Halopedia
Advertisement
Halopedia
2,424
ページ

35#.png35#.png
MA5系列の小銃[1]ミシェラン兵器廠によって製造され、United Nations Space Command 防衛軍2437年以降から採用したアサルトライフルのファミリーといえる。MA5系列は大反乱時代コヴナント戦争時代に使われた。

全てのMA5系列はブルパップ式ライフルであり、弾薬は7.62x51mm NATO弾であった。UNSCDF軍の"パンとバター"といえる存在であったようで、UNSCDF要員の標準的銃器であった。

MA3アサルトライフルが使用されていたのがかなり前の話になるが、MA5シリーズがMA3ライフルと同時期に使用されたかどうかは不明だ。[2]

この武器はFN F2000ライフルやHeckler & Koch社の銃器(UMP, MP5, G3系列)に所々類似しているようだ。

モデル[]

ギャラリー[]

注訳[]

  1. MA37は(MA5で海兵隊海軍は指定した)UNSC に2437年から納入された。それ以降UNSCの各部において標準的なライフルとしての地位を得たのである。

登場した作品[]


情報源[]

Advertisement