Fandom


Smallwikipedialogo ウィキペディア日本語版の記事Lunaにはさらに詳しい情報があります。
Moon

2552年10月に捉えられた月

(またはルナと呼ばれる)は地球の周囲を周回する自然の衛星だ。人類は2080年に本格的な施設の建設を開始した。[1] 2552年当時、月面は灰色で覆われていたことからテラフォーミングが行われていなかったことが分かる。その為、生活にはあまり適さない地であったが、人類はここに国家、都市、軍事基地を建設していた。各都市、施設間はチューブで接続されていた。

2492年当時、マレ・ヌビエムがこの衛星を統治していた。ルナ・OCS・アカデミーという施設があったが、これは別名「マレ・ヌビエム・アカデミー」として知られていた。[2]

知られている住民編集

存在した国、都市、施設編集

雑学編集

  • ルナはラテン語で'月'を指す。Haloワールドではラテン語が中心となっている。
  • Haloユニバースでは、多くの惑星が実際の寿命よりも長く設定されていた。
  • Halo: Reach ライブアクション・トレーラースペース・ポートにてマナサス宇宙港の行き先を示す掲示板の一つに、月に向かう船があったことを示していた。

登場した作品編集

ソース編集

  1. Halo:百科事典44ページ
  2. Halo:レボリューション - プレストン・コール提督の死 433ページ
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。