃撃戦になる。パイオス・インクイジターを頑なに手放そうとしなかったチョル・ヴォンは最終的に船を爆発するようセットし、残りの部下とともに逃げる。キロ・ファイブが自分たちの降下艇へと逃げる中、センツクはシャトル・ベイにあったスピリットに乗るが、近くに留まっていた。命の危険があったが、ナオミが無事なのを見届けるつもりだったようだ。ヴァズはBBにセンツクが半信半疑の家族に正当性を証明できるよう彼にナオミの拉致に関するファイルを送るよう頼む;BBは従いファイルをセンツクのスピリットに送る。BBはセンツクと会話し、通常のスピリットのエンジンでは爆発に巻き込まれてしまうが、サムタイムズ・シンクスがセンツクのスピリットに小型スリップスペースドライブを密かに追加していたことに気づく。これで彼は脱出できる。しかしブラック・ボックスはもしONIが彼が生きていると知ったら彼らは決してセンツクを追うのをやめないだろうと指摘する。しかし代わりに彼は事件に関する自分の記憶を消し、キロ・ファイブがセンツクは爆発で死んだと結論付けるようにしたと言う。

パランゴスキー提督とのデブリーフィングの後、オスマンは長年見るのをためらっていた自己経歴ファイルを見て自分の家族に関する全容を知る。は薬物中毒の売春婦だった母は幼いオスマンを放棄し、唯一彼女の面倒を見てくれたのは学校の先生だった。オスマンは故郷のカスケードへ先生に会いに行き、チームはそこで休暇を取った。ポートスタンレイへ戻ったヴァズは匿名の小包を受け取った。ナオミと他の隊員が集まり中身を調べる。中にはスタファンがナオミのために作っていた人形の家の椅子と、彼がナオミの6歳の誕生日に渡そうとしていたプラネタリウム・ランプがあった。このことからキロ・ファイブはセンツクが生きていると推測したが、彼らはこのことを秘密にしておくことした。

エピローグではブラック・ボックスの基となった脳ドナーはグラハム・J・アルバンだったことが明らかになる。彼は科学者でありパランゴスキー提督の友人でもあり、スパルタン-II計画に関わった。そして自分が犯した倫理違反を理由に自殺した。

Appearances編集

Trivia編集

Mortal Dictata Cover Art

Artwork.

  • 小説のタイトルはUN Colonial Mortal Dictataへの言及である。これは医療倫理に関するいくつかの法規定である。キャサリン・ハルゼイ博士は何度かこれに違反しており、フラッシュクローンの使用がそれにあたる。[5] 以前はハルゼイの日記の中で言及されただけのDictataの内容を詳述している。
  • The cover art depicts a young Naomi-010 looking at a Mark V(B) helmet, foreshadowing her induction into the SPARTAN-II program. However, the cover art of Halo: The Thursday War and the text of Mortal Dictata indicate that her armor is blue, not gray. Both illustrations show her visor as bluish-silver, whereas Mortal Dictata describes it as reflective gold.
  • エピローグのアルバン博士の遺書は2523年3月のものとされているが、コヴナントの侵攻に言及している。コヴナントの存在は2525年まで知られていなかった。カレン・トラヴィスは彼が死んだのは2532年であったとしている。[6]
  • An online excerpt of the novel's prologue was released at Tor.com on July 17, 2013.[4] A preview consisting of the novel's first chapter and the audiobook's second chapter was released at HaloWaypoint.com on January 16, 2014.[7] The second chapter was released online at Tor.com on January 17, 2014.[8]
  • この小説は498ページありHaloの小説では一番長い。

Sources編集

  1. Halo: Mortal Dictata
  2. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「amazon」という名前の引用句に対するテキストがありません
  3. Tor.com: The Halo Kilo-Five Trilogy Will Conclude This January
  4. 4.0 4.1 Tor.com: Halo: Mortal Dictata (Excerpt)
  5. Dr. Halsey's personal journal, May 21, 2549
  6. Archive:Letter - Re:Mortal Dictata
  7. Halo Waypoint - Exclusive Halo: Mortal Dictata Prologue and Chapter One Excerpt
  8. Tor.com: Halo: Mortal Dictata (Excerpt 2)
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。