Fandom


The correct title of this article is Mantle's Approach. It appears incorrectly here because of technical restrictions.
Are you looking for Didact's ship, the unnamed ship the Didact used in Halo: Cryptum?
Mantles Approach
マントル・アプローチ
Production information
Manufacturer

フォアランナー

Class

戦艦

Technical specifications
Slipspace Drive

有り

Shielding

UNSC艦隊の攻撃を十分阻止可能

Sensor systems

不明なスキャナー

Armament
Complement
  • プロメシアン
Minimum crew

1

Usage
Year introduced

人類-フォアランナー戦争

Role(s)
  • フォアランナー主要艦
  • 敵対有機文明のデータ化
Affiliation
  [Source]

マントル・アプローチダイダクトが名づけた彼の旗艦であった。Halo 4後半に登場する。[1]

歴史編集

レクイエムで復活した彼は自身の計画に基づいて惑星を出ようと考えた。しかし、彼の計画遂行のために必要な物コンポーサーが手元に無かった。チーフとコルタナがダイダクトのレクイエム脱出を阻止しようとしたが、失敗し彼のCryptum がフラグシップに侵入することを阻止できなかった。動き出したダイダクト艦に多数のリッチが追従し、ダイダクトは惑星から脱出し始めた。マントル・アプローチはコンポーサーが眠る場所第3ヘイローイヴァンオフ研究基地へジャンプした。

追撃したコルタナとチーフによるコンポーサー防衛戦は失敗し研究基地内の場所を特定され、強奪された。そして、研究基地の人員目掛けてコンポーサーを解き放った。その後マントル・アプローチは研究基地から出て地球へ向かおうと再びジャンプを試みた。唯一基地で生き延びたチーフとコルタナはブロードソード戦闘機に乗り込み、艦を破壊する兵器を携えてダイダクト艦を追撃した。地球に達したとき、UNSC Infinityがマスターチーフの指示を受けて艦の防空火力が落ちた隙にコンポーサー目掛けて主砲を発射、マントル・アプローチに穴を明けた。穴からチーフとコルタナは艦に侵入する。

艦内に展開する無数のプロメシアンを倒しながら、ついにコンポーサーに到達した。だが遅かった。ニューフェニックス目掛けてコンポーサーが解き放たれてしまったのだ。チーフとダイダクトの間で戦闘が行われたが何とかチーフが勝利を収め、HAVOK核爆弾を起爆し艦を破壊した。マスターチーフはコルタナによりハードライトブリッジをシールドにされたおかげで無事だった。コルタナの最後の力を使い、マントル・アプローチとコンポーサーを襲う爆風からチーフを守り、そして安全に地球軌道上まで送り出したのであった。

情報源編集

  1. Halo Waypoint - SECTION 3 ARCHIVE
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。