Fandom


Smallwikipedialogo ウィキペディア日本語版の記事Humanにはさらに詳しい情報があります。
Humans
Human
(Homo sapien sapiens)
Biographical information
Homeworld

地球

Date of death

医学の進歩により21世紀には平均寿命80歳になっている。26世紀は不明。

Physical description
Species

Homo sapiens

Gender

男性と女性に分かれている

Height

平均180cm

Weapons

持つことができる武器なら扱える。

Vehicles
Hair color

様々

Eye color

様々

Chronological and political information
Affiliation

多数に分かれているが、大まかには国連宇宙司令部国際反乱軍に属する

  [Source]

人類フォアランナー亡き後に地球に住まう種族である。20万年前にフォアランナーが作り出したテクノロジーレベルでは第3層に達することができた。[1]恐らくコヴナント戦争を通じて一部分は第2層レベルに達していたものとみられる。

背景編集

Earth

人類の故郷、地球

自らの存在を通して、大食糧生産の従事から言語、宗教などの開発を行い文明の創設まで行った。その後、技術やインフラの開発を行い宇宙への進出をも可能とした。20世紀中期における人類の宇宙進出後、テラフォーミング技術を確立し多くの惑星を居住可能な地に変化させて殖民地化した。コヴナントとの遭遇により多くの血が流された。この戦争後の人類総人口は全く分かっていない。

繁栄と全ての崩壊 編集

詳しくは旧人類を参照の事

紀元前15万年前、人類(古代人)は繁栄の極みにあった。フォアランナーが存続していた中で、他の星系への進出を始めた。

しかし、人類の繁栄はそこまでであった。ある惑星にフラッドの胞子?を大量に積み込んだ輸送船が人類支配領域の惑星に墜落、これを調査するために家畜に提供し始めたのである。

初期は上手くいくかと思われたが、結果は破滅であった。数百の人類支配地域が灰と化した。古代人たちは遺伝子レベルで排除することを考え、総人口の3分の1を犠牲にしてフラッドを銀河系から追い出した。

その後失われた資産を穴埋めするためか、他のフォアランナー支配地域へ侵攻を始めてしまった。これに応戦したフォアランナーの圧倒的な軍事力を前に60年間の激しい戦争を戦い続けたが、敗北。フォアランナーによって文明から文化から何もかも全てが解体され、バラバラに追放されてしまった。

旧人類たちの一部はダイダクトの狂気と言える恐ろしい計画の犠牲者となってしまうのであるが・・・。

一部の人類は再び繁栄を取り戻そうと様々な技術を生み出したが、全てライブラリアンの手によって封じ込められた。

それから9,000年以上の時が過ぎ、フォアランナーのみならず全銀河系が絶滅の危機に瀕した時、ヘイローの起動を前にしてライブラリアンが古代人類の一部をインデックス化して保存を始めた。

ヘイローの起動によってフォアランナーも何もかもが崩壊した頃、古代人類たちはフォアランナーの船で地球に運ばれた。これによって、人類は生き延びることができたのである。

文明の始まり 編集

人類は東アフリカに居た少数民族が100万年前に大規模手術を受け、高度な技術を与えられたという。南極大陸をのぞいたすべての陸地を造成した高度な種族であったと言われており、瞬く間に地球を支配する種族として君臨した。

1万年前に人類社会に文明が現れ、各種原始産業や法律が整えられていった。言語などの非軍事的な技術の発明に始まり、軍事的技術の開発がおこなわれると野心的な指導者に導かれた多くの人類が自らが属する文明の土地を広げるために近隣文明と武力攻撃を行った。それらは欧州での帝国主義的な植民地統治等にまで拡大することになる。

18世紀~20世紀 編集

18世紀から20世紀にかけて、人類文明は大きく進歩する。産業革命という名の大変革である。この変貌により"自動車"、"列車"、"飛行機"等といった今日ではおなじみの機械が次々と発明されていった。そして各種技術の進歩は人類により文明的な生活を与えた。

が、技術の進歩は同時に血なまぐさい軍事技術の進歩にもつながった。それらが激突したのが1910年代、1940年代のヨーロッパと1940年代の太平洋であった。この世界規模の大戦争によって多くの人々が死んだり傷ついた。更に軍事技術も大きく進歩した。それらの一部は民間にも大きな変革を与える、レーダー等がそれである。

20世紀の2度の大戦が終わった時、人類の指導者たちは国際連合を創設し、戦争を抑えることにした。これがUNSCの前身だとは思ってもなかったであろう。

殖民地戦争編集

H3 Zune Marine

UNSC軍の海兵隊兵士

Main Article: United Nations Space Command

20世紀の技術進歩により、地球周囲の調査が始まる。やがて、22世紀には地球人口の激増により太陽系内部の各惑星へ移民が始まる。この移民等の様々な事が原因となり、惑星間の戦争が勃発してしまった。この戦争は国連軍の勝利に終わるが、戦後UNSCの創設が決定された。人類の反乱分子等に大きな圧力をかけることが目的であった。

26世紀までに宇宙戦闘艦等の建造に必要なチタン鉱山がある惑星を中心に植民化が推進されていた。2525年までに800以上の惑星を支配していた。殖民地の人口は極めて安定化していた。

2525年にコヴナントとの戦争が始まる。 この戦争は人類史上最大かつ最悪な戦争であった。400年かけて拡大してきた人類植民地のほとんどが失われ、地球さえも蹂躙されてしまったのである。この戦争で多くの人間が死に、惑星リーチをはじめとして多くの惑星が居住不可能なまでに完全に破壊され、多くの宇宙戦闘艦や宇宙船が失われていった。

戦争自体は2553年3月に停戦となるが、それまでに多くの血が銀河系のあちらこちらで流されてしまうのであった。

技術 編集

初期の頃、人類は試行錯誤を繰り返しながら色々な発明を行った。

産業革命によって人類は飛躍的進歩を遂げた。馬や帆船が中心だった世界は蒸気機関車、鋼鉄製の船、自動車などの高度な輸送機関を生み出すに至る。

人類は20世紀に入り、徐々に宇宙へ進出するための技術を手に入れていく。これはコヴナントと違って実に実用までに時間がかかりすぎた。彼らはフォアランナーの技術を解析し、速いペースで宇宙航行技術を手に入れていたのだ。

26世紀に入っても、人類の技術は基本的にはなんら変革は無かった。弾道兵器やホイールなどの基本となるべきところは長い間の実績があるために、新たに変えようという努力はなされなかった。

その中で唯一と言っていい革新的な技術は、ショウ-フジカワ光速機関の登場と高度に洗練されたAIの登場であろう。これにより、光速機関によって速く他の星系へ移動することが可能となったのだ。

  • 武器: 基本的には銃火器の使用という点では21世紀と何ら変わりが無い。しかし、26世紀に発達した機械によって、現代よりはるかに信頼性の高い弾薬の製造が可能となり、誤作動などはほとんど発生していないようだ。UNSCが使用する火器は電子パルスの影響を受けない。

人類は、ごくわずかながら最先端の技術開発も行っていた。その代表格がマックガン(M.A.C)だろう。これは宇宙船のみならず、地上兵器でも採用されているレールガンの一種である。 また、スパルタンレーザーに代表されるレーザー兵器はごくわずかながら実用段階に入っている。UNSC プラウラーにはパルスレーザーが搭載されている。 人類の兵器で最大的な特徴は、ミサイルと核兵器だろう。20世紀の戦時中に開発されたそれらは21世紀の現代のみならず、26世紀に入ってもなお主力兵器となっているのだ。これらは主にUNSCの戦闘艦に搭載される。 人類が今までに保有する兵器の中で最大の破壊力を持つものにNOVA爆弾がある。

  • 兵器: 人類が使う兵器は未だに自動車や徒歩がメインとなっている。しかし、軍用車には26世紀の最新の技術が大量に使われ、安定性は高い。ほとんどの人類の乗り物はハイブリット電気機関に代表されるようなガソリンがいらない機関の搭載が進んでいる。

装甲兵器の中で知られているものにはスコーピオン戦車がある。これは現代の主力戦車(MBT)よりも口径の小さい90mm砲を搭載している。威力不足ではないかと思われるが、現代の主砲よりも高速度で発射でき、高性能弾薬を搭載しているためさほど問題は無いと思われる。

  • 航空兵器: UNSCの航空兵器はV/STOL機能が装備されていることが多い。代表としてはペリカン降下艇がある。
  • 宇宙航法: 20世紀の人類は遠くても月面までしか到達できなかった。しかしスリップスペースの確立によって太陽系を超えた旅行や進出が可能となった。この技術はUNSCの戦闘艦が交易路やコロニーをの攻撃から守る為などに使われる。

人口 編集

人類は22世紀に地球から脱出した。その頃地球一つで賄い切れるほど人口の余裕が失われていたことを意味する。つまり、地球は人口飽和状態にあったと考えられる。

コヴナント戦争前の2525年には総人口は390億人であると推定される。(これにはUNSCの統計とハルゼイ博士の推計が含まれる)[2]27年間続いた戦争で23億人が死亡したとコルタナは見ていた。[3] コヴナント戦争後、太陽系を含めた総人口は20億人足らずであったと見られる。

地球、火星、木星の月が主要な居住惑星であったが、2589年に惑星リーチが再入植可能な状態にあったために総人口は再び微増し24億人となった。ただ、この数は戦前に太陽系外の星系に居住していた総人口の3分の1でしかなかったと言う。

Anatomy and Physiology 編集

Humans are mammals, and closely related to other dominant apes on the planet Earth, meaning that they are warm blooded and give birth to live offspring, and nourish their offspring with milk. They have five fingers, one including an opposable thumb, which a few Covenant species do not have. It was a major part in helping humans dominate on Earth. Unlike Elites, their circulatory system is closed and consists of one heart and a network of blood vessels and red blood due to the iron based hemoglobin of humans, as well as two lungs which breathe mainly a nitrogen-oxygen based atmosphere. Externally they have more hair than most Covenant species, but not nearly as much as Brutes. Their eyes have more pinpointed pupils, and additionally have a poor sense of hearing and smell. They are omnivorous, meaning that they will eat both meats and plants, as well as consume high calcium foods, such as the milk of other animals, in great quantities. Their bone structure is much different than a few Covenant species. They have a large calcium deposit, as well as a more developed bone structure for protecting organs, allowing them to be a perfect target for the Flood. Muscle-wise, they are leaner and possess less muscle matter, and a majority of Covenant species have the ability to pick up humans. In theory at least, physical conditioning can still negate this somewhat as even a standard UNSC marine can be witnessed flipping a turned over vehicle, and with the right enhancements and equipment, overcome their physical disadvantages to an even further extent as demonstrated by the SPARTANs.

Connections Between the Forerunners and Humans編集

Main Article: Reclaimer
  • A common theory among the Halo community is that the Forerunners are the ancient ancestors of the Human species. Examples of possible descent include the fact that only humans can take the the Index from its resting place in the Library, as well as comments made by 343 Guilty Spark during the Halo Trilogy. In the 3 games, the Monitor conveys confusion about the ignorance the humans have regarding the Halo array . Halo 3 seems to give the most evidence for the theory of humans being Forerunner descendants. 343 Guilty Spark tells the Master Chief: "You are the child of my makers. Inheritor of all they left behind. You are Forerunner!"
  • In Halo: Combat Evolved, 343 Guilty Spark confuses the Master Chief with a Forerunner, referring to conversations they never had. This is strange since forerunners don't look like humans at all according to Halo legends.
  • The High Prophet of Truth also tells Sergeant Major Johnson: "Your Forefathers wisely set aside their compassion. Steeled themselves for what needed to be done. I see now why they left you behind. You were weak. And gods must be strong."
  • However, the web comic that included the character N'chala makes this theory less likely. It seemingly disproved the theory with the combination of the Server 05 message from the Iris viral campaign and the Terminals of Halo 3 explaining that the Forerunners discovered humanity on a planet in a "perilous location beyond the line" (Maginot Line, meaning that Earth was outside of the Forerunners' protection). The Librarian built a portal to the Ark before Didact fired the array, ensuring humanity's survival from the Halos and the Flood. As shown with the Bestiarum the Forerunners worked to categorize species that they found. Humanity then, was not created by the Forerunner.
  • Another theory (one supported by the Halo 3 Terminals) is that the humans became the inheritors of the Forerunner empire and technology because the Forerunners passed the Mantle of Guardianship down to humanity, as it was passed to them, presumably from the Precursors.
  • Another similarity is on the level Sacred Icon, when you deactivate the plug locks then a holographic hand comes up and it looks just like a human hand. This implies Forerunner technology was intended for Human usage, or is at least compatible with human anatomy.
  • During the events in Halo: Contact Harvest, Covenant religious vehicles traveled the edge of Covenant-controlled space and discovered a planet that was covered with Forerunner "Reclamation" glyphs, who were actually the humans. A Brute Chieftain known as Maccabeus (uncle of Tartarus) landed on the planet (Harvest) and was, at first, passive towards the humans. He claimed the planet in the name of the Covenant due to the presence of a large number of Forerunner relics (which in fact were Humans') and an Oracle. It wasn't until a shot rang out did things turn bloody. Later, a report of the planet's glyphs was sent to the Vice Minister of Tranquility (Regret). He took the information to the Minister of Fortitude (Truth) and they went to see the Oracle (the Forerunner AI, Mendicant Bias, in the Dreadnought). Upon activation of the Oracle, the AI exclaimed, "FOR EONS I HAVE WATCHED. LISTENED TO YOU MISINTERPRET. THIS IS NOT RECLAMATION. THIS IS RECLAIMER." After those words, the glyphs in the report were shown and they began to transform shape until a crude image of a human appeared. The Oracle adds, "AND THOSE IT REPRESENTS ARE MY MAKERS. I WILL REJECT MY BIAS AND WILL MAKE AMENDS. MY MAKERS ARE MY MASTERS. I WILL BRING THEM SAFELY TO THE ARK." After that, the power conduits aboard the Dreadnought short circuit as several frying, dead Lekgolo worms fall out of the spaces. The Dreadnought powers down. Truth, believing that the humans were actually Forerunner (rather than being related), believed this information could destroy the foundation of the Covenant and, with it, his power. Upon being promoted (through blackmail) to High Prophet, he used his power to set out a massive religious genocide against the humans.[4]
  • "Child of my enemy, why have you come? I offer no forgiveness; for the father's sins pass to his son." -The Gravemind speaking to the Master Chief, acknowledging a relationship between Humanity and the Forerunners.
  • The Halo Encyclopedia has confirmed that Forerunners were deeply fascinated by humanity and felt that humans were meant to carry on their legacy as custodians of the galaxy. They also felt that could learn a lot about themselves and their own existence through the intense study of humans.[5]
  • Halo Legends episode Origins, depicts the Forerunners being of almost exact human form and shape, though their facial features are kept hidden through the episode. Whether this shows a biological connection between Forerunners and Humans, is still uncertain.

Sources 編集

  1. Halo 3 Bestiarum
  2. Bestiarum
  3. Halo: Evolutions pg 351
  4. Halo: Contact Harvest, page 274-276
  5. "Halo Encyclopedia"
人類の戦争の歴史
人類-フラッド戦争 (c. 110,000 BCE) · 人類-フォアランナー戦争 (c. 110,000 BCE) • ギリシャによるペルシャ第2次侵攻 (480-479 BCE) · 第二次世界大戦 (1939 - 1945) • ジョヴィアンムーンキャンペーン (2160) (2160) • 雨林戦争 (2162) • アルギレ平原作戦 (2163) • 惑星間戦争 (2164 - 2170) • インナーコロニー戦争大反乱時代 (2494-?) • コヴナント戦争 (2525 - 2553) • 第2次コヴナント戦争 (2554-?)
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。