Halo: Primordium
Halo primordium cover art.jpg
Author(s)
Publisher
Date Released
January 3, 2012
Length
384 pages
Availability
ISBN
ISBN
Product Dimensions

Shipping Weight

Price Listing
$25.99 (hardcover) USA.png
 Canada.png
£14.99 UK-flag.png

[{{{Amazon.com}}} この本をAmazon.comで探す]

[{{{Amazon.co.jp}}} この本をAmazon..co.jpで探す]

[{{{tanomi.com}}} tanomi.comで出版を依頼する]

Halo: Primordiumフォアランナー・サーガの2巻目となる小説で、Halo: Cryptumの続編。2012年1月3日にオーディオ版と同時発売された。[1][2]続編のHalo: Silentiumは2013年3月19日発売。[3]

物語はHalo: Cryptum同様一人称視点で語られるが、本作の主人公は前作中にボーンステラー・メイクス・エターナル・ラスティングと行動を共にした2人の人間の内1人のチャカスである。 舞台は主に狂暴化したAIメンディカント・バイアスがコントロールするヘイローリング:インストレーション07である。メンディカント・バイアスの首都侵攻中リングに不時着したチャカスは、2人の人間ヴィネブラギャメルパーとともに、仲間のライザーを探す冒険をする。戦禍のヘイローを生き延びようとする彼らに、プリモーディアルフラッド、メンディカント・バイアスといった障害が立ちはだかる。[4]

他のフォアランナー・サーガの小説同様、物語はHalo 4とのつながりがあり、コンポーザーの導入はその一つだ。[5]


Official summary[編集 | ソースを編集]

Cquote1.png 私は何者なのか?はるか昔、私は生きた人間でした。私は狂いました。敵に仕えました。彼らは私の唯一の味方になったのです。その時から私は銀河と銀河の間にある空間を旅しました。私以前の人間が到達しえなかった範囲です。あなた方はその時代の話を訊いている。あなた方は真のリクレイマーなので、私は従わなけれななりません。記録していますか?いいでしょう。私の記憶は急速に失われているため、話を全部できないと思います。かつて私が生まれた星、Erde-Tyrene, 今は地球と呼ばれています。そこで私はチャカスという名前でした...[6] Cquote2.png


Trivia[編集 | ソースを編集]

  • プライモーディアム(primordium) とは原基のことで、臓器や組織の最初の形成段階である細胞の集合を指す。この小説の文脈では最後のプリカーサーに与えられたプライモーディアルという名前の派生形である。
  • この小説とHalo: Cryptumの表紙絵はHalo4のコンセプトアートとして描かれた。どちらもNicolas "Sparth" Bouvierによる。[7][8]
  • 本作は長年のBungie及びHaloファンで halo.bungie.orgの創設者であるClaude Erreraに奉げらている
  • A preview of the novel's first chapters was released on December 28, 2011 on Tor.com and Halo Waypoint, with the first chapter released on Tor.com and the second and third chapters as well as part of the fourth chapter on Halo Waypoint.[6]
  • オーディオ版は343ギルティ・スパークの声を担当したTim Dadaboに読み上げられている。[9]
  • Eleventh Hour reportの第4部、 "Provenance"で小説の26世紀部分の背景が補足されている。例えばUNSCサイエンスチームの船がUNSC ルビコンであるとされている。破損したモニターはONIの重度の損傷を負ったインストレーション00への探索中に見つかったもので、この小説に登場するモニターは343ギルティスパークの残骸であって他所で見つかった複製などではないことが示唆される。
  • 続編のHalo: Renegadesでスパークのライブラリアン捜索はレクイエムにあったような彼女の転写人格にたどり着いたことが判明する。しかしこれは地球のキリマンジャロ山にあった。スパークはライブラリアンにドメインにアクセスさせてもらい、友人達をGEASとして取り戻すか彼らと一緒になるためにドメインに行くことを望んでいた。またスパークがルビコンのクルーにした話はデータドロップとして放出されONIに届いていたことが判明する。スパークの生存と彼のライブラリアン捜索はONIの興味の対象となった。

情報源[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。