Halopedia
Advertisement

35#.png

この項目は 発売前あるいは配信・稼働開始前のコンピュータゲームを扱っています
投稿者は推測や予想を加えないようにしてください。投稿の際は脚注などを用いて随時その記述の根拠となる情報源を明記することを忘れないでください。
詳しくは 引用の方針をご覧ください。

“
"圧倒的な広がりを見せるマスターチーフ キャンペーンと基本無料の画期的なマルチプレイヤー体験を引っ提げて、伝説の Halo シリーズが帰ってきた!"
”
— Microsoft Storeの紹介文


Halo Infinite[1]は、343 IndustriesとSkyBox Labsが開発し、Microsoft Studiosがパブリッシャーを務める『Halo 5: Guardians』の続編となるビデオゲームである。MicrosoftのE3 2018カンファレンスのオープニングで初披露された。2021年12月8日にXbox Series S|X, Xbox One, PC(Steam)で発売予定[2]。2021年11月16日にマルチプレイヤーベータを全プラットフォームで開始することがサプライズで発表された。

Halo InfiniteはHalo 5: Guardiansの協力プレイシステムを搭載する可能性が高いと思われる。また、スプリットスクリーンをサポートし、リリース前にはベータ版も用意されている[3]。 Jeff Easterling氏の主張「我々が興味を持っている唯一のBRはバトルライフルだ」によると、バトルロワイヤルモードは搭載されない。

Halo InfiniteはSlipspace Engineと呼ばれる全く新しいエンジンで構築されている。Infiniteにはリアルマネーで購入可能なルートボックスは搭載されない。

ストーリー[]

リクレーマー・サーガの第3章として、Halo Infiniteはマスターチーフに焦点を当て、『Halo 5: Guardians』に続くストーリーを展開する。 フランチャイズの「精神的なリブート」と表現されている。

ゲームプレイ[]

Halo infiniteは、少なくとも今後10年間は『Halo』フランチャイズの "プラットフォーム "としての役割を果たすとされている。これまでのナンバリングタイトルのシステムを利用するのではなく、時間をかけて要素を追加していくことが意図されている。この点では『Halo: The Master Chief Collection』に近いと評されている[4]

ゲームプレイは、オリジナル・トリロジー、特に『Halo 3』に加え、『Halo: Reach』、『Halo 4』、『Halo 5: Guardians』のゲームプレイにインスパイアされており、アーマーアビリティよりも装備品の使用に重点が置かれている。ただし、オリジナル・トリロジーとは異なり、プレイヤーはHalo 5: Guardiansにて初めて導入されたスライディング、加えてスプリントを使用することができる[5]Halo 4Halo 5: Guardiansと同様に、Halo Infiniteでは発売時にマルチプレイヤーでプレイ可能なサンヘイリや、武器の二丁持ちは搭載されない[6]

キャンペーン[]

キャンペーンは1つのHaloリング上で行われ、Halo 4と5のキャンペーンを合わせたものよりも規模が大きいと評されている。 キャンペーンは4人のオンラインCo-opと2人のローカル画面分割Co-opが可能となる。発売時にはより高品質な製品に焦点を移した結果、キャンペーンCo-opモードは発売時には利用できないが、発売から約3ヶ月後のSeason 02に同梱する予定である。

ゲームにはダイナミックな昼夜のサイクルが存在する。敵は時間帯によって異なる行動をとることがある(例:アンゴイは夜に眠る)。また、風が吹いたり、高度によって霧が発生したりするなどの天候要素も登場する。雨や雪は発売時には登場しないが、将来的に追加される可能性がある。

マルチプレイヤー[]

Halo Infiniteのマルチプレイヤーモードは無料でプレイでき、Xbox Series Xでは120FPSをサポートする。クロスプレイとクロスプログレッションが可能で、プレイヤーはすべてのプラットフォームでカスタマイズを行うことができる。 さらに『Halo: The Master Chief Collection』と同様のシーズン制が導入され、各シーズンは約3ヶ月間開催され、「Fracture」と呼ばれる特別なイベントも開催される。

Halo Infiniteのリリースと並行して、「Halo Waypoint」の大型アップデートが実施される。プレイヤーは「Halo Waypoint」のウェブサイトやモバイルアプリで、アーマーのカスタマイズやバトルパスの進行状況、ゲームプレイの統計情報などにアクセスできるようになる。

アカデミー[]

アカデミーは、新規プレイヤーがHaloの戦闘の流れを学び、ベテランプレイヤーがマッチメイキングに臨む前のウォーミングアップを行うことができる、全く新しいトレーニングモードである。 プレイヤーは、辺境にある隠れた前哨基地「エイブリー・J・ジョンソン軍事科学アカデミー」でスパルタンの新兵訓練を担当するスパルタンの兵士、ローレット・アグリナ司令官のサポートを受けながら、ゲームを進めていく。アカデミーには、プレイヤーがAIのスパルタン相手に武器を試すことができる実弾射撃場や、新規プレイヤーがInfiniteの動きに慣れることができる移動コースなど、いくつかのセクションがある。

最も注目すべき点は、アカデミーではプレイヤーがAIボットのいるマッチを作成し、AI相手に自分のスキルを試すことができることである。ボットの難易度、開始時の武器、グレネードやボットの人数はすべてゲーム内で変更できる。ボットにはRecruit、Marine、ODST、Spartanの4種類があり、それぞれの主な違いは知性と機知に富んでいることである。すべてのボットは装備品を使用することができ、パワーウェポンの出現を探知し、使用しようとする。高レベルのボットはGrappleshotを使用することができる。

フォージ[]

ForgeはHalo Infiniteに含まれ、「元に戻す & やり直す」ボタンを特徴とする。Halo 5: Guardiansと同様に、Infiniteではいくつかの武器のバリエーションが特徴となる。技術的に複雑な作業が必要なため、Forgeはローンチ時には提供されないが、ローンチから約6ヶ月後にHalo InfiniteのSeason 03と同時に追加収録される予定である。

出演[]

キャラクター[]

種族[]

派閥と組織[]

出来事[]

Conflict on Installation 07[citation needed]

場所[]

武器[]


乗り物[]

  • M12B Force Application Vehicle
    • M15 Razorback

      M15 Razorbackのコンセプトアート

  • D77-TC Pelican
  • Shade Turret
  • AV-49 Wasp
  • M290 Mongoose
  • M290-M Gungoose
  • M808 Scorpion
  • ゴースト
  • ファントム
  • バンシー
  • チョッパー

装備品[]

  • Grapple Shot
  • Drop Wall
  • Threat Sensor

アーマー[]

  • Mjolnir Powered Assault Armor

テクノロジー[]

開発[]

開発中のキャンペーン画像

2015年9月までに『Halo 5』の続編が計画段階に入っていた。この時点までに、開発者たちは物語がどこへ向かうのかを意識しており、ゲームの執筆を開始していた。このゲームは、E3 2018で正式タイトルが発表される前から「Halo 6」と呼ばれていた[8]。フランク・オコナーは、次回作では「より人間味のあるストーリー」をフィーチャーするだろうと主張している。スタジオは『Halo 5』で導入された協力モードを維持する予定だ。Halo Infiniteは他の将来のHalo FPSゲームと同様に、2人用のスプリットスクリーンを搭載する予定である。Halo Infiniteはリリース前の適当な時点でベータ版を実施する予定である。

Watchdogアーマーコーティング

2018年12月19日のMixerストリームで、343iの複数の従業員が「Halo: Reach」のアーマーカスタマイズを気に入っていたプレイヤーが「Halo Infinite」のアーマーカスタマイズを喜ぶであろうと発言した[9]。Halo 5: GuardiansでSR 152に到達したプレイヤーは、『Halo Infinite』でウォッチドッグアーマコーティングを得ることができる。

Infiniteのマルチプレイヤーモードは無料でプレイでき、Xbox Series Xでは120FPSをサポートする予定である。 マルチプレイヤーでは何らかの形でマイクロトランザクションが発生し、「ゲーム外」の進行システムが導入される予定。


2021年7月29日から8月1日(太平洋時間)にテクニカルプレビューが行われた。

ロケーション[]

ギャラリー[]

The Making of The Halo Infinite Announcement Trailer[]


E3 2018 Trailer[]


Marketing Material[]


Video[]

E3 2019 Trailer

E3 2018 Trailer

情報源[]

Advertisement