Fandom


"何物かが接近中 船体は識別不可能です!"
本稿は完全では在りません。もし新たな情報を入手したら更新をお願いします。

New Alexandria City Zen
ニュー・アレクサンドリア
都市の概要
名称

ニュー・アレクサンドリア

位置

惑星リーチ ユトコゼット エポズ

個体数

推定:100万以上

崩壊年

2552年8月23日

役割
  • 主要な人口密集地
  • 宇宙に上げる貨物の集積地
  • 主要な政府機関所在地
  [Source]

ニュー・アレクサンドリアは人類植民地の一つ惑星リーチにあった大都市であった。[1]

歴史 編集

対コヴナント戦争編集

2552年8月、コヴナントがリーチに到達しニューアレクサンドリアを攻撃した。ノーブル隊[2]UNSC軍によって防衛が行われる。

ニューアレクサンドリア中心部にて、4 チャーリー 27と7 デルタ 19らの部隊は市内の数箇所に構築された通信妨害装置の破壊を実施。ノーブル6の援護を受けて通信妨害装置を全て無力化することに成功する。この間に多数の市民が都市から脱出した。

リーチが失われる前に都市の大半はガラス化されてしまった。

戦後時代編集

2610年に都市は再建された。ノーブルチームへの記念物がHősök tereに構築されたという。[3]

アーキテクチャー 編集

ニューアレクサンドリアの一般的な地形は人工的に作られている。市内の至るところに山に迫るであろう高さの超高層ビル群が林立。ビル群の間には丘よりも低い高さに人工的に整備されたプランター、木々が植わった広場が多数存在する。幾つかの建物は屋根全体がグリーンスペースとなっていた。[4]市内の色は殆ど数色に限られていた。建物は白色や灰色のコンクリートや金属製で出来ており、青や黒褐色も所々に見えるがこの色はガラスの色であった。

政府 編集

NACC(ニューアレクサンドリア市議会)[5]が都市の政府として機能していたが、詳しいことは何も判らない。

トランジット 編集

ニューアレクサンドリアの街は歩行者メインのインフラが整備されているように見える。これによってコンコースなどがかなりの数設置されている。これらコンコースを結ぶようにマグレヴシステムが街全域に整備されている。[4] この街に自動車用道路があるのかは不明だが、本編では一度も登場しなかった。トラクサスタワー基部にはドックがあり、貨物船のような大小の航空機や徒歩が交通の中心なのかもしれない。[4] 街の近郊には3基の軌道エレベーターが所在していた。[6]

ニュー・アレクサンドリアの施設編集

ギャラリー編集

情報源編集

  1. Youtube.com: Halo: Reach Firefight 2.0 Gameplay
  2. Halo: Reach ViDoc: A Spartan Will Rise
  3. Halo: Reach Legendary Edition - Journal Package Letter
  4. 4.0 4.1 4.2 Halo: Reach, level Exodus
  5. Halo: Reach, Boardwalk
  6. YouTube: E3 2010 Firefight 2.0 Beachhead Gameplay
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。