Fandom


Halo: The Cole Protocol
Halocole
Author(s)
Publisher
Date Released
Length
358 Pages
Availability
{{{Availability}}}
Product Dimensions
{{{Product Dimensions}}}
Shipping Weight
{{{Shipping Weight}}}
Price Listing
{{{US Price}}} USA
{{{Can Price}}} Canada
{{{UK Price}}} UK-flag

[{{{Amazon.com}}} この本をAmazon.comで探す]

[{{{Amazon.co.jp}}} この本をAmazon..co.jpで探す]

[{{{tanomi.com}}} tanomi.comで出版を依頼する]

[{{{website}}} Website]

Halo: The Cole ProtocolTobias S. Buckell著、Tor Books出版の小説。Haloの世界を舞台にした6番目の小説。2008年11月25日発刊。[2]日本語版は2013年1月25日発売。

あらすじ編集

"...which reveals the location of the SPARTAN Gray Team and "takes readers into an unexplored conflict of the Human-Covenant war where unlikely alliances are formed and shattered..."
The Cole Protocol Announcement [3]

苛烈な人類・コブナント戦争の最初期、UNSCコールプロトコルを制定しコブナントによる地球やインナーコロニーの発見を防ごうとした。多くの者が地球の位置発見につながる航行データの消去を要請された。その中に海軍大尉ジェイコブ・キースがいた。現場に戻ったキースはONIにトップシークレットの任務を課される。それは見慣れた世界から離れた敵陣の奥深く、宇宙の隅に彼を連れていくものだった。

アウターコロニーのはずれに、小惑星帯に覆われたガスジャイアント惑星:ヘシオドはある。ヘシオド付近の植民惑星がコブナントによってガラス化される中、多くの生存者が反乱軍の拠点に助けられ、小惑星帯に避難していた。彼らは不安定な衛星を、脆弱ながらも工夫に満ちた居留地ラブルに変えた。そしてジャッカルとの危うげな共存状態に置かれながらも生き延びていた。

反乱軍とジャッカルの奇妙な交易関係は戦争の当事者たちの耳に届く。UNSCはSPARTANの問題児3人衆グレイ・チームを派遣する。しかし預言者も最も熱狂的で容赦のない最高のエリートを送る。彼らの崇高さと地位への欲求は残忍さによってのみ達成される。そして彼らは優勢を確保するために何でもするだろう。

要約編集

反乱軍の小惑星基地ラブルは、コブナントのマドリガル侵攻の際に難民基地として建設された。マドリガル難民でラブル防衛隊パイロットのイグナチオ・デルガドと親友のメルコ・ホリスターは、航行データを狙うジャッカルに襲われる。デルガドは地球へつながるデータを渡してはならいと主張し、2人は逃げる。不幸にもメルコは撃たれ、その傷がもとで死亡する。抵抗するデルガドは殺されかけるが、SPARTANグレイ・チームアドリアナ-111に助けられる。彼女はデルガドにビーコンを渡し、航行データの安全を保てなくなった際に起動すれば彼女のチームが回収すると言う。そしてグレイチームの存在をラブル安全保障議会に言わないよう要求した。

一方チ・ロウでは、ジェイコブ・キース大尉がドミトリ・ジェング 中佐と面会し、士官学校での教官職からコールプロトコルを執行するステルス・フリゲート艦UNSCミッドサマーナイトに移された。ペリカン・パイロットジェフリーズ、ONI士官ワタナベ少佐、そして指揮官としてジェングが同行することになった。

ラブルでは、デルガドがラブル安全保障議会の誰かがジャッカルに航行データを売ろうとしており、反乱軍がコブナントにとって不要になるのではと疑い、証拠を探す。デルガドは密輸業者として知られる保障議会員ピーター・ボニファシオの船:ケストレルのことを知る。ケストレルの情報を得ようとする彼は、バー: エディーズ・イン・ザ・ロックで再びアドリアナと出会う。彼らの会話を聞いた反乱軍に襲われるが、またもアドリアナはデルガドを救う。彼はSPARTANの船:ペトヤに連れて行かれ、ジェイマイクに会う。

ジェイは、グレイチームがコールプロトコルに抵触する航行データ破壊に従事しており、反乱軍に対して混乱を起こしたりしていると説明する。デルガドは去り際に、保障議会の情報漏洩に関して、もっと調査するよう指示される。

ミッドサマーナイトのジェイコブ・キースは民間貨物船にコールプロトコルを執行しようとする。キースとODST部隊が貨物船に立ち入ると、反乱軍であった艦長がコンテナの爆弾を起爆し、キャンフィールド中尉を含む多数のODSTが死亡する。貨物船はミッドサマーナイトが接近したら爆発するよう仕組まれていたため、キースとODSTは船体に穴をあけ脱出せざるを得なくなった。キースはODSTのアーマーを着用して宇宙空間に出た。ライフルで自分の進路をコントロールしてミッドサマーナイトに着く。貨物船の反乱軍はできるだけ多くのODSTを殺そうと船を爆破した。大きな爆発にも関わらず、キースはフェイソン少尉を含むほとんどの脱出したODSTとともにやがて回収された。

サンヘリオスでは、ヴァダム族のカイドン(首領)ゼル・ヴァダミー (後のアービター)が 、彼をカイドンの座から排除しようとするものの襲撃を待ち構えていた。すぐに3人の暗殺者が現れる。彼が2人をエナジーソードで片付けると、3人目は逃走を図る。しかしゼルが襲撃を予期し逃げ道をふさいでいたことに気付くと、ゼルに突進する。ゼルはプラズマピストルで彼を射殺すると、ドアの外を警備していた者に全ての元老を集めるように言った。元老たちが集まると、ゼルは先ほどの襲撃について話す。彼は誰が暗殺者を送ったのか知るために3人目を生かしたと嘘をつく。暗殺者を送ったのはコイダ・ヴァダムであると判明し、彼を殺害した。コイダの一族は殺しはしないが、ヴァダム族のキープから追放することにする。その後、彼は大祭司の命で人間のコロニーチャリブディスIXへ行くと元老たちに言う...

Sources編集

  1. Halo: The Cole Protocol on Amazon
  2. The announcement of Halo: The Cole Protocol
  3. Plot Teaser
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。