Fandom


Reach Station Gamma

リーチステーションガンマのホログラム

リーチ ステーション ガンマUNSC 宇宙ステーション惑星リーチ軌道上に存在した。直径3kmのリング状の構造物で構成されていた。ドックマスターはAIドップラーである。

歴史編集

激戦が始まる直前にステーションガンマに遠隔スキャン前哨地 フェミリオンからスリップスペース内部の未確認情報を確認したと報告が入った。・・・この直後にコヴナント艦隊が来襲してきたのであった。

戦闘中、3名のスパルタンJohn-117, Linda-058ジェームスペリカン降下艇に乗り込みガンマに到着した。ONI プラウラーシカンファレンスがドック入りしており、艦に搭載されていたNAVデータを削除するためであった。コヴナントの侵入検知ソフトが無傷で残っているデータベースを確認した。この情報は直ちにコヴナント フリゲート艦に送信された。この艦は軌道防衛グリットUNSC ピラー オブ オータム等によって破壊されたがエリートレンジャー部隊ジャッカル レンジャー部隊がデータベース確保に動いた。[1]. しかし、John-117がデータベースを消去したため、大事には至らなかった。が、リンダ-058ジェームス、何名もの海兵隊を失った。生き残ったのはジョンソン軍曹ジェンキンス兵卒ビセンティ二等兵オブライエン二等兵のみで、彼らはスパルタンらと共に退避した。

戦闘は結局惨敗に終わりUNSC軍はリーチを捨てて撤退した。ステーションはコヴナント艦の手によって粉砕された。惑星は焦土化した。

マルチプレイマップ 編集

眼下には燃え上がる惑星リーチが、そしてステーション自身は崩壊寸前にある。

情報源編集

  1. Halo: The Fall of Reach page 308

関連リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。