“
"プリクエルとかそういう変なものではありません。次のストーリーです。今進行している話の次のチャプターなんです"
”
— Jeff Easterling.[1]


Halo Infinite[2]は、343 IndustriesとSkyBox Labsが開発し、Microsoft Studiosがパブリッシャーを務める『Halo 5: Guardians』の続編となる予定のビデオゲームである。MicrosoftのE3 2018カンファレンスのオープニングで初披露された。2021年秋にXbox Series S|X, Xbox One, PCで発売予定[3]

Halo InfiniteはHalo 5: Guardiansの協力プレイシステムを搭載する可能性が高いと思われる。また、スプリットスクリーンをサポートし、リリース前にはベータ版も用意されている[4]。 Jeff Easterling氏の主張「我々が興味を持っている唯一のBRはバトルライフルだ」によると、バトルロワイヤルモードは搭載されない。

Halo InfiniteはSlipspace Engineと題された全く新しいエンジンで構築されている。Infiniteにはリアルマネーで購入可能なルートボックスは搭載されない。

ストーリー[編集 | ソースを編集]

リクレーマー・サーガの第3章として、Halo Infiniteはマスターチーフに焦点を当て、『Halo 5: Guardians』に続くストーリーを展開する。 フランチャイズの「精神的なリブート」と表現されている。

登場兵器[編集 | ソースを編集]

2020年7月23日に発表されたゲームプレイ映像では、以下の様な兵器が登場した。

人類[編集 | ソースを編集]

乗り物[編集 | ソースを編集]

バニッシュド[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

人類[編集 | ソースを編集]

バニッシュト[編集 | ソースを編集]

開発[編集 | ソースを編集]

2015年9月までに『Halo 5』の続編が計画段階に入っていた。この時点までに、開発者たちは物語がどこへ向かうのかを意識しており、ゲームの執筆を開始していた。このゲームは、E3 2018で正式タイトルが発表される前から「Halo 6」と呼ばれていた[5]。フランク・オコナーは、次回作では「より人間味のあるストーリー」をフィーチャーするだろうと主張している。スタジオは『Halo 5』で導入された協力モードを維持する予定だ。Halo Infiniteは他の将来のHalo FPSゲームと同様に、2人用のスプリットスクリーンを搭載する予定である。Halo Infiniteはリリース前の適当な時点でベータ版を実施する予定である。

2018年12月19日のMixerストリームで、343iの複数の従業員が「Halo: Reach」のアーマーカスタマイズを気に入っていたプレイヤーが「Halo Infinite」のアーマーカスタマイズを喜ぶであろうと発言した[6]。Halo 5: GuardiansでSR 152に到達したプレイヤーは、『Halo Infinite』で何らかの形で報酬を得ることができる。

infiniteは、少なくとも今後10年間は『Halo』フランチャイズの "プラットフォーム "としての役割を果たすとされている。これまでのナンバリングタイトルのシステムを利用するのではなく、時間をかけて要素を追加していくことが意図されている。この点では『Halo: The Master Chief Collection』に近いと評されている。 キャンペーンは1つのHaloリング上で行われ、Halo 4と5のキャンペーンを合わせたものよりも規模が大きいと評されている。

Infiniteのマルチプレイヤーモードは無料でプレイでき、Xbox Series Xでは120FPSをサポートする予定である。 マルチプレイヤーでは何らかの形でマイクロトランザクションが発生し、「ゲーム外」の進行システムが導入される予定。

ForgeはHalo Infiniteに含まれ、「元に戻す & やり直す」ボタンを特徴とする。Halo 5: Guardiansと同様に、Infiniteではいくつかの武器のバリエーションが特徴となる。

ロケーション[編集 | ソースを編集]

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

The Making of The Halo Infinite Announcement Trailer[編集 | ソースを編集]


E3 2018 Trailer[編集 | ソースを編集]


Marketing Material[編集 | ソースを編集]


Video[編集 | ソースを編集]

E3 2019 Trailer

E3 2018 Trailer

情報源[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。