Fandom


テンプレート:Cleanup

"私はデータパルスを監視したの。聞くことが出来たわ... 残っていたものを...."
—Cortana

コンポーサーとはフォアランナーによって絶滅戦争前に創り出された技術の一つといえる。この装置は有機生命とデジタル技術の橋渡しが可能なものである。この兵器は古代人類に対しても使用され、プロメシアンと呼ばれるデジタル化された生命体の創造に使用された。ダイダクトマントルを拒否した。コンポーサーは元々フォアランナーが絶滅することを防ぐために計画されていた。ダイダクトHalo 4において技術のこの箇所を追求していた。

2557年以前編集

Halo 4が始まる前、ダイダクトが人類プロメシアンとするために使用していた。彼ははこの過程を"作曲"と称した。しかし、この技術には致命的な欠点が存在した。フラッドに関わる大きな問題であった。生体組織にフラッドが感染する危険性があったのだ。この問題は、最終的にマントルプロジェクトを放棄させるのに十分な原因となった。にも拘らずダイダクトはこの技術を使い続けた。その結果、ライブラリアンの手によってインストレーション03に持ち出されて封印された。

戦争後編集

Composer

ダイダクトの船に搭載されたコンポーサーがイヴァンオフ研究所に発射される直前

UNSCはInstallation 03を2557年以前に発見し、イヴァンオフ研究所を設置、監視活動を強化すると共にコンポーサーを発掘し調査のために研究所に輸送した。

2557年にダイダクトは惑星レクイエムから脱出、プロメシアンとストームコヴナントを伴ってイヴァンオフ研究所を強襲した。そしてコンポーサーを強奪し研究所に向けて照射してしまう。研究所は瞬時に消滅し、多くのものが犠牲となる。唯一マスターチーフはライブラリアンの遺伝子の影響があり生き延びた。ダイダクトは地球へ向かい、地球人類を絶滅する目的で再びコンポーサーを起動した。攻撃はニューフェニックスに行われ、そこに居た人間は皆瞬時に"作曲"されてしまった。

マスターチーフは艦内に乗り込んでハヴォック核爆弾によって装置そのものを爆破した。

ギャラリー編集

情報源編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。