Fandom



ローランド・フリーモント提督(サービス番号00745-16778-HS)は、UNSC海軍の士官で、FLEETCOMセクター1指揮官であった。彼は、惑星リーチタンタロス星系ジェリコVII星系の防衛任務を担当していた。

背景 編集

2552年8月、コヴナントが約300隻以上の大艦隊を惑星リーチ攻撃に投入した。提督は惑星リーチ防衛のためリーチ、タンタルス、ジェリコに展開中の全UNSC戦闘艦に対して集結するよう緊急命令を出した。コヴナント艦隊司令部を破壊したときに戦死したと推定される。彼は、コールプロトコル遵守を要求し、破壊寸前の全てのステーションならびに艦艇に対してコール議定書の命令通りにデータ抹消などを行うよう命じていた。ローランド提督は防衛戦では最大の戦力たる150隻以上の艦艇と20基のスーパーMACラウンド搭載ステーションを指揮した。彼の戦術はスタンフォース提督の戦術を真似し、艦艇の一斉射撃の際のシールドとしてrefit stationsを使った。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。