Halopedia
Advertisement


</noinclude>

M-145D 機動砲兵突撃プラットフォーム(MAAP)は、一般的にRhinoという名称で知られている。この戦車は、UNSCが開発した試作自走砲の1種だ。兵装はプラズマ火器だ。[2] 2531年に初めてアルカディアにて使用された。コヴナントが惑星に設置したシールドワールドを無力化するために5両が投入されたのだ。マルチプレイではコブラがその代用品として登場する。基本的にキャンペーンモード専用の特殊兵器だ。

外観[]

ライノは一見するとスコーピオン戦車と良く似ている。しかし6つのキャタピラーを装着しているように見え、砲撃時に安定させるためのものであろうか。また、スコーピオンの主砲より遥かに強力かつ大型の主砲を砲座に据えている。

ライノのコンセプト

性能[]

  • 対空攻撃力: 0
  • 対車両攻撃力: 19
  • 対歩兵攻撃力: 15
  • 対施設攻撃力: 42
  • 防御力: 36

ギャラリー[]

登場又は言及された作品[]

情報源[]

  1. Halo Wars: Official Strategy Guide page 28
  2. http://www.gametrailers.com/player/usermovies/307185.html

関連リンク[]

Advertisement