Halopedia
Advertisement


"何物かが接近中 船体は識別不可能です!"
本稿は完全では在りません。もし新たな情報を入手したら更新をお願いします。



M319 Individual Grenade Launcher(又は個人用グレネードランチャー, 40mm口径, M319,として知られる)[2]UNSC陸軍が使用していたグレネードランチャーである。そのシンプルさと耐久性・火力の高さから2263年の制式採用以来UNSC陸軍では制式装備として長く使用していた。3世紀もの間、幾つかの紛争でも使用されている。[3] この火器はコヴナント戦争中に使用され、惑星リーチで使用したという情報を確認している。[4]

デザイン詳細[]

M319の青写真

このグレネードランチャーは2種類の発射モードがある。一つのモードは普通の手榴弾の半分の速度で発射され、一定時間後に起爆する。

もう一つのモードは手動起爆で、擲弾を発射後トリガーを押している限り起爆はしない。このモードは主にトラップを作る際に用いられる。


ギャラリー[]

使用された作品[]

ソース[]

Advertisement