Fandom


"何物かが接近中 船体は識別不可能です!"
本稿は完全では在りません。もし新たな情報を入手したら更新をお願いします。

Previous:

シグマ・オクタヌスIVの戦いビシェグラードSzurdok Ridge

Concurrent:

リーチの戦い

Next:

インストレーション04の戦い

Operation: UPPERCUT
Reach E310 Campaign10
Conflict:

コヴナント戦争

Date:

2552年8月14日

Place:

イプシロン・エリダニー星系 惑星リーチ軌道上

Outcome:

UNSCの戦術的勝利

  • 超大型空母1、コルベット1の撃沈に成功
  • コヴナント艦隊本隊が侵攻開始した為、戦略的には失敗した
Belligerents

国連宇宙司令部

コヴナント帝国

Commanders

不明

Strength
(10+) ファントム級降下艇
(10+) セラフ-級宇宙戦闘機
(10+) バンシー級近接航空支援機
(10+) Type-27 XMF
Casualties
  • 1隻のコルベット
  • 1隻の超大型空母
  • 数十機の航空機
  [Source]

アッパーカット作戦UNSCリーチの戦い最中にイプシロン・エリダニー防衛艦隊がコヴナント艦隊に対して反撃し、これをセイバー級宇宙戦闘機で支援した一連の作戦の総称である。この作戦中、宇宙ステーションの防衛も行われた。[1]

ノーブル・チームは攻撃を受けていた地上施設を奪還し、部隊から2名のスパルタン(SPARTAN-B312ジョージ052)をセイバーに搭乗させ出撃させた。ノーブルを含むセイバーチームは攻撃を受けつつある軌道施設アンカー9コヴナントセラフ戦闘機バンシーの猛攻を防ぎつつ防衛用機関砲が再稼働するまでの間守り抜いた。[2]

その後、セイバーチームはコヴナント・コルベットにスリップスペース爆弾を設置する為にジョージ052の護衛の下でスリップスペースドライブがペリカン降下艇に装着される。これはフリゲート UNSC サバンナから取り外したものである。

サバンナはセイバーチームによる攻撃を支援するために出発し、共にコルベット攻撃を開始する。[3]

サバンナなどの攻撃によってコルベットの動力部は損傷し、さらに通信機能を寸断することに成功した。

アッパーカット作戦第2段階として、セイバーチームの兵士達によるハンガー制圧と共にスリップスペースドライブを搭載したペリカン降下艇をハンガーに着陸させる。 その後、強襲部隊の一部が艦橋を制圧し、艦の進行方向を巨大空母に向けて設定した。その直後に強襲部隊を殲滅するべくコヴナントの兵士がハンガーに押し寄せてくるが、反撃を受けて逆に制圧された。

この戦闘中の損傷からか、スリップスペースドライブの爆破装置のタイマーが故障し、手動爆破に切り替える必要に迫られた。ノーブル5・・ジョージ-052が艦に残り、強襲部隊の生き残りノーブル6を艦から脱出させて自らを犠牲にして作戦を完遂させる。


作戦の影響 編集

標的の破壊と共にコルベットの破壊も成功し、コヴナント軍によるリーチ侵攻を阻止できると思われた。

しかし、破壊から間を置かずにコヴナント艦隊…パルティキュラー・ジャスティス艦隊が、リーチ軌道防衛網と惑星リーチの間の空間にスリップスペースアウトした。結果としては、侵攻阻止に失敗したのである。

ギャラリー編集

情報源編集

  1. Bungie.net: Halo: Reach E3 2010 Trailer
  2. YouTube: E3 2010 Extended Reach Campaign Mission HD
  3. Halo: Reach - E3 Campaign Demo

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。