Fandom


Previous:

人類-フラッド戦争

Next:

フォアランナー-フラッド戦争

人類-フォアランナー戦争
H4-Terminal-CharumHakkor-Battle
Conflict:
Date:

110,000B.C.E~100,000 B.C.E.

Place:

オリオン腕 銀河系

Outcome:

フォアランナーの勝利

  • 人類帝国の崩壊
  • 人類-サンシューム同盟の崩壊
  • 人類の文明は完全に崩壊、銀河系からの影響力消滅
  • サンシュームは故郷の惑星で監視下に置かれる
  • フラッドの治療法を破棄させる
Belligerents

フォアランナー

人類-サンシューム同盟

Commanders

フォアランナー海軍司令部

Strength
  • フォアランナー海軍
  • 他のフォアランナー軍
  • 人類海軍
  • 他の人類軍
  • サンシュームの軍隊(不明)
Casualties

重大

  • 少なくとも50の星系を喪失

重大

  • 少なくとも1,000の星系を喪失
  [Source]


"彼らは暴力的であった。彼らは1万年前にフォアランナーと戦い、敗れた。人類の文明は崩壊し、罰を受けた。彼らは反抗できないようにされてしまった"
Bornstellar, c. 100,000 B.C.E.

人類-フォアランナー戦争(Human-Forerunner wars)は110,000 B.C.にオリオン腕銀河系全域で発生した大戦争であった。[1] この戦争は、フォアランナー軍の圧倒的な軍事力と同盟軍が戦ったものであった。[1][note 1]

背景編集

人類フォアランナーよりも遥かに文明の歴史は浅かった。しかし彼らはフォアランナーに対し、常に軽蔑し、そして様々な形で干渉を始めた。フォアランナーの制御から逃れるために人類はオリオン腕全域に勢力を伸ばし、帝国を築き上げた。戦前には人類はフォアランナーの技術力に匹敵する多くの知識を得ていた。

ダイダクトは、"彼らが作る武器ならば大抵防げるだろう"と述べた。

人類たちは急激な技術力の進歩によって自信を持ち、フォアランナーの政策に対し喜んで挑戦した。初期の戦争では人類が勝利を収め、征服した惑星に人類のコロニーを設置し急速に規模を拡大させた。

フォアランナー側は反撃を開始するまでに無防備な星系50個を人類軍によって制圧されてしまったのであった。この為ついに我慢の限界に達し、激しい反撃を開始した。

最終的に、フォアランナー軍の圧倒的な軍事力の前に太刀打ちできず次々と打ち破られてしまう結果となってしまうのであった。

人類の技術力編集

人類は、戦前技術レベル1(T.A.T)に達していたとされる。人類は、広大な都市とそれを守るためのエネルギータワー、フォアランナーの艦船やステーションよりも少し洗練されたものを保有していたようだ。

人類の崩壊編集

初期の戦闘ではことごとく勝利を収めた人類ではあったが、フラッドと戦うために人類は多くの戦力を割かなければならなかった。フラッドを駆逐する間に人類植民地の多くはフォアランナー軍によって制圧されていった。彼らの首都はフォアランナー海軍によって帝国の他の星系から孤立させられてしまっており、勝ち目がなくなりつつあった。人類は、フォアランナーの技術を取り入れた要塞を建設し始める。それらは2550年代に地球リーチ軌道上に建設されていた軌道防衛プラットフォームによる防衛とよく似ている。

やがてフォアランナーは人類軍の抵抗を排除し、首都を確保することに成功してしまった。この戦いの最中でダイダクトの子は全員戦死してしまう。地球など主要な惑星は約50年間にわたる連続攻撃を受けて陥落した。人類はサンシュームと同盟を結んではいたが、彼らから援軍を受け取ることはついにできなかった。この戦争は、アレイの建造に反対していた人々を説得するための有力な材料となるであろうと、ダイダクトは確信していた。

余波編集

敗者は非常に悲惨であった。フォアランナーは彼らが二度と刃向かえないようにするために、有史以前の全ての文明を解体することに決定した。

更にフォアランナーを襲った暴力的な種族であるという理由で多数の人類を処刑した。この結果、人類は完全に衰退の道を転がることになってしまった。この戦いから1万年経過したとき、Bornstellar-Makes-Eternal-LastingとプレビルダーManipularによって、「罰」であると指摘された。

人類という脅威を解体した彼らはフォアランナーによる銀河系全域の掌握を成し遂げた。しかし、彼らは人類がなぜこういう手に出たのか、その理由を全く探ろうとはしなかった。人類はフラッドの脅威から侵略行為を開始したのだということに、気づくものは誰も居なかった。

そして彼らはフラッドの脅威を知ったとき、人類が戦争に負けて崩壊したのと同様に、破滅への道に転落して行くのであった。

この期に及んでダイダクトは人類文明の完全破壊を後悔する様になった。

サンシューム達は故郷に抑留され、惑星の周囲は強力なフォアランナー軍の要塞が周回し警戒に当たっていた。ライブラリアンは、フラッドとの戦争の初期段階でサンシュームのインデックス化を試みた。しかし、サンシュームは彼女の意図を誤解し、反乱を引き起こしてこの動きに抵抗した。

この抵抗によってマスタービルダー・フェイバーはヘイロー効果のテストのためにサンシュームの故郷を使うことになった。このテストによってサンシュームはほぼ絶滅してしまったのである。しかし、この一件によりフェイバーはマントルの責務から追放される事になってしまったのだ。

言及編集

ノート編集

  1. 完全に解体されてしまった旧人類文明は、19~21世紀の研究で退化していたと認識された

ソース編集

  1. 1.0 1.1 Halo: Cryptum, page 45

関連リンク編集

内部リンク編集

外部リンク編集

人類の戦争の歴史
人類-フラッド戦争 (c. 110,000 BCE) · 人類-フォアランナー戦争 (c. 110,000 BCE) • ギリシャによるペルシャ第2次侵攻 (480-479 BCE) · 第二次世界大戦 (1939 - 1945) • ジョヴィアンムーンキャンペーン (2160) (2160) • 雨林戦争 (2162) • アルギレ平原作戦 (2163) • 惑星間戦争 (2164 - 2170) • インナーコロニー戦争大反乱時代 (2494-?) • コヴナント戦争 (2525 - 2553) • 第2次コヴナント戦争 (2554-?)
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。