Halopedia
Advertisement
Halopedia
2,424
ページ

35#.png

Help.png This article does not have enough inline citations or proper citation format. You can help Halo Alpha by adding citations.

機動対空兵器プラットフォームM510 Siegework/Ultra-Heavy(別の名称はマンモス)とは、Halo 4で登場した大型の機動兵器である。この兵器は戦時中に使用されていたエレファントを大きくしたものであると思われる。[2]この兵器の役割としてはUNSC地上軍の前線指揮所となることであろう。なお、ワートホグマングース級の小柄な兵器と歩兵部隊を輸送することが可能だ。

構造[]

マンモスはUNSCではエレファント以上に大きく、恐らくはUNSC史上最大の車両兵器であろう。この兵器はワートホグマングース位ならば格納して移送することが出来る。マンモスには左右に3つずつ巨大なタイヤを装備している。カーゴドアは車両の前方下部に位置する。マンモスには小型ながらもMACキャノン("ミニMAC"と呼ばれる)を車両上部の後方に据え付けている。

雑学[]

  • サンドラップに出てきたエレファントと違い、マンモスはキャンペーンステージのリクレイマーでしか動かない。マルチステージで登場するこの車両は砲塔しか操縦することが出来ない。

ギャラリー[]

登場した作品[]

情報源[]

Advertisement