Fandom


H5G Linda058 Transparent
Linda Pravdin
Biographical information
Spartan Tag 058
HomeworldVerent[1]
Birth dateMarch 19, 2511[1]
Physical description
SpeciesHuman
GenderFemale
Height213 centimetres (テンプレート:Convert/LoffAonSoffAnd) [1]
Hair colorRed
Eye colorGreen
Affiliation and military information
AffiliationUNSC Navy
RankPetty Officer Second Class
SpecialtySharpshooter
BattlesBattle of Jericho VII, Fall of Reach, Battle of Sigma Octanus IV, Operation: FIRST STRIKE, Battle of Earth, and more.
ClassClass I: 2525
[Source]


[1] Now I know what you have to do to get a couple of days' R-and-R in this outfit.[2]

リンダ-058 は、スパルタン-II スーパーソルジャーだ。 彼女はジョン-117の最も親しい友人の中の1人であり、スパルタン-IIの数少ない生き残りの1人である。スナイパーライフルを用いた狙撃の名手として名を馳せ正確な狙撃をおこなう。素早く2人のターゲットを狙撃し、どちらを最初に狙ったのかジョン-117がわからなかったほどだ。


パーソナリティー 編集

リンダはスナイパーライフルを使用した凄腕の狙撃手として知られている。容姿の特徴は青白い肌、暗赤色の髪、瞳の色はブライトグリーン。スパルタン-IIブルーチームの一員。彼女は部隊の中では寡黙であり、根強い意思の持ち主で禅の達人、"ローンウルフ(一匹狼)"のスパルタンだ。ジョン-117とフレッド-104は彼女の狙撃を"芸術的"と評しており、スナイパーライフルに対する能力が他のスパルタンより、はるかに上回っていることを何度も証明している。[要出典]他のスパルタン-IIと同じようにチーフ・メンデスによって鍛えられ、リーチの戦いなどで活躍した。

バイオグラフィー 編集

幼少期 編集

Linda Pravdinは2511年3月19日にアウターコロニーであるヴェレントに生まれた。[3]SPARTAN-II計画への徴兵以前は、クラスメートの間に構築した情報網を監督し、教師をスパイしたりしていた[4]。2517年、6歳の時に彼女は キャサリン・ハルゼイ博士に身体的・知的に優れた子供として選ばれた。誘拐された彼女の代わりにフラッシュクローンが置かれ、彼女はリーチの訓練施設に送られた。そこで彼女はフランクリン・メンデズテジャの指導の下、他のスパルタンとともに訓練した。以降Military Reservation 01478-BMilitary Wilderness Training PreserveHighland Mountainsでの訓練任務に参加した。
LINDA-1

GEN2 Argusアーマーを纏ったリンダ。

初期の活躍 編集

HTFoR AS - Linda 01

エリダヌス・セカンダス襲撃時のリンダ

2525年彼女は増強手術を無事に受け、すばやく回復した。そのためエリダヌスIIでのスパルタン初のミッションに選ばれた。当時はまだ、スパルタンのトレードマークであるミョルニルアーマーMK-IVは配備されていなかった。彼女はジョン-117, フレデリック-104, サミュエル-034 そして ケリー-087 とともに、貨物船Ladenに潜入して エリダヌス・セクンドゥスの施設に侵入。当時のエリダヌス反乱軍リーダーであるロバート・ワッツ大佐を捕獲した

彼女は2535年の ジェリコVIIの戦いにも参加し、マスターチーフと同じ部隊にいたと考えられる。

シグマ・オクタヌスIVの戦いにも参加。グリーン1としてチームを指揮し、コートダジュール郊外へ向かった。彼女のチームは居住区の偵察を行ったが生存者を発見できず、ジョシュア指揮下のレッドチームが見つけた生存者20名の護衛を支援した。中心街に駐留する数万のコブナント部隊を壊滅させようと、ブルーチームがHAVOK核弾頭を起爆すると、彼女たちはペリカンで脱出した。その後 UNSC リヴァイアサン に乗船し、デブリーフィングのためリーチに帰還した。

惑星リーチ 編集

HFoR - Blue Team on Gamma Station

ガンマステーションで戦うリンダ、ジョン、ジェイムズ。

リンダはリーチの戦いが始まる前、しばらくの間 UNSC ピラー・オブ・オータムに乗船していた。 ジョン-117のチームのブルー3として、リーチ・ステーション・ガンマ に停泊中のUNSC シカンファレスに残っていた航行データ破壊の任に就いた。途中ジェームズが行方不明(恐らく戦死)となり、ジョン-117と二人で、エリートとジャッカルのレンジャー部隊が展開するステーションに侵入せざるを得なくなった。ベイでエイブリー・J・ジョンソンの部隊を救出し、脱出までコブナントを押しとどめた。しかしベイのドアを開こうとペリカンを降りた際、プラズマピストルとプラズマライフルで撃たれてしまった。光弾はアーマーと肉を貫通し、骨を炭化していた。ジョンはすぐに海兵隊員に彼女を回収させたが、彼女のバイタルサインは消え、死亡したと思われた。[5]

アルファ ヘイロー 編集

マスターチーフは親友の死に意気阻喪し、僅かな望みを胸に彼女をオータムのコールドスリープチャンバーに入れて冷凍した。オータムがアルファヘイローにワープしコブナントに撃墜されそうになると、ほとんどのチャンバーはUNSCの規則に従い宇宙空間に射出された。彼女はヘイロー破壊までの数日間、ヘイロー付近を浮遊し、ロングソードで脱出したコルタナとジョン-117に発見された。彼らは他に2つのチャンバーを回収したが、中の人間は装置の故障により死亡していた。


マスターチーフジョンソン軍曹ロックリア伍長ハーバーソン大尉ポラスキー二等軍曹 がコブナントのアセンダント・ジャスティスを拿捕した際、リンダはまだ冷凍睡眠状態で船に乗せられた。適切な医療措置が受けられるまで冷凍状態である必要があった。リーチからハルゼイ博士とフレデリックのチームの生存者が救出されると、ハルゼイ博士はUNSC ゲティスバーグ 内でリンダを蘇生した。ハルゼイはリンダの腎臓と肝臓をクローン生成し、移植するという外科手術を行った。手術は成功したが、ハルゼイは1週間は寝たきりでいるよう言った。しかし地球への脅威が顕在化すると、リンダはこれを無視した。少なくとも彼女は数日間で作戦に耐えうる程度に回復したようだった。

オペレーション:ファーストストライク 編集

リンダはその後装備を整え、オペレーション: ファーストストライクで活躍する。リンダはチーフ, フレデリック, ウィリアムとグレースらとともにアンイールディング・ハイエロファントへ潜入し、スナイパーライフルでリアクターのオーバーロードへ向かう彼らを援護した。

H2A Terminals - ONICouncil

ONI諮問会でアンイールディング・ハイエロファントの破壊を報告するフレッドとリンダ。

脱出時にはケーブルでつるされた状態で、片手撃ちで7機のバンシーパイロットを射抜くという離れ業をみせた。[6]

第二次地球の戦い 編集

地球へ帰還するとリンダはフレデリックとウィリアムとともに、第二次地球攻防戦において数々の作戦を遂行した。2552年11月3日までに、南極大陸エレボス山に侵攻するコブナントをハヴォック戦術核で阻止したり、メキシコユカタン半島沖のコブナント掃討などに従事した。その後彼らはキューバのハバナにある センテニアル軌道エレベーターに集合したコブナント阻止のため派遣された。彼らは複数の核弾頭を入手したコブナント軍を妨害し、軌道エレベーターでコブナント駆逐艦まで上昇しこれを破壊、さらに別の駆逐艦 ブラッディード・スピリットを拿捕した。

オニキス 編集

Main article: Battle of Onyx
"To absent friends."
倒れたスパルタンの仲間たちをブラッディード・スピリット上で思うリンダ

キャサリン・ハルゼイ博士の要請に従い、リンダと他のスパルタン-II達はブラッディード・スピリットでオニキスへ行く。フレッドとウィルと共に地表に不時着した。そこでリンダはケリー、ハルゼイ博士、カート・アンブローズ少佐(21年間死んだと思われていたスパルタン)、ホリーアッシュダンテを始めとするスパルタン-IIIに出会う。彼らは複数のセンチネルに攻撃される。センチネルは3機からなるグループで攻撃し、1機は上空3千メートルからスパルタンの戦術を観測し他のセンチネルに報告していた。リンダはこのセンチネルをロケットランチャーの支援の下撃ち落とす。その後スパルタン達はブラディード・スピリットのドロップシップで巨大なフォアランナーの地下都市へ到達する。その後彼らはセンチネル工場へテレポートしこれを破壊する。都市に戻ると、彼らは負傷したスパルタン-Ⅲカタナ・チームがフォアランナーのスリップスペース・フィールド・ポッドに入れられているのを発見する。彼らはカタナ・チームを蘇生できず、ポッドと共にコントロール・ルームへ逃げる。フリートマスターVoro Nar 'Mantakkree指揮下のコヴナントは彼らを攻撃する。リンダは多くのエリートとグラントを倒すが、スパルタンは劣勢になる。ホリーはハンターの集団に蒸発させられ、ウィルは別のハンターからのフュエルロッド砲で殺される。ダンテはプラズマとニードラーの破片を浴び死んでいた。カート-051はハンターの盾で真っ二つにされかけ、スリップスペースの割れ目への退却を命じて、自分はコヴナントの追手を防ぐためにその場に残った。リンダは最後に2人のバンシーパイロットを射殺し退却した。[7]

スリップスペースの割れ目の向こう側は、オニキス中央にある圧縮されたスリップスペース・バブルに覆われたの広大なマイクロ・ダイソン・スフィアの内側であった。リンダと残りの生存者はスフィアを数日間探索し(通常時空では3か月以上経っていた)、フラゴクの集団を発見する。彼らの助けで外部との通信を確立し、やがてスフィアをノーマルスペースに移行する。彼らはONIチームのキロ・ファイブに回収され、UNSCポート・スタンレーに乗ってデブリーフィングのためにHIGHCOM Facility Bravo-6へと連れていかれた。

彼女と残りのスパルタン-IIは2553年3月3日のヴォイ戦没者追悼式典に参列していた。

ギャラリー編集

情報源編集

  1. 1.0 1.1 1.2 Halo Waypoint - Linda-058
  2. Halo: First Strike, page 268
  3. Halo Waypoint - Linda-058
  4. Dr. Halsey's personal journal
  5. Halo: The Fall of Reach, pages 325-329
  6. Halo: First Strike, page 325-327
  7. Halo: Ghosts of Onyx, page 378
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。