Fandom


モニター
Biographical information
Physical description
Chronological and political information
  [Source]

モニターとは約10万年前にフォアランナーが作った上級先進人工知能機械。リングの保守点検をし、フラッドを抑制する事が彼らの主な目標である。その他の役割として前線における軍事施設の保守点検などがある。モニターは10万年もの間全機能を不具合なく実行しし、フラッドの抑制に力を入れている。だが彼らの抑制プロトコルが阻止されると暴走することがある。

コヴナントはモニターたちのことをひとまとめにオラクルと称している。人類はそれぞれが思ったように呼んでいる。343-ギルティスパーク を例にとると、ジョンソン軍曹は白熱電球や妖精、ロボットと呼び、マスターチーフスパークと単純に名前を縮めて呼んでいる。

概要 編集

 モニターの体はざっと球形、3つの窪み、オーブ前面に位置する発光虹彩(目とも)から成っている。モニターが身につける銀色のカバーは他のフォアランナーの機械を思わせる形をしている。しかしその球形の構成は一般的なフォアランナーの角ばった造形の機械や建造物とかけ離れた形をしている。

知られているモニター編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。