Halopedia
Advertisement


このアーティクルは 現実の世界(Real World) のことについて書かれているよ。 Misterchief.gif

出典: Halopedia 英語版 Halo: The Flood

Halo: The Flood
Thefloodbook.jpg
Author(s)
William C. Dietz
Publisher
Del Rey Books
Date Released
April 1, 2003
Length
352 Pages
Availability
ペーパーバック
Product Dimensions
8.2 x 5.5 x 1.1 inches
20.8 x 14 x 2.8 cm
Shipping Weight
12 ounces
341 g
Price Listing
$6.99 USA.png
$n/a Canada.png
£5.59 UK-flag.png

[{{{website}}} Website]

Halo: The FloodHalo: Combat Evolvedを小説化した物である。著者はウィリアム・C・ディーツ(William C. Dietz)、物語はHalo: The Fall of Reachからの続きにあたる。この小説はPublisher's Weekly誌2003年5月のベストセラーリストに入った。[1]

あらすじ[]

物語は軍事暦2552年9月19日から23日の出来事にあたる。

1章から3章[]

物語はHalo 1を基としているので、UNSC戦艦オータム号が陥落した人類の軍事拠点である惑星リーチからスリップスペースによって撤退する時点から始まる。オータム号はスリップスペースを抜けた先で木星型惑星の衛星軌道にあるリング状の巨大構造体に遭遇する。

追撃するコブナント艦隊は敵が一隻であることに気付き、リングに被害が及ぶことを恐れたプロフェッツの命令でオータムへの砲撃を中止。そのかわりにオータムを拿捕するため兵員に強襲させることを選んだ。例え多くの犠牲者が出ようとも。その頃、オータムでは戦いに備え、技術兵によってスパルタン-IIマスターチーフがクリオスリープ(冷凍睡眠)から目覚めようとしていた。

4章から5章[]

6章[]

批評[]

情報源[]

  1. Patrick Klepek, Halo novel cracks bestseller - May 5, 2003 - Accessed on September 2
Advertisement