Fandom


プラズマ魚雷
Production information
Manufacturer

コヴナント

Type

魚雷

Technical specifications
Operation

対艦攻撃

Rate of Fire

不定

Accuracy

極めて正確

Usage
Era(s)

コヴナント戦争

Affiliation

コヴナント後にコヴナント正統派コヴナント反乱軍に分裂し使用。

  [Source]

プラズマ魚雷はコヴナント艦艇で使用された高エネルギープラズマ兵器(遊底で超加熱されたプラズマ)だ。 それらはコヴナント戦闘艦の側舷部に配置され、フリゲート、駆逐艦、空母、および巡洋艦を含むほとんどすべてのコヴナント艦艇に装備されている。

概要編集

プラズマは艦の反応炉から供給されたエネルギーによって締め付けられた磁場において熱せられる。 コヴナント艦とその目標の間で適切な弾道の上にある原子はその時魚雷発射管の口に磁気パルスによって集められる。

プラズマ魚雷はその時発射されて、発射管によって投影された磁場によってその目標に誘導される。 非常に正確だ。

UNSC戦闘艦が攻撃を避ける唯一の方法は、命中する瞬間に、魚雷を"避ける"ために緊急姿勢制御用ロケットを使用することだ。 衝撃時、内部デッキ構造で炎上する為、目標に甚大な損害を生じさせる。そして船体に大穴をあけて突き破るのだ。


戦術編集

  • プラズマ魚雷による一斉射撃は頻繁に長距離でUNSCの戦闘艦隊と交戦する際にコヴナント海軍によって使用される最初の攻撃だ。

プラズマ魚雷は、直撃部分の多くの兵士達を殺傷する能力を持つ。 魚雷は可視可能な放射線である。色がついたこの魚雷は、連射されることによりフレアに酷似していると言われる。

1回の攻撃だけで、艦尾・艦首を貫き全てを破壊し尽くすだけの力を持っている。

  • 攻撃を行う場合、行ったんシールドレベルを下げなければならない。下げていなければシールド内部で爆発し、自滅につながるからだ。

主力艦艇並びに軌道ステーションに対しては大きく威力を発揮するが、艦載機(ペリカン降下艇やロングソード)に対してはほぼ無力だ。回避が容易であるからだ。

また、大型艦船でも回避できる場合があった。それは針路を複雑に設定すれば良いのだ。キース大佐UNSC イロコイで実践された。

雑学編集

  • 魚雷を発射した艦船が破壊されるならば、魚雷は消えるまで飛び続けるかその場で自爆する。

にも関わらず、リーチに置いて魚雷を発射したであろう戦闘艦を破壊した筈が、軌道防衛グリットに直撃し粉砕されてしまっていた。

ギャラリー編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。