Fandom


Halo Uprising
Uprising hardcover
Author(s)
Brian Michael Bendis and Alex Maleev
Publisher
Marvel Comics
Date Released
Issue #1: August 22, 2007

Issue #2: November 21st, 2007
Issue #3: August 13th, 2008
Issue #4: April 15th, 2009

Hardcover collection: June 5th, 2009
Length
4 issues of 40 pages each
Availability
Limited Series
Product Dimensions
10.4 x 6.8 x 0.6 inches
Shipping Weight
1.2 pounds
Price Listing
$3.99 per issue USA
$4.75 per issue Canada
 UK-flag

[{{{Amazon.com}}} この本をAmazon.comで探す]

[{{{Amazon.co.jp}}} この本をAmazon..co.jpで探す]

[{{{tanomi.com}}} tanomi.comで出版を依頼する]

[{{{website}}} Website]

Halo UprisingMarvel Comics出版の全4巻のコミック。Halo 2Halo3の間の出来事が描かれる。2007年のNY Comic-Con 2007で発表。ハードカバー版が2009年6月5日に発売。

あらすじ編集

地球へ向かうフォアランナー・ドレッドノートに侵入したジョン-117 は、木星付近でUNSC イオ・ステーションからコンタクトを受けるがこれに応じず、真実の預言者を暗殺するため船内を進んでいた。

一方コブナント巡洋艦トライアンファント・デクラレーションでは、ONIのジェイムズ・アッカーソン大佐 がブルートによる拷問を受けていた。彼は殺されそうになると「地球を攻撃しているコブナントは"鍵"を見つけられないだろう」となだめるように述べる。ブルートキャプテンは彼がさらなる情報を吐くまでナイフで切りつけた。アッカーソンによれば鍵がみつからなければヘイローは(04と05がそうであったように)正常に作動しないと言う。彼は鍵を"オサナランの鍵"と呼び、クリーヴランド市内に隠されていると告げると気を失った。ブルート達はこれに困惑した。

クリーヴランドの高級モーテルでコンシェルジェとして働くルワンは、コブナントによる襲撃の最中、宿泊していたミュージシャンのマイラス・タイラと出会う。二人はコブナントから逃れるために市街を奔走するが捕まってしまい、街のほとんどの住民と一緒にスタジアムに集められる。そこでコブナントはオサナランの鍵を見つけて渡さなければ命はないと布告する。マイラスは困惑したが、ルワンは自分がそれが何であるか知っていると言う。その時、突然ホーネットからラぺリングしたODSTがスタジアムのコブナントを襲撃する。皆が逃げるなか2人も脱出する。タイラはいろいろあって戦争が終わったらルワンと結婚しようと考える。2人はワートホグで攻撃されていない旧市街へ向かう。ワートホグにあった補給品を食べて小さなキャンプを設営し、しばし語り合った。スカラベが現れたため再び逃走したところを海兵隊に救助され、ペリカンで街を脱出した。

一方マスターチーフは、多数のコブナント部隊と交戦していた。アサルト・キャノンビームで撃たれ倒れたジョン-117に、ブルートチーフテンがオサナランの鍵について尋問する。しかしジョン-117はブルートチーフテンにプラズマグレネードを付けて脱出する。チーフはその後も船内を進み、ついに預言者を見つける。彼はカービンで狙いを定め発砲したが、預言者はシールドによって守られていた。そしてチーフはジャッカルに背中を撃たれ、親衛隊ブルートの前に落下する。チーフはさらに預言者を数発撃つが、逃げられてしまう。親衛隊を倒したチーフは船からの脱出方法を探し始める。

ルワンによる回想のなかで、オサナランの鍵は彼と彼の兄であるジェイムズ・アッカーソンが、幼少期にごっこ遊びのなかで考え出した架空のアイテムであったことが明かされる。ジェイムズ・アッカーソン大佐は弟のルワンが住むクリーヴランドをコブナントから守るため、でたらめな情報を吐いたのだ。クリーヴランドの下水道を地下のUNSC基地へ向かって進む道中、ルワンは兄弟がいかにオサナランの鍵を生み出したのかを、海兵隊の分隊に説明した。

UNSCは"鍵"を使ってコブナントのリーダーの居場所をつきとめる作戦をたて、ルワンが"鍵"をコブナントに渡す役を買って出た。彼はコブナントと接触すると、実はオサナランの鍵とは彼自身のことだと主張した。ルワンはTyko 30追跡化学物質を注射されており、巡洋艦 ハービンジャー・オブ・ピエティ上の尋問の司祭 の元へ連れて行かれた。ルワンの追跡信号をたよりに、MACプラットフォームナッソーがコブナント船を破壊した。

一方真実の預言者暗殺に失敗したジョン-117は、フォアランナー艦のエアロックから出るためゴーストで戦っていた。 ドレッドノートの表面部で、"鍵"を持った船を破壊する際の攻撃範囲にいるので、直ちに退避せよとの警告を受ける。彼はすぐに船の別の区画に移動した。その後、地球へ帰還する方法を見つけろとの命令を受け、Halo 3のオープニングにつながる。

Credits編集

  • Alex Maleev - Covers, Penciling, Inking.
  • Matt Hollingsworth - Coloring.
  • Chris Eliopoulos - Lettering.
  • Brian Michael Bendis - Author.

Trivia編集

External links編集


Sources編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。