Halopedia
Advertisement


M6G拳銃。ミシェラン兵器廠にて製造されている銃器の一つ

“M6は採用されてから140年経つ・・・この武器が時間の中で、どれだけ変化しているかを考えると・・・驚くばかりだ。”
— 匿名のUNSCの軍人

M6 個人防衛火器システムとは、ミシェラン兵器廠で製造されている短銃身火器のシリーズである。

概要[]

M6 シリーズは、軽度の貫通力を備えた軽火器である。UNSC防衛軍によって採用されてから既に140年は経過している歴史の長い武器だ。[1]

デザイン詳細[]

M6G マグナム

M6シリーズは反動式で12.7 x 40mm弾薬を使用するが、大口径武器にも拘らず"エクゾチック" 弾薬は使用されない。M6シリーズは総じて堅牢で信頼性が高い武器であった。スリップスペース内部の強烈なGや高高度での訓練でも動作できるなど非常に優れている。[1] しかし、一部のUNSC要員はM7短機関銃を支持している様である。

M6シリーズは驚くべきことに殆ど変わっていないが、様々なバリエーションが存在した。 A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K,Sである。M6拳銃は3つの異なる素材で仕上げられる: 硬質クロム・黒樹脂・無電解ニッケルである。[1]

知られているモデル[]

M6CシリーズHalo 2にて。

  • M6A拳銃 - 民間 治安維持機関で使用される。ブラックポリマー仕上げ。[2]
  • M6B拳銃 - 民間の治安維持機関で使用される。KFA-2 ×2スコープ装備、 ハードクローム仕上げ。[2]
  • M6C マグナム - Halo 2時代のUNSC軍が使用する。'最大サイズ'、高浸透弾薬を使用。ブラックポリマー仕上げ。[2]
    • M6C/SOCOM - Halo 3: ODST-時代のUNSC軍が使用。スマートリンク4X スコープ VnSLS/V 6E、サウンドサプレッサー、マズルブレーキ搭載。ブラックポリマー仕上げ。"オートマグ"の愛称。[2]
  • M6D マグナム - Halo: Combat Evolved/Halo: Combat Evolved Anniversary -時代のUNSC軍が使用。 '最大サイズ'、高性能弾薬使用。KFA-2 ×2 スコープ搭載。[2]
  • M6E拳銃: 標準モデル/無電解ニッケル仕上げ。[2]
  • M6F拳銃: スマートリンクKFA-2 ×2搭載。無電解ニッケル仕上げ。[2]
  • M6G マグナム - Halo 3/Halo: Reach-時代のUNSC軍が使用。 '最大サイズ'、高性能弾薬使用。無電解ニッケル仕上げ。[1][2]
  • M6H 拳銃 - Halo 4Halo: Spartan Assault-時代のUNSC軍が使用。 '最大サイズ'スマートリンクKFA-2 ×2装備。無電解ニッケル仕上げ。[2]
  • M6I拳銃: 射撃モード選択可。取り外し可能なショルダー ストック装備。ブラック ポリマー仕上げ。[2]
  • M6Jカービン - UNSC陸軍用のカービン。355mmのバレル、取り外し可能なショルダー ストック装備。無電解ニッケル仕上げ。[2]
  • M6K拳銃: 治安維持機関'アンダーカバー'用; 6発装填のマガジン。ブラック ポリマー仕上げ。[2]
  • M6マシンピストル - Halo: Spartan Assault-時代のマシンピストル。

UNSCでの言及[]

"M6 は世界最大のピストルで、世界で最も小さいライフルだ。私は確信してないが。"

"M6は永遠に出続ける。実に様々なバリエーションがあるのだ。お前はM6Jカービン-陸軍用のカービンバリエーション-しか見ていないのか?"

"M6は採用されてから140年経つ・・・この武器が時間の中で、どれだけ変化しているかを考えると・・・驚くばかりだ。"

登場または言及された作品[]


情報源[]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 Bungie.net: M6g Personal Defense Weapon System "The M6 has been in service for about a hundred and forty years… it’s amazing to think how little it has changed in all that time."
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 Bungie.net: Halo 3: ODST Project Page

Advertisement