Fandom


アドリアーナー111
Biographical information
Spartan Tag 111
Birth date2511
Physical description
Species人類
Gender女性
Height6フィート以上
Eye color青色
Affiliation and military information
AffiliationUNSC 海軍
Rank下士官 (詳細な階級は不明)
Specialty偵察
Battlesルーブル攻防
ClassClass I: 2525
[Source]


アドリアーナ-111スパルタンII計画の被験者で、グレーチームに属していた。

伝記編集

徴兵編集

彼女は2511年に誕生した。後にONIによってスパルタン-II計画の被験者として秘密裏に徴兵された。彼女はジャイ-006と共に基地から脱走を試みた。上手く行ったかに見えたが、その後トレーナーたちによって身柄を確保された。基地に連れ戻された後、マイクというスパルタンII被験者と遭遇する。これらスパルタンたちはグレーチームの一員となる事になった。

ルーブル攻防編集

Main Article: Battle of the Rubble

アドリアーナとグレーチームに出された命令は、マドリガル・コロニーにおいて生存者が有しているであろうNAVデータベースの完全破壊であった。マドリガルは既にガラス化された後であった。敵の戦線後方に投下された彼らは中尉時代のジェイコヴ・キースとIgnatio Delgadoら等と共に "ルーブル"で戦い、数百万人の命を救うことになった。

この戦闘後、彼女らの部隊は様々な任務に就いたのであったが、コヴナント戦争が終わるまでに生き延びたかについては言及されていない。しかし、フレッドが2551年以降欠員を出しているグレーチームについて言及しているため犠牲になったのかもしれない。[1]

人格編集

アドリアーナは他のスパルタンーII候補生と全く違う性格を持っていた。殆どのスパルタンがプロトコル、命令を守っているにもかかわらず彼女だけは公然と上官を尋問するなど様々な問題を抱えていた。

彼女には、コール議定書の大規模違反につながった可能性があった状況を鎮圧する為の責任があった。

雑学編集

  • 彼女はスラヴ語系のなまりがあった。恐らく東ヨーロッパ系の人だったのだろう。[2]
  • 彼女の名前は7文字(英語名:Adriana-111)の為、7に関連があるのかもしれない。

情報源編集

テンプレート:Spartan

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。