Fandom


Halo: Primordium
Halo primordium cover art
Author(s)
Publisher
Date Released
January 3, 2012
Length
384 pages
Availability
ISBN
ISBN
Product Dimensions

Shipping Weight

Price Listing
$25.99 (hardcover) USA
 Canada
£14.99 UK-flag

[{{{Amazon.com}}} この本をAmazon.comで探す]

[{{{Amazon.co.jp}}} この本をAmazon..co.jpで探す]

[{{{tanomi.com}}} tanomi.comで出版を依頼する]

Halo: Primordiumフォアランナー・サーガの2巻目となる小説で、Halo: Cryptumの続編。2012年1月3日にオーディオ版と同時発売された。[1][2]続編のHalo: Silentiumは2013年3月19日発売。[3]

物語はHalo: Cryptum同様一人称視点で語られるが、本作の主人公は前作中にボーンステラー・メイクス・エターナル・ラスティングと行動を共にした2人の人間の内1人のチャカスである。 舞台は主に狂暴化したAIメンディカント・バイアスがコントロールするヘイローリング:インストレーション07である。メンディカント・バイアスの首都侵攻中リングに不時着したチャカスは、2人の人間ヴィネブラギャメルパーとともに、仲間のライザーを探す冒険をする。戦禍のヘイローを生き延びようとする彼らに、プリモーディアルフラッド、メンディカント・バイアスといった障害が立ちはだかる。[4]

他のフォアランナー・サーガの小説同様、物語はHalo 4とのつながりがあり、コンポーザーの導入はその一つだ。[5]


Official summary編集

Cquote1 私は何者なのか?はるか昔、私は生きた人間でした。私は狂いました。敵に仕えました。彼らは私の唯一の味方になったのです。その時から私は銀河と銀河の間にある空間を旅しました。私以前の人間が到達しえなかった範囲です。あなた方はその時代の話を訊いている。あなた方は真のリクレイマーなので、私は従わなけれななりません。記録していますか?いいでしょう。私の記憶は急速に失われているため、話を全部できないと思います。かつて私が生まれた星、Erde-Tyrene, 今は地球と呼ばれています。そこで私はチャカスという名前でした...[6] Cquote2

あらすじ 編集

小説は、ONIのサイエンスチームが以前遭遇したフォアランナーモニターの複製と思しきデバイスを尋問する場面から始まる。彼らはそれにダイダクトのことやかつてのフォアランナーと人類の関係性等を聞く。モニターは自分がかつてチャカスという名の人間だったと明かし、一連のフラッシュバックを通じて自分の出自を語る。モニターは話の途中、何度かのファイアーウォールを破りチームを狼狽させた。

まずモニターはチャカスとしての幼少青年期といかにして仲間のライザーと出会ったかを述べた。次にHalo: Cryptumでの出来事をチャカスの視点から叙述した。そしてライブラリアンが与えたGEAS(本能・無意識に埋め込まれる遺伝的指令)が人類-フォアランナー戦争を戦った人間の「古い精神」、または遺伝的に転写された人格をいかにして彼とライザーの中に表出させたかを説明する。ダイダクトとボーンステラーと2人の人間がジャンジャー・クオムマスター・ビルダーに捕らえられたのち、チャカスは他の者と引き離されステイシス(静止)状態に置かれた。

メンディカント・バイアスによる首都侵攻の際、チャカスを乗せた船は破壊され彼の脱出ポッドはヘイローに不時着した。彼は祖父のギャメルパーに従い墜落地点を見にきた人間の少女:ヴィネブラに見つかる。そのヘイローにはライブラリアンの保存計画によって移された多種の人間が住んでいた。しかしマスター・ビルダーがリングを支配するようになり人間をフラッドの実験に使い始めた。多くの人間はフラッドに免疫があると見られ、マスター・ビルダーは地球からさらに人間を連れてきた。彼らの遺伝子にある太古の記録を取り出し、免疫をもたらす秘密を探るためである。

チャカスは回復するとすぐに、チャラム・ハッコーでの最後の戦いでダイダクトの艦隊に対して人類軍の指揮を執った提督卿:フォーゼンコの保存された人格を自分が宿していることに気づく。ヴェネヴラはチャカスをギャメルパーのもとに連れていく。彼は自分も地球出身で「古い精神」を宿しているという。その老人はまたヘイローにいる人間の歴史を説明し、自分が一度人々が苦痛の宮殿と呼ぶフラッド研究施設に連れていかれたと明かした。

チャカス、ヴィネヴラ、ギャメルパーはヴィネヴラのGEASが安全な場所へと導いてくれると考えそれに従う。しかしGEASは彼らを苦痛の宮殿へと連れていく。そこでは無数の人間がGEASに従い、最後のプリカーサーと考えられるプライモーディアルに見られながら建物の中に歩いていく。3人は反対の方角へ行くことにする。大きな湖の湖畔にたどり着いた3人は、崩壊しつつある人間の都市に出くわす。そこでチャカスとギャメルパーはプロト・グレイブマインドがフォアランナーの独房に閉じ込められているのを目撃する。

湖を渡った3人は、ジェネメンダー・フォールダー・オブ・フォーチュンというライフワーカーと数人のデニソワ人、そして大きな類人猿に見つかる。奇妙なことにジェネメンダーとその人間達は体臭がなく虫も寄り付かなかった。ジェネメンダーに食料を与えられ眠りにつかされた後、チャカスは目を覚ますとライザーと再会する。ライザーは彼にジェネメンダーとデニソワ人を信用しないよう警告する。ジェネメンダーはチャカスを実験室に連れていき、フラッド、ヘイローアレイ、ジャンジャー・クオムの破壊、そして首都の戦いの歴史を説明する。更にジェネメンダーはマスター・ビルダーのジャンジャー・クオム攻撃がフォアランナーの間で小規模の内紛を引き起こし、自分は反マスター・ビルダー派にいると説明する。最終的にジェネメンダーは自分とデニソワ人は生きてはいなく、ハードライトのホログラムとして具現化した保存された人格だと認めた。実はモニターに本体があるジェネメンダーは、人間の遺伝レコードがフラッドとマスター・ビルダーの手に渡るの防ぐために回収するという指令のもと動いていた。モニターは最期を迎えたギャメルパーの遺伝レコードを回収したがったが、ギャメルパーは拒否する。そしてチャカスが彼の最期をみとる。死の直前、ギャメルパーはチャカスにヴィネヴラを守るように約束させる。その後エリアのシステムがダウンし、チャカスとライザー、ヴィネヴラと、ライザーと意思疎通しマラという名であることがわかった類人猿の4名は、旅を続ける。

ライザーはいかに彼らを見つけたのかを語る。フォアランナー首都での戦闘の際、ライザーとライザーを捕えていたフォアランナー達はインストレーション07に墜落した。フォアランナーの内1人はマスター・ビルダーの敵側であったため拘束されていた。彼は他のフォアランナーにライザーのGEASには価値があると教え、他のフォアランナーはライザーを守ることにした。フラッドバイオマスだらけの砂漠を移動するうちに、一行はフラッドの胞子に覆われ、ライザー以外は死亡した。ライザーは旅を続けチャカスと遭遇した。

それからチャカスとライザーは彼らに宿る古い精神に会話させる。話がこの部分に差し掛かると話をしているモニターのデータストリームに干渉中断があり、しばらく話の語り手がチャカスからフォーゼンコになる。ライザーに宿っているのはイプリン・イプリクシュマという高い地位にあった女性だった。彼女はプリカーサーの廃墟を発掘しプライモーディアルをチャラム・ハッコーに移したが、フォーゼンコはこれに不賛成だった。またフォーゼンコは人類とフォアランナーの戦争、チャラム・ハッコーでの最後の戦い、敗北とコンポーザーによる彼らの人格と記憶の抽出について叙述した。

一行は自動化された移送装置に見つかり、ヘイロー内部の奥深くにいるメンディカント・バイアスのもとに連れていかれる。チャカスとライザーは他の地球出身の人間とともに集められ、埋め込まれた祖先の人格を除去され、それらはモニターへと移植された。メンディカント・バイアスは彼らにフォアランナーへの復讐を約束するが、その前に敵の手に渡った時のための安全策として惑星へと衝突しつつあるヘイローを守らなければならないと言う。輪の中を惑星が通過するようにヘイローの位置を調整すれば、ヘイローは深いダメージを受けるが破壊は免れるという。ヘイローが惑星に向かう中、チャカスはサイレント・カートグラファーにアクセスしヘイローの動きを調整するのを助けた。

ボーンステラー・ダイダクトが艦隊を率いて現れ、フェイルセーフコードを使ってメンディカント・バイアスの機能を停止する。ダイダクトはカートグラファーに入ると、ヘイローを修理のためアークへ持っていき破壊を防ぐよう指揮する。しかしポータルを通過させるには、ヘイローの構成建造物の大部分をそぎ落とし、直径を3万キロから1万キロに縮小する必要があった。激しく損傷しながらもヘイローはポータルを通過した。

ややあった後、ダイダクトは既にモニターへの変換過程にあった瀕死のチャカスを連れて、収監されたプライモーディアルと対面する。会話によってプライモーディアルとは実はグレイブマインドで、さらに多くのプリカーサーがフォアランナーとの戦争を生き延びたかもしれないことが明らかになる。ダイダクトは戦争が起こったのはプリカーサーがマントルを継ぎうるものには誰であれ憤慨したからだと主張する。しかしプライモーディアルはフォアランナーはマントルを継ぐのに適さないとみなされたのだと説明する。プライモーディアルはフラッドとプリカーサーは同じものだと断言するが、正確な関係性は明かさなかった。更に本当にフラッドに免疫がある人間などおらず、フラッドは対象に感染するか否か選べるのだと明かす。またフラッドはある種がマントルを受け継ぐに値するかどうかのテストであり、フォアランナーは殲滅され、人間はまた再興した際にテストされるのだと述べる。会話の終わりにダイダクトはリバース・ステイシス・チャンバーを起動する。数秒の内にプライモーディアルは10億年の時間経過を経験し、分解崩壊して死んだ。

話は現代に戻り、ONIの研究者たちは話をしているモニターがインストレーション04のモニター、343ギルティスパークだと消極的に受け入れる。話の最後にギルティスパークは自分がモニターになった後、何があったのか短く説明する。エキュメン評議会は再結成され、ダイダクトの指導のものフラッドに対する新たな戦略に関する議論が見直された。ライザーとヴィネヴラはライブラリアンの保護のもとアークに移され、ライザーはやがて地球に帰還した。

本の最後に、ギルティースパークの残骸は動力を落とされた後に宇宙へ放出される。しかしその前にモニターは自分のデータストリームを船のコンピュータに注入して船のAIを抑え、船のコントロールを奪う。彼は船の乗員に、ライブラリアンを探す旅を再開し、ライザーとヴィネヴラの古い精神を回収したいと説明する。ライブラリアンは生きていると断言し、乗員を眠らせると彼女の居場所に船を向けた。

Trivia編集

  • プライモーディアム(primordium) とは原基のことで、臓器や組織の最初の形成段階である細胞の集合を指す。この小説の文脈では最後のプリカーサーに与えられたプライモーディアルという名前の派生形である。
  • この小説とHalo: Cryptumの表紙絵はHalo4のコンセプトアートとして描かれた。どちらもNicolas "Sparth" Bouvierによる。[7][8]
  • 本作は長年のBungie及びHaloファンで halo.bungie.orgの創設者であるClaude Erreraに奉げらている
  • A preview of the novel's first chapters was released on December 28, 2011 on Tor.com and Halo Waypoint, with the first chapter released on Tor.com and the second and third chapters as well as part of the fourth chapter on Halo Waypoint.[6]
  • オーディオ版は343ギルティ・スパークの声を担当したTim Dadaboに読み上げられている。[9]
  • Eleventh Hour reportの第4部、 "Provenance"で小説の26世紀部分の背景が補足されている。例えばUNSCサイエンスチームの船がUNSC ルビコンであるとされている。破損したモニターはONIの重度の損傷を負ったインストレーション00への探索中に見つかったもので、この小説に登場するモニターは343ギルティスパークの残骸であって他所で見つかった複製などではないことが示唆される。
  • 続編のHalo: Renegadesでスパークのライブラリアン捜索はレクイエムにあったような彼女の転写人格にたどり着いたことが判明する。しかしこれは地球のキリマンジャロ山にあった。スパークはライブラリアンにドメインにアクセスさせてもらい、友人達をGEASとして取り戻すか彼らと一緒になるためにドメインに行くことを望んでいた。またスパークがルビコンのクルーにした話はデータドロップとして放出されONIに届いていたことが判明する。スパークの生存と彼のライブラリアン捜索はONIの興味の対象となった。

情報源 編集

  1. Tor.com- Tor Books Reveals Second Halo Novel by Greg Bear
  2. Halo Waypoint- Tor Books Reveals Title, Cover Art, and Release Date of Second Halo Novel by Greg Bear
  3. Tor.com: Release Date for Halo: Silentium Updated
  4. Amazon.com: Halo: Primordium product description
  5. YouTube: SDCC 2011: Halo Universe Panel Part 1
  6. 6.0 6.1 Tor.com: Halo: Primordium (Excerpt)
  7. Halo Fest 2011 - Halo 4 Discussion Part 1
  8. YouTube: Halo Fest: Halo 4 Concept Art Glimpse
  9. The Halo Bulletin: 1.18.12
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。