Halopedia
Advertisement



M149 マゼラン RCLUNSCの重火器の1種でコヴナント戦争中に使用された。[1]

背景[]

M149が使用された戦場はアルゴリスにおいてのみであった。この戦いでコールサイン:ゴーストと呼ばれる海兵隊員が使用した。[2]彼はパワーアーマープロトタイプを起動させ、味方や民間人の避難の時間稼ぎのためにコヴナントに一人立ち向かう。この際数機のバンシーファントム、及び数名のコヴナント歩兵を破壊するためにM149を使用している。後にゴーストはパワーアーマーの自爆シーケンスを起動させたことで戦死、搭載されていた兵器は爆発の中で失われた。

情報源[]

  1. Halo Waypoint, Prototype fiction article
  2. Halo Legends, Prototype

Advertisement